~ 不育症・流産・死産,
       悲しみをひとりで抱えないで ~


繰り返す流産、死産・・・


それは言葉にならないほど辛く、
悲しい出来事。


もしあなたが
その悲しくて辛い想いを抱えているなら、

もう我慢しなくていいよ

思い切り泣いてもいいよ

その悲しみを乗り越える必要も
忘れる必要もない


お空の天使たちは
あなたを選んでやってきた。

大切なメッセージを伝えるために・・・

その天使たちの声に
そっと耳を傾けてみませんか?

愛する天使たちへの想い
聴かせてください。


ANGEL's HEARTについて

ANGEL's HEARTは、
「天使のココロ=声に耳を傾けてみよう」
という想いが込められています。
私は原因不明の流産を3度繰り返し、「不育症」と診断されました。
2度目の後、不育症の検査を受け、治療しながら3度目の妊娠をしましたが、赤ちゃんを抱くことは出来ませんでした。

希望を失い、出口の見えないトンネルの中にいました。

周りに同じような経験をした人はなく、ネット検索しても当時は不育症の情報はほとんどありませんでした。
専門医も少ない、どこに誰に相談したら良いのか分からず、一人で悩んでいました。

「どうして私だけ・・・」「産んであげられなくてごめんね。。。」と自分を責め続けてきました。

「同じ経験をした人と話がしたい」、そう思うようになりました。

どのような治療を受けたのか、他に何か出来ることはないのか、どうやってこの悲しみや苦しみの感情と向き合っているのか、
赤ちゃんの供養はどうしているのか・・・
家族や友人に話せない複雑な心境を打ち明ける場所がないか、ずっと探し続けましたが、見つけられませんでした。

度重なる流産で心身は悲鳴を上げているのに、もう家族や友人に心配かけたくない、これ以上傷つきたくない、
必死に歯を食いしばり、泣くことも我慢してきました。

乗り越えなくちゃ、忘れなくちゃ、と感情にフタをし続け、乗り越えた”フリ”をしてきました。

幸い4度目で治療をうけながら、なんとか無事に娘を出産することができましたが、
その妊娠期間中は不安に押しつぶされそうでした。

そして、娘を産んだからといって悲しみの感情が消えるわけではありませんでした。

悲しみの感情はとても深く、
喪失感、孤独、後悔、嫉妬、不安、自己嫌悪、怒り、自責など様々な感情が溢れてきます。

でも、それでいいのです。

無理に乗り越える必要も、忘れる必要もない。

辛い現実を受け入れ、自分の感情と向き合い、泣き、悲しみ、その子を想い、
「悲しい出来事」ではなく「人生のたいせつな出来事」として受け止め、
お空へ還った愛する我が子のことを、親としてずっと忘れないでいてあげることが大切だと気づきました。

ANGEL's HEARTは、流産や死産、病気など、さまざまな理由でお子様を亡くされた天使ママ・パパたちが気軽に、
それぞれの想いや胸の内を自由に安心して話せるココロのよりどころのような場作りを目指しています。

定期お話会やお空の天使たちを想いながら作るAngelサンキャッチャーを通して、同じ経験された方と話しをし、
思いっきり泣き、分かち合うことで少しでも前向きに「いのち」と向き合える機会になればと願っています。

また、SNSで膨大な情報が溢れています。
当会は「実際に会って話をすることを大切にしています。
SNSでは得られない病院や治療などの情報交換の場にもなればと考えています。

そして、お話会だけではなく、天使ママを癒す様々なイベントを企画し、
一人でも多くの天使ママが前を向いて「生きる力」をみつけられるような活動をしています。

あなたを選んでくれた天使達。

たくさんのメッセージを運んできてくれた天使達。

どんなメッセージを伝えたかったのか・・・

天使の声がいつか天使ママとパパに届き、
心が少しでも和らぎ、光と笑顔が戻る日を祈っています。

ANGEL's HEART
すがみき


不育症

妊娠はするのに出産にはいたらない、流産、死産、新生児死亡を繰り返してしまう状態のことをいいます。

一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症を疑います。
1人目を問題なく出産された方でも、2人目、3人目を流産・死産され、
不育症と診断されることもあります。

不育症と診断されたからと赤ちゃんを産めないわけではなく、
不育症を克服し、出産された方は大勢います。
「妊娠できる体」だと自信を持ち、希望を捨てないでください。

流産の原因のほとんどは、胎児の染色体異常によるものですが、
約65%は原因不明と言われています。
他には、夫婦染色体異常、子宮形態異常、内分泌異常、抗リン脂質抗体、
血液凝固異常などのリスク因子を持っている可能性もあるため、
繰り返す場合は、早めに不育症のスクリーニング検査をし、
適切な治療を行うことが大切です。

