【ダイエット×ラーメン】低カロリーなラーメンなら太らない?工夫次第でダイエット食になるラーメンを追求!


今や日本を代表する国民食として確立しているラーメン。
小腹が空いたときのおやつ代わり。飲んだ後の締め。
いつ食べても美味しいラーメンですが、カロリー気になりませんか?

いくら美味しいからと毎日のように食べては体のお肉になるのは当然のこと。
だけどカロリーを気にしながら食べるラーメンって
いつもより美味しさが半減しそう…。
そんなラーメン大好き党に向けて、
ラーメンのカロリーと太りやすさについて紹介していきます。

ラーメンはカロリーの塊!は間違い?

ラーメン=太りやすいというイメージは、
こってりとしたスープをイメージするからではないでしょうか。

パスタや蕎麦は同じ麺類なのに、なぜかダイエットに最適!
みたいな印象が強いですよね?

ラーメンのスープには豚・鳥をベースにしていることが多いので、
お肉から抽出した油がスープの旨味成分として満足感を引き立たせているんです。

そんなスープに麺だけでなくトッピングまで乗っかってしまうので高カロリー食になってしまいがちなんです。

男性だとそれに半チャーハンやご飯などもペロッといってしまう方も多いはず。

そんな高カロリー食のラーメンですが、
工夫次第では色々な栄養分が摂取できる完全食にもなるんです!

トッピングを工夫して身体に優しいラーメンを!

高カロリーで栄養が偏りがちなラーメンですが、トッピング次第でバランスの取れた食事に変身できるポテンシャルを持っています。
もやし・キャベツ・ほうれん草などの野菜類、
わかめや海苔などの海藻類、
煮卵、チャーシューのたんぱく質。
魚介系のスープだとDHAやEPAなどの栄養素も一緒に摂ることができます。
自宅で手の込んだトッピングを準備するのは難しい…。
そんな時には、コンビニで購入できる商品で代用するのがオススメ!
野菜→冷凍野菜
煮卵→茹で卵
チャーシュー→サラダチキン
お店で食べるよりも罪悪感が少ないのに
ボリューム満点のラーメンの出来上がりです!

糖質制限ダイエットでもラーメンは食べられる?

栄養満点のラーメンを作る事はできても、ダイエット中は流石に食べられないよね…。
そんなことありません!
冒頭でもお話した通り、
油→スープ 糖→麺
ラーメンは油と糖でできています。
最近では糖質0麺や、低糖質麺も販売されています。
スープやトッピングをそのままに、
麺を置き換える事で糖質制限食ラーメンを作ることもできるんです!
糖質0麺や低糖質麺に馴染みがないという方はしらたきを代用するのもありですね。

さらにダイエット食を追求するなら…!

・トッピングを工夫
・麺を糖質0麺やしらたきにする

そんな工夫次第で美味しく食べられるラーメンを更にダイエット食に特化させる!
そんな夢のような商品を見つけました!
その名も青汁ラーメンスープ!
青汁とラーメン!?
味が気になる組み合わせですよね!笑
スープが青汁色なわけではなく、
青汁の成分を配合したラーメンスープだから「青汁ラーメンスープ」なんです。

スープの味は味噌・醤油・塩の3種類

用意されている味は味噌・醤油・塩味の3種類で、
それぞれのスープのカロリーは全て40kcal以下!
味噌:35.8kcal
醤油:35.5kcal
塩:33.2kcal
これに糖質0麺や野菜のトッピングを組み合わせる事で
ダイエットにも特化した完全食が出来上がってしまうんです!
これからスープまで飲み干しても安心^^
美味しく続けられるダイエットの頼もしい味方になる事間違い無しですね!

ダイエット中でも濃い味のメニューで満足!

ダイエット中って濃い味のものが食べたくなるもの。
青汁ラーメンスープはたった35kcalなのに濃厚スープで満足感たっぷりなんです!
その秘密はお湯で溶いた時にとろ〜っとなるサイリウムハスク
水分を含む事で70倍にも膨れ上がる成分で、
少ない量でも満足感を得ることができるんです。
スープにとろみがある事で、よりスープの濃さも感じられる点も工夫がされているんですね。

多彩なレパートリーに使える!

そんな青汁ラーメンスープ。ラーメン以外にもこんな使い方があります。

◎朝の忙しい時間、冷凍野菜で簡単スープ
◎お湯に溶いて春雨を追加、即席春雨スープ
◎寒い夜の定番、お鍋のスープのベースに


色々なスープのベースにも使えて、腹持ちをサポート!

1日1食、青汁ラーメンスープを使ったメニューに置き換える事で、摂取カロリーをググッと下げられるかもしれません!

これを機に、近い将来ラーメンが国民食からダイエット食と呼ばれる日も近いかもしれませんね!

気になった方はぜひ1度食べてみてください!