京都

AFPティーチャートレーニング
アメジスト(旧レベル2)

with アムリタ映蓮

お申込み〆切は6月21日(金)
2019年6月28日(金)〜7月3日(水)初の日本語での開催です


〜アムリタからの動画レター〜
6月の日本語では初のAFPアメジストトレーニングについて


日本では2年ぶりの開催!

たくさんの開催のご要望をいただいていたAFPティーチャートレーニング アメジスト(旧レベル2)が、2年ぶりに日本で開催されます。
   
今回のこのトレーニングをリードするのは、AFPマスターティーチャーであり、トレーナーであるアムリタ。

みなさんもご存知のようにAFP創始者のレイチェル・ジェイン以外で、ティーチャートレーニングのルビー(旧レベル1)をリードできるのは、世界でアムリタだけです。
  
そして、この度、世界で初めて、アムリタがアメジストもリードができるトレーナーとして、レイチェル・ジェインから任されることになりました。
  
新しい時代「令和」に開催されるこのレベル2は、「初」がいくつも重なっています。
  
アムリタとともに、京都の新緑の中で、AFPをさらに深め、新しい時代のあなたらしい生き方を見つけてみませんか?
 


今回のアメジストは、「初」がいっぱい!

1.「初」の日本語での開催。

世界ではじめて、京都の地で、この度、日本語でアメジスト(旧レベル2)が開催されます。

日本語で行われるティーチャートレーニングでは、日本人の感覚に適したAFP を、たっぷりと時間かけて体験していきます。数々のAFPのワークショップ、クラスをリードしてきた経験豊富なアムリタだからこそ伝えられることがたくさんあります。
   
アメジストの多くの時間で行われる「ハートサークル」は、とてもパワフルなものですが、とても微細なプロセスでもあります。それを通訳を通すことなく、日本語でダイレクトに体験することにより、さらに理解を深めることができるでしょう。
 
その他のプラクティス、ダークシャドゥ等も、日本語で学ぶことにより、その理解はさらに深まっていくこと間違いなしです。

2.「初」の6日間連続でのティーチャートレーニング。

今までのアメジスト(旧レベル2)は、前半3日間が週末集中ワークショップと同時開催で、後半3日間がティーチャートレーニングという構成でした。
  
今回からは、週末集中ワークショップは同時開催はなく、日本では初の6日間連続のティーチャートレーニングとなります。
  
週末集中ワークショップで純粋に参加者として参加する体験をするのも素晴らしいものですが、6日間連続でのティーチャートレーニングというのは、何ものにも変えがたい貴重な濃密な体験となるでしょう。
 
もともとは、アメジストはティーチャー自身がAFPを深めるためのものとして、開発されました。だからこそ、多くのティーチャーが何度も何度も再受講をし、深めていくプロセスを通っています。アムリタ自身もトレーナーになる前は、そうしてレベル2を深めてきました。

この6日間を通して、あなた自身のAFP認定ティーチャーとしてのプレゼンス(在り方)は飛躍的に高まり、深まるでしょう。
  
どうぞ、この貴重な機会を見逃さないでください。
次にアメジストが開催されるのは、早くても2年後の2021年となります。

3.「初」の京都での開催。

今回のアメジストは、レイチェル・ジェインが常々開催を希望していた「京都」の地で行われます。
  
会場となる関西セミナーハウスがある修学院は、比叡山の南西ふもと一帯に広がる地域であり、京都の街に程よく近いにも関わらず、京都の自然も感じることのできる、とても気持ちの良い場所にあります。
   
また、関西セミナーハウスは、日本庭園にある能舞台「豊響殿」、茶室「清心庵」が併設されており、日本の歴史を感じることもできます。



アムリタからのメッセージ

アメジスト(レベル2)・ティーチャートレーニングについて

 

AFPは、全部で44個のプラクティスと、女性が女性のために開発したフェミニン・プレゼンス瞑想から成り立っている女性性をトータルに扱うプログラムです。

 