しかしその検査を受けれる病院も限られ、
高額な費用や治療費で諦めてしまう方も多く、
早く行政の不育症の助成金制度が広まっていってもらいたいと切に願います。

流産や死産を繰り返すことは、女性の肉体的、精神的、
そして経済的にもかなりのストレスがかかります。
病院側の不育症に対する知識不足や、世間への認知度の低さから、
一番大事な「心のケア」の部分が置き去りになり、
なかなか進んでいないのが現状です。

私の経験から、「心身両方を整える」ことが大切で、それにはパートナーやご家族、ご友人はもちろん、医師の支えもとても重要となります。

流産・死産された女性はその事実を隠す(あえて言わない)傾向にありますが、いつか隠さずお空の子たちの話を当たり前のように出来る世の中になれば、一人で辛い想いを抱えずにすむ女性が減り、もっと寄り添える社会になっていって欲しいと願っています。

Angelサンキャッチャーのはじまり

「お空に還った子への想いを馳せる場所を作りたい」

当時私は、早く忘れなきゃ、いつまでも引きずっていたら周りに心配させるだけだと思い、必死に元気を装い、何事もなかったかのように過ごしてきました。
けれど、ふとした瞬間に思い出し、一人になれば泣いていました。

流産した子はお墓や仏壇がありません。

私は4人のお空の我が子に想いを馳せるモノも場所もなく、気持ちのやり場がなかったことから、自分でビーズの天使を作り、手を合わせ話しかけていました。

いつも近くで見守ってくれている気がして、いつしか気持ちがとても楽になりました。

そして忘れなくていい、いつも想っていてあげることが大事だと気づかされたのです。

同じようにやり場のない想いをしている天使ママに、「お空に還った子への想いを馳せる場所、そして前向きになるきっかけを作ってあげたい」、そんな想いからAngelサンキャッチャーは生まれました。

モノを作る作業はヒーリング効果もあります。
話しをし感情を出した後に、「想いながら作る」ことで自分の感情と向き合うことができます。

赤ちゃん天使だけでなく、大切なご家族やご友人など身近な人を亡くされた方にも、このAngelサンキャッチャーを作って癒されて欲しいと願っています。 

また、そういった悲しみの中にいるご家族やご友人を支えたい、
励ましたいという方も贈り物としてお作り頂けます。

初心者でも簡単にお作り頂けます。
色もお選び頂けます。

作る時間がない方やご遠方の方には、オーダーメイドも受け賜わっております。

出張ワークショップのご依頼はご相談下さい。
メールよりお問い合わせください。
その他ご質問などもこちらへどうぞ。

2019年お話会日程

☆お話会&Angelサンキャッチャー作り☆
2019年1月15日 (月)(お空の子と新年の願いを込めて作ります)➡満席
2019年2月26日(火)➡満席
2019年4月23日(火)➡満席
2019年5月20日(月)
2019年6月22日(土)➡満席
2019年7月13日(土)
2019年9月6日(金)
2019年10月21日(月)➡鶴見にて10:30-12:30 残席2名
2019年11月14日(木)
2019年12月 5日(木)➡恵比寿にて(残3名)
時間:10:00~12:00 
場所:恵比寿 or 横浜近辺
参加費:3000縁(材料費込み)+ 1 drink order
定員:4名
*場所は参加人数によって決定致します。

☆天使ママ・パパのランチ会☆
カラダに優しい美味しいご飯を食べながら気軽におしゃべりしませんか?
2018年12月20日 (木)➡満席
2019年1月21日(月)残席2名  (場所は登戸になります)

2019年3月11日 (月)
2019年5月16日(木)
➡満席
2019年9月24日(火)➡キャンドルワークショップ付(鶴見にて)満席
2019年11月26日(火)
時間:11:00~
場所:横浜市鶴見駅近くの個室カフェ
参加費:1000円+ランチ代1000円(天使パパも一緒に参加される場合は、ランチ代のみご負担下さい。)
定員:3名
*サンキャッチャーのワークショップはありません。
(参加対象者)
不育症・流産・死産・その他小さなお子様を亡くされた天使ママ・パパ。
●経験されて年数が経っている方のご参加も歓迎しています。
●お子様連れ、妊娠中の方のご参加は、グループではなく、
個別で受け賜わっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

●天使パパやご家族・ご友人も一緒に参加の際はその旨ご明記ください。
サンキャッチャー作りの参加費は500円。但し、付き添いの方でサンキャッチャーを作る場合は、1個2000円となります。

(お願い)
●開催日程は予告なく変更されることがございますので、最新日程をチェックの上、お申込みください。
●キャンセル、日程変更は、参加日の3日前までにお願いします。
それ以降については、キャンセル料が発生します。
●参加者が1名の場合でも開催する予定です。他に参加者がいない場合もございますので、予めご了承ください。
●お話会では、それぞれの体験や想いを自由に話したり、他の方の話に耳を傾け、泣いたり、笑ったり、気持ちを共有し分かち合う場ですので、カウンセリングではありません。年齢、子供の有無、流産回数や治療方法なども様々で、考え方や感じ方も皆違います。自分と違う意見の方もいる、ということをご理解の上、ご参加ください。強制的なアドバイスや勧誘等はご遠慮ください。
「愛する我が子を亡くした」ことは皆同じです。思いやりと心温まる優しい会にしていきたいと思っています。
●お話会で出会った参加者さま同士の個人的な交流については、双方の同意の上、行って下さい。その際に生じるトラブルなどについては自己責任となります。

