コーティングお手入れマニュアル

フローリングコーティング
お手入れマニュアル

この度は「フローリングコーティング」施工をお申込み頂きまして、誠にありがとうございます。
施工完了後、末永くお使い頂くための普段のお手入れ方法、及び取扱いについてご案内申し上げます。

日常のお手入れ方法

  • ① 普段のお手入れは、掃除機がけ・から拭き
      水拭きを基本とします。
      市販のフローリングモップは、ドライタイ
      プは使用可能、ウェットタイプは使用不可
      となります。
      フローリングコーティングUV・フローリン
      グコーティングGの場合は、ウェットタイプ
      も使用可能です。
  • ② 水拭きを行う際には、キレイな雑巾・
      モップを固く絞って、軽く拭き取って
      ください。
  • ③ 水拭きでも取れない汚れは、中性洗剤の
      希釈液を雑巾・モップに含ませて固く絞
      り汚れを拭き取ってください。
      また、洗剤でのふき取り後は、別のキレ
      イな雑巾やモップに水を含ませ固く絞り
      充分に洗剤分を取り除いてください。
      生活状況によりますが、水拭きは目安と
      して1週間に1回程度でかまいません。
  • ② 水拭きを行う際には、キレイな雑巾・
      モップを固く絞って、軽く拭き取って
      ください。

下記には充分に注意してください

  • 以下の汚れがフローリングに付着した場合には、速やかに取り除いてください。
    そのまま放置しておきますと剥がれ・シミや変色の原因にもなります。
    フローリングコーティングNの場合は、すぐに変色・はがれになる場合もございます。
  • ☆ハイターなどの漂白剤

    ☆ヘアカラー

    ☆アルコール消毒液

    ☆椅子やキャスター付きの椅子など

    ☆アルカリ性と書いてある洗剤
  • ☆ハイターなどの漂白剤

    ☆ヘアカラー

    ☆アルコール消毒液

    ☆椅子やキャスター付きの椅子など

    ☆アルカリ性と書いてある洗剤

日常での注意事項


1

重量のある家具・電化製品(食器棚・食卓テーブル・椅子・冷蔵庫・テレビ台など)の移動による、擦りキズを防止するものではありません。
頻繁に動かすものには、脚元にフェルト地のものを貼る事をお勧めします。


2

キッチンの床は歩行や水漏れの頻度が高いところです。
キッチンマットなどを敷かれることをお勧めします。

※玄関マット及び、キッチンマットの裏地は、スベリ止め加工のあるものは避けてください、ゴムの跡が付く場合があります。


3
ビニール類・ゴム類のものを直接置くと跡が付いたり、癒着したりする場合があります。
バランスボール類を使用する場合は、その成分により跡が付く場合がありますので、じゅうたんなどの上でご使用ください。

4
玄関マットを敷くことをお勧めします。
玄関マットの上でスリッパ等の裏面に付いているゴミをキレイに落として下さい。
ゴミでフローリングを傷つけることがあります。

5
室内履きの裏面がゴムの場合や敷物の裏地の種類によっては、塗膜表面に汚れ・擦りキズが付いてしまう可能性があります。
裏地はフェルト地のものをお勧めします。

6
部屋の模様替えの際、家具や電化製品及びダンボール等、重いおのを引きずらないよう、ご注意ください。
擦りキズや深いキズが発生する場合があります。

7

油分・帯電防止剤等を含有しているモップ(化学雑巾等のモップ)
及びウェットタイプのモップは、ご使用にならないでください。
シミや変色、汚れ付着などの原因になります。

コーティング施工後はワックスを塗る必要はありません。
市販ワックスを塗った場合、塗膜が剥がれるなど、密着不良を起こす場合があります。

生活上、塗膜表面に擦りキズは付きますので、予めご了承ください。
ペットによるキズなども付く場合がありますのでご了承ください。

ナイロンたわしなど硬い物でのお手入れは避けてください
キズの原因となります。

スチームモップは使用しないでください。
コーティング効果が弱まる可能性があります。
フローリングコーティングの耐久年数は、平均的な年数です。
生活状況によりコーティング効果に多少の違いが発生する場合があります。

コーティングお手入れマニュアル

水回り
お手入れマニュアル

日常のお手入れ方法

  • ① 普段のお手入れは、硬い物(ブラシ・ナイ
      ロンタワシ)等でこすらず、スポンジやタ
      オルで水洗いを行ってください。
      出来るだけギザギザの付いていない物を使
      用し洗浄してください。
  • ② 汚れが取れにくい場合は、家庭用の洗剤を
      使用しても問題ありません。
      市販の家庭用洗剤ならば基本的に何を使っ
      ても構いません。
      生活状況によりますが、洗剤を使用した洗
      浄の目安は、1週間に1回程度で大丈夫です
      
  • ③ 水まわりコーティングを施工することより
      表面にコーティング被膜が形成されますの
      で汚れがその上に付着すると、撥水しなく
      なります。
      汚れを落とせば撥水が復活するので、おそ
      うじの目安にしてください。
  • ④ 日常のお手入れには「ピカハッシュ
      (別売)」をお勧めします。
      汚れ除去だけではなく。汚れ防止効果も更
      に向上いたします。
      ※使用目安は2~3週間に1回
  • 家庭用の洗剤や
    スポンジの使用
    OK!

  • 家庭用洗剤の使用に関しては、安心してお使い頂けます。
  • ② 汚れが取れにくい場合は、家庭用の洗剤を
      使用しても問題ありません。
      市販の家庭用洗剤ならば基本的に何を使っ
      ても構いません。
      生活状況によりますが、洗剤を使用した洗
      浄の目安は、1週間に1回程度で大丈夫です
      

これだけは注意!!

  • 気を付けるのは研磨だけ!!
  • 非常に強い塗膜のコーティングなので、完全硬化後に洗剤で塗膜が溶けたり剥げたりする心配はございません。
    ただし、研磨力の強いものでこすってしまうとコーティング塗膜が傷んできます。
    以下の道具等を使用すると、コーティング塗膜が曇ったりキズがついたりしてしまうので、できる限り使用を避けてください。
  • 気を付けるのは研磨だけ!!
クレンザー等の研磨剤
メラミンスポンジ
スチールウール
ザラザラしたスポンジ
ザラザラしたスポンジ
施工後12時間(冬場は24時間)経過すれば通常のご使用に問題はございませんが、完全硬化となると2週間程度の期間が必要となります。
完全硬化までは、強くこすったり強い洗剤を使用しないようご注意ください。

お手入れ用洗剤 コーティング洗剤

お手入用洗剤

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。