レベル1とレベル2のティーチャートレーニングには、どちらがより「アドバンス(上級)」という違いはなく、グルーバー・セミナーズ主催の公式の週末集中ワークショップに参加したことがある人ならどちらのレベルから受講してもティーチャー登録及びティーチャー活動ができるようになりました。

 

ですが、やはりアメジストと呼ばれるレベル2のトレーニングは、創始者レイチェル・ジェインが生み出した、後半の22個のプラクティスなだけあって、より「経験者向け」に感じられるものもたくさんあります。

 

私は、レベル2を初めて受けた時に、深い静かな理解と感動に包まれ、1と2の両方を履修することでAFPの全体像となるのだと納得しました。

 

それと同時に、これら二つのトレーニングは、ティーチャー活動をする人はもちろんですが、AFP実践者は1も2も、両方、何度も繰り返して受けることで、自分らしいプレゼンスを、また普遍のプレゼンスをこの次元のエネルギーと肉体で深く体感していき、より真実のフェミニン・リーダーシップ、より「自分らしく生きる」ことの意味やワークの効果が出てくるんだなと理解できました。

 

例えば、私たちが自分を理解する上で、欠かせない「ダーク・シャドウ」を、裁かずに自分のものとして受け入れていく過程や、人生で繰り返すパターンを「アッパー・リミット」の作用として捉え、しかもそれを払拭したり超えたりするのではなく、過去の自分が自分を守るために発動させるメッセージとして抱きしめながら前に進むことを選んだり、自分が本当に望んでいることと繋がる探求をしたり、まさにこれこそ人生を生きていく上で重要なカギだと言えるワークが盛りだくさんです。

 

これを英語で行なわれている通りにやろうとしても、なかなか日本人には馴染まない部分があったものを、私がトレーニングを行なえるようになったことで、より馴染みやすく理解しやすい形でアレンジして行なうことができるようになったので、今後、ティーチャー活動をしていく上でもやりやすくなると思います。ですが、今の所2年に1度以上の開催予定はなく、次は早くても再来年になりますので、ぜひこの機会に受講しておいて頂ければと思います。

 

美しい京都の柔らかい女性的なエネルギーの中で、ティーチャートレーニングだけで過ごす1週間。とても楽しみにしています。

 

 

アムリタ映蓮

〜プロフィール〜

アムリタ映蓮 (本名:早川映子)

女性がその人らしい魅力と存在感で輝き始めるプログラム、AFP(Art of Feminine Presence)の日本人初の認定ティーチャー、AFP講師育成トレーナー。オリジナル英会話学習法・スピリチュアル英会話主宰。

元フジテレビアナウンサー、報道記者、番組ディレクター。

存在感ある芸能人への取材やドキュメンタリー制作などを通して人の「生きざま」や「在り方」への興味を持ち続け、過労による腰痛を気功で治療したことがきっかけで「気」や意識、生命エネルギーなどの探究が始まる。 フジテレビ退社後、アメリカにて元獣医、マイケル・ママス博士のヒーリングスクールを卒業、2000年頃から英会話とヒーリングをミックスした独自手法で、主に中高年の女性達と生きる喜びを分かち合う。

自らの子宮筋腫との向き合いを通じて、女性としての身体と心の対話法に出会い、同時に「神との対話」著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の元で、内なる対話を促すCWGワークショップ・ファシリテーターと認定される。

同じ頃、来るべき時代は女性性(女神)の時代と感知。タントラやエクスティックダンス、ベリーダンスなどを通して女性性や官能性を探究し始める。そんな中、友人でもあったレイチェル・ジェーン・グルーバー氏がArt of Feminine Presenceというプログラムを創ったとの知らせを受け、直感でこれを日本に広める使命があると感じて渡米。2012年、アメリカにて、日本人初のAFP認定ティーチャーとなる。彼女自ら、「女性性意識のヨガ」と位置づけるこのアプローチで、女性達が女性として生まれたこと、女性であることの喜び、そしてありのままの自分を表現する喜びを探究するサポートに情熱を注いでいる。また、彼女の後に続く日本の認定ティーチャー達の指導・育成にもあたっている。

