佐藤ねじxPower Palette
子どものための「遊べる服」シリーズ

アミダTシャツ
まだ誰も気づいていないような面白さや可能性を探求し、空いている土俵を耕すことを得意とする、アートディレクター/プランナーの「佐藤ねじ」さんと、AI時代に生き抜く子どもを育む商品を世に出している「Power Palette」がコラボレーションした
  
『子どものための遊べる服』シリーズ。

こちらは遊び心満載の”アミダTシャツ”です。
(遊びのシーンの提案 動画<仮>)

星と当たりの位置が動かせる”遊べるTシャツ”

アミダくじの当たりを示す星が動かせるので、実際にTシャツを使ってアミダくじで遊ぶことができます。
 
学校で、校庭で、運動場で、公園で、広場で、などなど、様々なシーンで活躍します。
 
星はフェルト素材で出来ていて、動かしやすく、触り心地も抜群です。
(遊びのシーンの提案 
学校 画像<仮>)
(遊びのシーンの提案 
公園 画像<仮>)
(遊びのシーンの提案 
家 画像<仮>)

男の子も女の子も、子供サイズと大人サイズも

Tシャツはユニセックスなので、男の子も女の子も使えます。
 
またサイズは子供サイズの他、大人サイズもあるので、親子でTシャツを着ることで、親子のコミュニケーションを促進します。

長く使えるしっかりとしたつくり

しっかりとした作りなので、長くご愛用いただけます。他の服とも合わせやすいTシャツです。
(丈夫な裏付け、エビデンス<仮>)
アミダTシャツ
(商品の仕様・詳細)

佐藤ねじさん プロフィール

佐藤ねじ
アートディレクター/プランナー
1982年愛知県生まれ 名古屋芸術大学デザイン科卒業
 
上京後、デザイン事務所へ入社し、デザイナーとして働く傍ら、「佐藤ねじ」名義で作品を発表。その後、面白法人カヤックのアートディレクターを務め、“空いている土俵を耕す”というテーマで作品づくりにとり組む。
 
作品には「5歳児が値段を決める美術館」「変なWEBメディア」「しゃべる名刺」「貞子スマ4D」「くらしのひらがな」など。グッドデザイン賞ベスト100、Yahoo!クリエイティブアワード グランプリ、文化庁メディア芸術祭 審査員会推薦作品などを受賞。
 
2016年7月に独立し、株式会社ブルーパドルを設立。2016年10月には「超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方」を刊行。

Power Palette(パワーパレット)について

「Power Palette(パワーパレット)」は、子供たちがAI時代を生き抜くために必要な、自尊心、好奇心、創造性、コミュニケーション力、寛容性といった、5つの力を育むことをコンセプトに、各分野の専門家たちによる企画をベースに、楽しく幸せな毎日を提案する、新しいこどもブランドです。