欧州との架け橋
伊万里市でガウディを感じる夕べ
※終了しました

ガウディからまちづくりへ

幼い頃から建築家になりたいと思って大学に進み20歳でガウディの建築に直接触れて45年が過ぎた。
ガウディの研究に入って以来、今の自分の存在など夢にも思わなかった人生、こんな人生があるのかと思うと複雑な心境である。夢と現実が交錯していて、子供心の夢が実際に起こるということの体現からである。あまりにも想像を絶するような建築の世界に直面して気絶しそうになり、同時に絶望感も感じたぐらいだから不思議な世の中である。一つのことを深く掘り下げることの意義がどれほどの知識と創造力を養ってくれるのか、同時に夢もさらに大きく膨らませてくれる。
そのような世界でガウディの建築に対峙しながら大きな壁と思っていたことがいつの間にか泡のように溶けてとても美しく、しかも優しく、面白さも覚えるようになる。もはや壁でなく自分にとっての楽しい遊び場のような気分にさえなる。これまでの詳細に至るガウディ建築の調査から「ガウディ・コード」を600件ほど見つけてきた。それは自分にとっての宝だと思っているが同時に素晴らしイマジネーションの展開ができるようになってきたことの裏付けになっていることを確信している。
今ではその経験を自分だけの知的遺産としてだけではなくまちづくりの手法の一つとして社会に役立てることができることを確信し始めた。そのような出来事は私の実家である稚内から始まりすでに30年以上は自治体や民間と交流しながら具現化を計ってきた。以来、メキシコでのユネスコ関係のワークショップやペルーでのワークショップなどもこなし2000年からはガウディの生まれ故郷であるリウドムスのまちや隣のレウス、最近では北スペインにあるレオンのまちで始まっている。
日本においては2014年の網走、2017年は当別、そして2017年11月は茨城県の笠間市ともまちづくりの一環として講演会とワークショップが準備されている。
また11月27日には伊万里とも不思議な鼓動が始まろうとしている。
その波長にガウディの波長が合うかどうかをこれから確認することになる。

2017年11月10日
田中 裕也
実測家・建築学博士

終了しました

スペインの建築家 アントニオ・ガウディ
欧州でも知名度が高い伊万里焼
今回は30年前に単身渡欧してスペインのバルセロナでガウディ建築の研究を極める田中裕也さんをゲストにお迎えし、アントニオ・ガウディの建築の魅力と伊万里の街が持つ可能性について考えるセミナーにしたいと思っています。是非、ご参加ください。

日程:2017年11月27日 18:00〜20:00
ゲスト:建築家 田中裕也氏
参加費:無料
場所:PORTO3316IMARI
伊萬里まちなか一番館2階
ページ下部のお申込みフォームよりお申込みください

建築家 田中裕也氏(バルセロナ在住)

田中氏のご紹介

バルセロナに住みながらガウディ建築物の実測とその図面化を行う。特にサグラダファミリアの実測図 (1/50 の断面アイソメ図)には5年,グエル公園の全体立面図には8年の年月を要した。実測の過程で, ガウディ建築に込められたデザイン・構造・神話,さらに地域性やアイデンティティを縦横に読み解 いていく。その他,研究を生かして1998年からユネスコ・フォーラムの招請を受けてベラクルスの サン・ホワン・デ・ウルワ城塞修復計画ワークショップをする。以来、全国において、ガウディ、実測、 歴史、コード、作図についての説明を60回以上の展示会・講演会、まちづくりワークショップ活動と 共に進めて現在に至る。特にガウディの煉瓦構造とその素材を生かした応用として北海道江別市のモニュ メント BT1をはじめとして、ガウディの生誕の町リウドムスでのアルブレ広場では日本とスペインの特 性を生かした改修計画、ガウディのデザイン手法を生かした東京都府中市の北山幼稚園のデザイン・設 計施工を手がけた。2015年にはバルセロナ建築士会での田中裕也の作図展やサロンデマンガの作図 展、続いて2016年には、初めて銀座の渋谷画廊にて,ガウディ建築の作図展を行った。 

建築家 田中裕也氏の経歴

田中裕也(たなか・ひろや) 実測家、建築学博士

1952年9月30日生まれ 64歳     
北海道稚内市生まれ  

1972年 麗澤瑞浪高校卒業
1975年 国士館大学卒業
1980年 カタルニア工科大学バルセロナ建築学部大学院入学
1992年 カタルニア工科大学にて建築家・工学博士号を取得

1975〜78年 日吉建築事務所 ( 大阪)
1978年 バルセロナ渡航
1989 年 ガウディ・クラブ文化協会設立(バルセロナ)
1990 年 オリオック有限会社設立(バルセロナ)

1986年 ガウディ建築実測図面集」(彰国社)を出版
1991年 ガウディと尺度」を出版
1998年 ガウディの独り言(京都書院)を執筆
2012年3月1日「実測図で読むガウディの建築」彰国社
2013年4月20日「ガウディ・コード、ドラゴンの瞳」(長崎出版)

建築作品
1999年10月17日 “ロカの家”(シチェス)住宅計画
2001年12月 カサ・ボスク住宅計画(マスナウ)竣工
2004年10月17日 江別市セラミック・アートセンターにBET-1竣工
2007年4月22日 アルブレ広場増改築計画オープニング
2012年3月25日 北山幼稚園竣工

受賞歴
2004年4月 スペイン王子賞芸術部門にノミネート。2005 年度にもノミネートされる。 2015年12月 バルセロナ日本総領事公官賞2016年6月9日 第10回ガウディ・グレソール賞

編集画面では動画は再生されません。

バルセロナのガウディ由来の観光地

グエル公園のトカゲ

グエル公園(カタルーニャ語:Parc Güell, 英語:Park Guell)は、スペインのバルセロナにある公園で、バルセロナの街が一望できる。1984年にユネスコの世界遺産に登録された。アントニ・ガウディの作品群の1つである。

サグラダファミリアの天井

サグラダ・ファミリア(カタルーニャ語: Sagrada Família)は、日本語に訳すると聖家族贖罪教会(カタルーニャ語: Temple Expiatori de la Sagrada Família)という正式名称を持つ、スペインのバルセロナにあるカトリック教会のバシリカである。日本語では聖家族教会と呼ばれることも多い。

カサ ミラ

カサ・ミラ(Casa Milà)は、バルセロナのグラシア通り (Passeig de Gràcia) にある建築物である。ガウディが54歳の時に設計した。1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設された。1984年にユネスコの世界遺産に登録された。

会場

伊萬里まちなか一番館 2階
PORTO3316IMARI

佐賀県伊万里市伊万里町甲358-1

会場のサイトはこちら

お申込みとお問合わせフォーム

イベントにご参加ご希望の方、メディアなどからのお問合わせにつきましては、以下のフォームよりお願いします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信