ピンク&ブルーリボン活動

Baby Loss Awareness Week(10/9-15)

全世界で毎年10月9日~15日に行われる、周産期で亡くした赤ちゃんを偲び、
そのご家族へのケアの必要性を啓発する週間である「Baby Loss Awareness Week」。
その国際シンボルにもなっている「ピンク&ブルーリボン」を日本にも広め、
グリーフケアの必要性や周囲の理解を深めることを目的に「Baby Loss Family Support 'Angie'(アンジー)」を当事者である母親達で立ち上げました。
「Wave of Light」
啓発週間最終日の「10月15日の19時~20時」の間に、ご自宅でもどこででも、
お好きな場所で、お空の赤ちゃんを想いキャンドルを灯すイベント。
アメリカ、イギリス、カナダ、イタリア、オーストラリアなど、世界で毎年開催されています。
その様子を #waveoflight #babylossawareness #BLAW2019 #BLAW2019Japan #BLFSAngie #ピンクアンドブルーリボンのタグを付けてSNSで発信。
世界中のお空の赤ちゃんを想う人たちと、繋がり、あたたかい時間を共有することができます。ぜひ日本からもキャンドルの光を届けましょう!
チャリティーイベント
お空にいる赤ちゃんにキャンドルを灯し想いを届けませんか?


10月15日(火)11:00-13:00 (受付11:00/点灯11:30~)
場所:フィオーレの森 森のスタジオ
   川崎市高津区久本1-16-20
アクセス:JR南武線「武蔵溝の口」駅 / 東急田園都市線「溝の口」駅 南口徒歩5分
 https://www.bosco-del-fiore.net/access.html


参加費:無料


*お好きなキャンドルをご持参ください。個数に制限はございませんので、いくつでもご持参頂いて結構です。
*会場にはキャンドルのご用意はございません。
*赤ちゃんを亡くされて日が浅い方もいらっしゃいますので、お子様連れ、妊娠中の方はご遠慮頂いております。何卒ご了承ください。
*Angieの活動にご賛同頂ける方であれば、経験の有無問わずご参加頂けます。

参加ボタンを押すとAngieウェブサイトへ移動します。
こちらよりお申込み下さい。

過去のイベント

  • 2018年7月12日(木)「お空の上の、物語。」池川明先生とパネルディスカッション出演 
  • 2018年11月4日(土) Earth of Love 〜お宮と結び〜フェス@江の島 トークショー出演
  • 2018年11月27日(火)めぐみのおとプレミアムライブ~大切なあなたへ~主催
  • 2019年7月5日(金)お空の天使を想う ANGEL FAMILY DAY~ちいさな奇跡(いのち)の物語~主催
            https://peraichi.com/landing_pages/view/angelfamilydaytenshimama
  • 2018年7月12日(木)「お空の上の、物語。」池川明先生とパネルディスカッション出演 

Profile

ANGEL's HEART
Baby Loss Family Support 'Angie'
すが みき
横浜市在住。
お空に4人の天使と一児の母。

原因不明の不育症により流産を繰り返し、その後長女を出産。
その経験から、赤ちゃんを亡くされた方が安心して気持ちを話せる場が必要だと考え「ANGEL's HEART」の活動をスタート。

流産はよくあることと軽視されることが多く、悲しみを表出し出来ず、
1人で何年も抱え込んできた。

その後、様々な出逢いをきっかけに、生まれてきたいのち、生まれてこれなかったいのち、
それぞれに使命があることを知り、フタをしていた感情と向き合い、
癒されていったことから、同じような経験をされた方に寄り添い、
笑顔を取り戻す天使ママを増やしたい、
「ひとりじゃないよ」という想いで、様々なイベントを主催。

同じ想いの天使ママたちとBaby Loss Family Support 'Angie'を今年設立。
Baby Loss Awareness Weekの啓発活動と赤ちゃんを亡くされた家族への支援の必要性を広める活動をしている。
 
19歳でアメリカ留学、28歳までニューヨークにて航空会社空港勤務を経て、
ブロードウェイにて舞台制作に携わり、帰国後も舞台プロデューサーとしてキャリアを積む。
34歳で結婚。不育症をきっかけに、体質改善のためにメディカルハーブコーディネーターの資格を取得。
体調に合わせたハーブティのブレンドをオーダーメイドで提供中。
また、アクセサリーデザイナーとして、オリジナルアクセサリーのワークショップも開催。