アマリリスのBlog

アマリリスの花ことばはおしゃべり・・・。
いろんな事をおしゃべりしましょ。(*^_^*)

大好きなものに囲まれる幸せな秋

2016/12/06

最近ほしいものについて語らせてください!
まずは「冷えとり靴下」。
私はすごい冷え性なんです。皆で外にいても私だけどうしたの!?といわれるくらい指先が冷たくなります。足の指もいつも氷のように冷たいです。
冷えとり靴下は絹やシルク、綿などの靴下がセットになっていて重ねて履くものです。一番下は5本指のシルクの靴下、二枚目は普通の綿の靴下…という形で。
種類がいろいろあるので特に固定ではありません。
私は冬は必ずもこもこのあったか靴下を使っていますが、やはり指先は冷えます。5本指とか、なんかすごく暖めてくれそうですよね。ほしいです! 

次に「家具」。
いま模様替えをしようと思っているのでとにかく家具がほしいのです。
デスクもほしいし、ベッドも新調したいしサイドテーブルもほしいです。
色は全部白がいいですね。
家具を白で統一すれば、気分が変わっても模様替えしやすいですからね。
ベッドサイドに置く照明も欲しいです。
この前イケアに行きましたが、すごく楽しくて三時間もいました。
なんでもアイディア次第ですね。
あと、壁紙も変えたいです。さすがに厳しいですが。
最近知ったのですが、賃貸の部屋でも貼ってはがせる壁紙があるそうです。
壁紙が変わると部屋の雰囲気もがらっと変わりますよね。
私は白と水色のストライプの壁紙に憧れているのですが、少し勇気がいるかなあとも思っています。
でも、部屋が変わると気分もぜんぜん違うので、いつかは自分の本当の理想の部屋にしたいですね。
私はなるべく物を置かないシンプルな部屋にしたいです。
色は、紺やうすい水色などがすきなので必然的にそういう色合いの部屋になると思います。
タオルとかも白で統一して、かごにたたんで入れておいて…とかおしゃれですよね。憧れます。
あと、背の高いテーブルと椅子。この上でご飯を食べて日記を書いて、使わないときは季節の花を飾る。とか理想です! 

三つ目に「ワッフルメーカー」。
ワッフルってさくさくなものと、しっとりで中に生クリームなどが入っているものとありますが、皆さんはどちらがお好きですか。
私は断然サクサク派!焼きたてとか最高ですね。
学生の頃はワッフル屋さんでアルバイトをしていました。
そこで毎日800個くらいワッフルを焼いていました。なのでたまに焼きたくなります。
焼くといっても生地はすでに作られているので、発酵させて焼くだけですが。チョコレートをコーティングしたりするの楽しかったです。
売れ残ったワッフルをよく持って帰っていたので、最近それが食べたくてしょうがないです。
自分で生地から作らなくてはいけませんが、ワッフルメーカーが欲しいんです。前日に生地を作っておいて、次の日の朝ごはんに焼いてもいいですよね。
調べてみたら、ワッフルメーカーって結構安価なんですね。
余裕ができたら購入しようと思っています! 

四つ目に「シャンプー」。
シャンプーくらい買えよって話ですね(笑)
私はとっても髪が硬いんです。刺さると痛いレベル。これで人を攻撃できるかもしれません。
なんというか、コシがありすぎるんです。そして量が多く、とても頑固な直毛。
なので髪を柔らかくするシャンプーが欲しいんです。
ネットの口コミなどでいろいろ検索してみましたが、そのような効果が期待できるシャンプーって、たいていサロン系シャンプー。1万円とかするんです。
シャンプーに1万円…本当に効果があれば良いのですが。
ちなみにこれまでも何回かそういうシャンプーを買ったことはあります。
たいてい、使った初日は、お!!って思うんですが、結局髪が柔らかくなったかというとそうでもない…でも新しい良さそうなものを発見すると、試したくなるんです。こりずに。
ちなみに友人ですごく柔らかくて絹のようなさらさらの髪を持つ子がいましたが、何を使っているか聞くとパンテーンと言っていました。やっぱりもともとの髪質なのでしょうか。 

以上、私がいま欲しいものでした。
なんとかして全部手に入れて、楽しい秋を過ごしたいです!

カルトナージュの体験教室に行ってみました

2016/12/02

子供と一緒に、広い公園に遊びに行った時、すぐ横に公民館のような建物があり、カルトナージュの教室をやっていました。そこで、子供と一緒に入って作ってみたのですが、とても簡単で楽しかったです。 

カルトナージュは、厚紙に布などを貼り付けて、可愛らしい小物入れなどを作ったりするのですが、初めて見た時に、小学生の時、図工の時間に牛乳パックをいくつか重ねて貼って作った筆入れを思い出しました。
その時も、自分の好きなように牛乳パックを貼り付けて、鉛筆やボールペンや色鉛筆などを、分けてしまえるようにして、周りを綺麗な布で貼り付けて仕上げた懐かしい思い出がよみがえりました。 

これなら、子供にもできそうだと思い、一緒にやってみました。
本当に簡単にできました。慣れてくると、厚紙を自分で好きな形に切って、好きな大きさの箱や、写真たてや、厚紙とガラスを貼り合わせてコンパクトミラーなども作れるようになるそうですが、私達はその時は、お菓子などの空き箱に、いろいろな種類の布から好きなものを選び、貼り付けて簡単な宝箱のようなものを作りました。
その教室の先生が作ったカルトナージュの作品がいくつが置いてありましたが、ティッシュボックスや化粧品入れや宝石などを入れておけるジュエリーボックス、その他にも携帯カバーなどもありました。
布を貼るということで、お菓子などの空き箱だった箱が、とても豪華な小物入れに変わるので、感動します。 

先生の作品には、布だけでなく、綺麗な色の布で作った小花が散りばめられていたり、ビーズのアクセサリーが貼り付けられていたり、本当にまるで雑貨屋さんで買ってきたような、可愛らしい箱に仕上がっていました。
私たちの作った小物入れも、他の誰とも被らず、私達だけのデザインの箱に仕上がりましたので、私も子供も大喜びで、今は子供部屋で好きな物を入れて、喜んで使っています。
簡単なので、子供から大人まで楽しめる、素敵なカルトナージュはお勧めです。

座りすぎ大国日本

2016/11/02
世界の中で最も長くイスに座っている国は日本。
でもこれにはハイリスクがあるそうです。

座りっぱなしは死亡リスクを40%も引き上げるそうです。
タバコの喫煙にも匹敵するくらいのリスクだという事だそうです。