Ange navi
☆あんじゅ物語☆
~ここまでの道のり~

太極拳師範
令翠学運命鑑定士
ストレスクリアマスターコーチ
太極拳
ストレスクリア
運命分析学
三位一体「無為自然」
自然と調和した気や愛を
日本から世界へ向けて
地球全体に貢献する
脇田 悠水
Yumi Wakita
自我が空っぽになった時
お役目が放り込まれる

大きく人生が変わるとき。

18年前、紅葉がきれいな秋のある日
私はお友達と一緒に、あるアロマショップに立ち寄りました。

店内に入った瞬間から中にいた店主は
お友達ではなく、なぜか私の方しか見ていません。
何だかわからないけれど何かを伝えたくて仕方ないような…
ものすごい力で何かが勝手に動き出したという始まりだったのです。

その時の事はよく覚えていないんですが未来的な予測を言われてるような感じ。
私は『ぽっかーん』としていました。

本当に驚きとハテナの連続です。

「1時にまたここに来られますか?」と聞かれて
私は反射的に「ハイ!」と元気よく答えてしまいました。

大きく人生が変わる時、扉みたいなのが開く時
ものすごい力で人生が変わる時っていうのがきっとあるのだと思います。

私にはその日が、自分の人生が変わるときだったのかもしれません。

激流に呑み込まれるように。

脳みそ筋肉の私。
瞬発力だけで飛び込んでしまった人生の分かれ道でした。

そこからはまるで、ところてんのように私は押し出されていきました。

約束の1時に改めて店へ向かうと
そこにはアロマショップの店主ともう一人、
イルカの本も出されているNさんと言う方もいらっしゃいました。

今思えばなんてVIPな状態だったんでしょう。

代わる代わる…
もう腰が抜けそうなメッセージを伝えられて
最後に、三段階ある人生の、一番上を指さして

「ここを開いていいですか?」

と聞かれ、また反射的に「ハイ」と答えてしまいました。

そこからがまた、本当に、
激流に呑み込まれるみたいに様々なことが起きていきました。

まず、水に手を入れると決まって湧いてくるある風景・・
このままではいけないような・・・

そして、いつも浮かぶシーンは雨に濡れた石畳や森・・
なんとも物悲しい景色で・・そのたび
居ても立っても居られないような感覚に襲われます。

そして、肩が痛くて痛くてたまらなくて、
何度も接骨院や病院に行くけど一向に治らない状態が続きます。

最終的には夜中にめまいで目が覚めてしまう。

トイレで吐いている私は背中をさすられながら
「もう手放してやらないといかんな。」

と言う夫のつぶやきが聞こえてきました。

「自我を片づけろ」の指令。

二度も反射的に「ハイ!」と答えてしまい、人生がまったく思わぬ方向に。

神様は私のような単純な子を使いたいんだけど
まだまだ、モノが詰まりすぎていて
これでは使い物にならないという事なのか強制的に浄化が始まりました。

『自我を片付けろ!』

そんな指令が入ったのだと思います。

謎のめまいで、夫に手放された私は
それまではずっと病弱で毎週のように風邪をひいたり病院通いしていたのに
水を得た魚のように元気になりまったく病気とは縁がなくなりました。

しかし、体だけは丈夫になったものの激流はまだまだ続きます。

過敏な二人の娘を抱えてこれからどうやって生きていくのだろう…
そんなことを思いながら離婚して
実家に戻って4ヶ月後、最愛の母が亡くなり
父も病に倒れて長女は不登校、発達障害だということがわかりました。

今思えば、とにかく人生であんなに大変だったことはありません。

『為せば成る!』
『できないのはやってないからだ!』

と、ガッツと【ど根性】だけで生きてきた私。
でもこの辺りで初めて思いました。

『 自分で生きてきた!』と思ってきたけど、
『自分ではどうにもならないことってあるんだな。』と

そして、やっと、
『もしかして人はもっとでっかいものに生かされてきたのではないか?』
と気づき始めていました。

父との最期のお別れ。

太極拳の師匠は、私の父です。

父は癌と戦いながらも病院のベッドから抜け出して
私を師範にするために自分も試験を受けに行ってくれました。

父は命がけで、私を太極拳指導者として送り出してくれたのです。

父との最期のお別れの日の事です。
私はその日も父の意志を継ぎ早朝からの公園での太極拳を続けていました。

息が苦しそうに目を閉じている父を置いて行くのは心苦しかったのですが
「お父さんごめん。行ってくるわ。」と声をかけました。

すると父は"カッ"と目を見開いて握りこぶしを作りました。
そしてこう私に言いました。

「おう!太極拳の心を、お前の太極拳を、多くの人たちに広めてこい!」
「わかった!お父さん行ってくる!」

これが父と交わした最期の言葉になりました。

またこれからも父の熱い思いを受け継ぎ日々精進して参りたいと思います。

ゼロの概念を取り入れる。

太極拳に続いて、ほぼ同時期に出会ったのが運命分析鑑定という学問です。
占いは大の苦手で幸か不幸は自分で決める!と思っていたので
まったく関わってこなかったのですが
その時は「悪い時こそやれることがある!」
と言う言葉に惹かれて『占いの一種でしょ?』
くらいに高をくくって足を踏み入れてみたけど、びっくり!!

自分の人生が宇宙規模で紐解かれ
はっきりと方向性が見えてきたではありませんか!

まるで禅のように、いい悪いを超えたそのどちらでもない。

ゼロの概念(統合)を取り入れて紐解かれた
この【令翠学運命鑑定】に衝撃を受けてとにかく夢中で勉強しました。

そして2000年からスタートして5000人以上方の尊い人生に出会わせて頂きました。
こんな自分だからできること、
「 人生は思い通りなんだ!」
そんなときめきを、一人でも多くの方と分かち合っていきたい!
そう思っています。

本当の自分に出会いたい。

ほぼ同時期に太極拳と令翠学に出会い
陰陽バランスよく相乗効果で仕事は軌道に乗っていきました。

でも、運命学は「諸刃の剣」
自我の強い自分はこの人生で絶対やりたいことがありました。

それは
「自我を超えること」
「本当の自分に出会いたい!」
という事でした。

2008年に人生上昇塾の観念浄化ワークに出会いました。
来る日も来る日も、坐禅と浄化。

そして2011年2月22日ついにその日がやってきました。

「見性体験」この道で間違いない!!
その体感が、この道をどんどん導いてくれます。

見性体験は神秘でもなんでもない。
あたりまえのことがわかるだけ。
ここからが本当の旅。

本気で生きてる人は悩みも存在もデカいのです。

そして家族みたいな仲間に出会えたこと。
これがもう本当にすごいこと!なのです。

ひとつのものを本気で目指すからこそ出会えるもの。

「これがゴール!」
「ずっとゴールだった」と泣ける日を
これからも一人でも多くの人と共に分かち合っていきたい

そう心から思っています。

あとがき

あんじゅ物語を最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました!

才能を分かち合い、生かし合える場が創りたい!

そんな思いを持って歩いてきました。

この1分1秒を
自分は何のために、
何に捧げるのか?
そんな熱いものが
わき上がる瞬間があります。

この人生において
それぞれが持つ
プログラムパターンを紐解き
その人の才能を開花させ、
プロデュースします。

自分の持てるものを
提供し合って
遊べる場を共に
創っていきましょう​!

本当の自分に還る旅を
ナビゲート!

これからもどうぞよろしくお願いします。