湖北で生まれた伝統の味

琵琶湖のほとりで育まれた伝統を
色濃くひき継ぐわたしたちの暮らし。
季節をいろどる和菓子は
日々に馴染む楽しみのひとつです。

確かな技術の継承と、
あらたな創作に余念のない職人たちが結集し、
和菓子の命ともいえる
餡(あん)の魅力に触れていただく

「餡や」を営みます。





出品店舗紹介

押谷製菓舗

大正10年に旧びわ町川道に創業して以来、風味豊かなよもぎ餅を中軸として広く地域に親しまれる。4代目は若き眼差しで東西の味と技術を研究し、先代から受け継いだ餡に誇りを持ち、揺るがない定番を大切にしながら飽くなき創作を続ける。

小松堂

長浜の玄関口である駅前で、寡黙な4代目が老舗の看板を力強く支える。菓子の求めのあるところへ天秤棒を担いで出向いた初代の姿勢を受け継ぐように、訪問先への手土産として喜ばれる日持ちのする美味な菓子を、定番と新作を合わせて約20種をとり揃える。

清湖堂

昭和4年創業。大通寺の東通りにある。少年時分から、家業である菓子づくりを手伝うことも、食べることも好きだった3代目は、関東での修行を経て店を継いだ。先代から受け継いだ定番菓子とともに地元の食材を用いた新作も豊富に、一切の妥協なく店に立つ。

小川製菓

東京オリンピックが開かれた1964年に、宮司に現在の店舗を構え、以来地元常連の胃袋を掴んではなさない。素材の味と甘味のバランス、柔らかな食感を生む蒸し上がりの温度、簡素かつ十分な包装など、日々繰り返すひとつひとつに揺るぎない信念を注ぐ。

柏屋老舗

昭和元年、旧市街地の北部を迂回して東へ向かった鉄道・関ヶ原線の旧待合所に隣接して開業した。若き日に京で情熱を注いだ上菓子、先代と知恵を出し合った店自慢、型にはまらぬ新作と、垣根を超えて創り続ける毎日。すべては奥深い和菓子の世界への入り口をつくるため。

松翁堂吉岡製菓

長浜の郷土菓子「がらたて」の元祖。旧市街の南部、船町の北国街道沿いに明治期創業の老舗の看板を掲げる。気さくな女将が切り盛りする店内には季節を彩る菓子と伝統的な菓子作りに使用される道具が所狭しと並ぶ。添加物をいっさい使用しない身体にやさしい菓子づくりを徹底する。

親玉本店

味、風味は「饅頭の親玉なり」 創業は天保年間。船町で開店し、文化・交通の発展により明治の頃魚屋町に移り、今日に至る。祝町通りの発展とともに数多くの季節菓子を商い、浜ちりめんの好況とともに京阪神への土産品として大いに喜ばれた。

小松堂

長浜の玄関口である駅前で、寡黙な4代目が老舗の看板を力強く支える。菓子の求めのあるところへ天秤棒を担いで出向いた初代の姿勢を受け継ぐように、訪問先への手土産として喜ばれる日持ちのする美味な菓子を、定番と新作を合わせて約20種をとり揃える。


商品紹介


押谷製菓舗
よもぎ餅
140円

100年の伝統を受け継ぐ
風味豊かな看板商品

親玉本店

親玉饅頭

110円

風味豊かな酒まんじゅう。
厳選した北海道産小豆と
自家製餡が独特の美味

柏屋老舗

餡どら

210円

季節のあんこを食べることを
主眼としたどら焼き

小川製菓

茶の雫

140円

抹茶独自の爽やかな苦味と
餡の甘味の調和が絶品

清湖堂

黒どら

200円

竹炭を生地に練りんで
一枚ずつ丁寧に手焼きした
生地でつぶあんを包む

小松堂

おんな太閤記

100円

パイ状の生地を焼き上げた
さくっとした食感は
地元ファンの定番人気

松翁堂吉岡製菓

ほうじ茶団子

130円

微細に挽いた
茶葉を米粉に練り込んだ
豊かな香り

小川製菓

茶の雫

140円

抹茶独自の爽やかな苦味と
餡の甘味の調和が絶品


アクセス

餡や ANYA
〒526-0059  滋賀県長浜市元浜町8-18
黒壁スクエア南に3件目
長浜駅(東口)より徒歩10分
tel:090-6376-9960
営業時間:11:00~15:00
営業日:土日祝