AFPティーチャートレーニング レベル2に参加してよかったこと

ひとことワークス 主宰
池澤良子
こんにちは。 はじめまして、池澤良子です。

今度行われるAFPテーチャートレーニングレベル2は、私にとって4回目の参加となります。

レベル2の強烈な印象としてはレイチェル・ジェイン・グルーバーさんが
「あなたの夢やwantはなんですか?
それを実現するには植木に日光や水をあたえるように、
あなた自身が夢に栄養を与え続けなければなりません」
という言葉ではじまっていたことです。

そして自分の夢やwantについて書くよう言われました。

驚くべきことに、私は過去3回のレベル2プラクティスで書いたことが、3回とも実現しています。

夢の実現と、AFPプラクティスとの「からくり」に驚くばかりです。

そして私が開催するAFPワークショップに連続して参加してくださる方に、このことを意図してお伝えしています。

いろいろなことが実現していく方が多いことに、また驚きます。


レベル2は、相反する質を自分の中に見出し、自分のものとして統合していくプラクティスがあります。

これは女性としても、私の職業であるワークショップファシリテーターとしても、多様な価値を本心からみとめることができる器の大きさをつくることにつながってくるとおもっています。

レベル2は私にとって、自分との神聖な儀式のようなプラクティスもあります。
自分がこの世の中に生かされている意味を感じたり、もっと大きいものに委ねる力や忍耐なにもかもわかろうとしないでいられる力を養えます。

これは生きていく上で、他人を理解する上で、とても助かっています。

そして、レベル2を体験することで、フェミニンプレゼンス瞑想やレベル1のプラクティスをより深く味わえるようにもなりました。


特に今回はAFPプラクティスのみならず、アムリタ映蓮さんのきめ細やかなそしてパワフルなファシリテートも体験できるとあって楽しみにしています。
実際に私がAFPや他のワークショップを開催する時のファシリテートや言葉づかいについての勉強もできるからです。

京都でご一緒するのを楽しみにしています。

開催してくださるアムリタ、
スタッフのみなさま
ありがとうございます。


**AFPティーチャートレーニング アメジスト(レベル2)**

2019年6月28日(金)~7月3日(水)
※6月28日(金)午前9時集合(前泊推奨)7月3日(水)18時頃終了
※集合は、時間厳守でお願いします。また、部分参加はできませんので、全日程参加でお願いします。

参加費:2,800ドル
※上記金額に、宿泊費・食費は含まれておりません。
※トレーニング代金のお支払は、クレジットカード、Paypalのみとなっており、
アメリカ本部に直接お支払いいただく形となります。

*レベル2再受講の方は半額になります*
再受講トレーニング参加費:1,400ドル



宿泊費・食費:(1日3食・前泊を含む6泊7日)
<南棟> 77,000円
スタンダードツイン ワイドユニットバス付
   
<北棟>68,500円
シンプルツイン バス・トイレ付 

※期間中の食事は、ベジタリアンとなります。
※宿泊のお部屋は、2名で同室、お振込順の受付となります。
※宿泊費は、お申込み後、一週間以内のお振込みをお願いいたします。 
お部屋の写真はこちらからご覧いただけます。
http://www.kansai-seminarhouse.com/facility/index02.html


会場:関西セミナーハウス(京都市左京区)
hhttps://www.kansai-seminarhouse.com/
※会場への直接のお問合せは、ご遠慮ください。

定員:40名

参加資格:
下記いずれかに該当する方が対象となります。
・すでにAFPティーチャートレーニング ルビー(レベル1)を受講されたことのある方
・または、グルーバーズ・セミナー主催のレイチェル・ジェインまたはアムリタの週末集中ワークショップに参加されたことのある方

ご質問等ありましたら、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
support@afpjapan.com