不妊治療の
「もう一つの選択肢」

卵子提供、男女産み分け、代理出産などの
最先端の生殖補助医療を、国内外の医療機関
と提携
し行っています。


NPO法人エンジェルバンク

女性の社会進出や晩婚化が進み、不妊治療を受ける人の年齢が高くなっています。それに伴って、治療してもなかなか妊娠できないという現実に悩み、「不妊治療をやめたいのに、やめられない」という人が増えています。治療をやめてしまえば、わずかな可能性も捨てることになると思い、次の一歩を踏み出せずにいる人が多いのではないでしょうか。
エンジェルバンクでは、次の一歩として海外で行う不妊治療を提案しています。

エンジェルバンクができること

卵子提供プログラム

子宮には問題ないが、病気や高齢などの理由で妊娠をするための卵子を作ることができない方に、第三者のドナーより卵子を提供してもらい体外受精させる治療のことです。詳しくはこちら

着床前診断・男女産み分けプログラム

体外受精させた受精卵(胚)が8細胞~胚盤胞前後まで進んだ段階で、その遺伝子や染色体を解析し、将来起こりうる遺伝子疾患や流産の可能性を胚移植する前に診断する医療技術のことです。すべての染色体について異常の有無を調べるため、受精卵の性別を判定することもできます。詳しくはこちら

代理出産プログラム

代理母出産または代理懐胎ともいい、依頼する夫婦が生まれた子供を引き取り育てることを前提として、第三者の女性(代理母)に高度生殖医療の技術を用いて、妊娠、出産してもらうことをいいます。詳しくはこちら

卵子ドナーバンク

20歳代を中心とした健康でボランティア精神に富む日本人女性が多数登録しています。プロフィールや写真で依頼する方を選んで頂けます。詳しくはこちら
エンジェルバンクの特徴
国内クリニックと協力関係
日本国内の不妊治療専門クリニックの協力で、事前の検診、ドクターの診察、移植前の処置、投薬、カウンセリングをしています。
実績が豊富な海外クリニック
海外の実績豊富な不妊治療専門クリニックと提携し、安全で確実な治療を行います。日本語でも大丈夫です。
卵子ドナーバンクを運営
卵子ドナーバンクを運営し、多くの日本人ドナーに登録頂いています。
NPO法人
東京都認証のNPO法人として、健全な運営を行っています。
NPO法人
東京都認証のNPO法人として、健全な運営を行っています。
お子様を授かったご夫婦からの声
主人も私も結婚が遅く、当初は子供を諦めていましたが、突然妊娠そして流産。その後は不妊治療の毎日となってしまいました。インターネットでエンジェルバンクさんを知り、早速相談。担当のKさんより卵子提供を進められ、ドナーさんもすぐに見つかり、バンコクでの胚移植。2018年春、無事に待望の男の子を授かりました。
S 様
2017年 卵子提供+着床前診断
念願だった赤ちゃんを抱いて、辛かった不妊治療の事をすべて忘れてしまいました。同時に私に代わって、赤ちゃんを生んでくれた代理母さんに感謝いたしました。また私の愚痴を熱心に聞いてくれたエンジェルバンクの理事長様、本当にありがとうございました。
K 様
2017年 代理母出産+卵子ドナー
待望の孫を両親に見せることができ、エンジェルバンクさんそしてドナーさんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
A 様
2017年 卵子提供+着床前診断
不妊治療のため通っていたクリニックでエンジェルバンクさんを知り、面談を受けました。長年の不妊治療で心が折れかけていましたが、最後のチャンスにかけようと、卵子提供を受けることにしました。今は子供の顔を見ながら、感謝の毎日です。
T 様
2017年 卵子提供+着床前診断
不妊治療のため通っていたクリニックでエンジェルバンクさんを知り、面談を受けました。長年の不妊治療で心が折れかけていましたが、最後のチャンスにかけようと、卵子提供を受けることにしました。今は子供の顔を見ながら、感謝の毎日です。
T 様
2017年 卵子提供+着床前診断
プログラムの詳細内容や価格などお気軽にお問い合わせ下さい。
団体名 特定非営利活動法人エンジェルバンク
理事長 柏木 君夫
設立年月 2014年2月
NPO認証 東京都 第2399号
ホームページ http://www.angelbk.org
メールアドレス info@angelbk.org
設立年月 2014年2月