アルコール関連問題啓発フォーラム
2017 in 東京

主催:厚生労働省(厚生労働省のイベントページはこちら)
後援:内閣府・法務省・文部科学省・警察庁・国土交通省・国税庁・東京都(予定)

■後援団体■ 
アル法ネット〔特定非営利活動法人アスク(アルコール薬物問題全国市民協会)/アルコール関連問題学会東海北陸地方会/アルコール保健医療と地域ネットワーク研究会(アル・ネット)/沖縄ANDOGネットワーク/関西アルコール関連問題学会/九州アルコール関連問題学会/公益社団法人 全日本断酒連盟/中国四国アルコール関連問題学会/東北アルコール関連問題研究会/日本アディクション看護学会/日本アルコール看護研究会/一般社団法人 日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会/日本アルコール関連問題学会/日本アルコール・アディクション医学会/公益社団法人 日本医療社会福祉協会/公益社団法人 日本社会福祉士会/公益社団法人 日本精神保健福祉士協会/一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会〕※50音順
アルコール・薬物施設連絡会/公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会/一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟
※その他、多くの関連団体のご後援をいただく予定です

お申し込み

つながることで、解決がはじまる。
これは「アルコール健康障害対策基本法」で定められた啓発週間に合わせ行われるイベントです。

日程11月12日(日) 13:00〜17:00 (受付開始12:30)
参加費:無料  定員:210名
場所三井住友銀行東館SMBCホール ライジング・スクエア 
(東京都千代田区丸の内1-3-2-3F) 地下鉄「大手町駅」C14出口直結

下部のボタンよりお申込みください
フォーラムのチラシ、またFAXでのお申込をご希望の方は、こちらからPDFをダウンロードしてください。

その問題は飲酒からはじまる。

会場地図

プログラム

PART1 予防シンポジウム<若い女性とアルコール>
  • 知ってほしい「女性のリスク」と「胎児への影響」
    樋口進 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長
  • 若い女性の飲酒実態~大学生の調査から
    吉本尚 筑波大学医学医療系地域医療教育学講師
  • 大学生が始めた「ごちそう+ドリンク2杯」の〝ごち会″とは?
    ごち会
PART2 当事者アピール<アルコール依存症は回復する>
  • 詩の朗読パフォーマンス
    月乃光司 こわれ者の祭典主宰/アルコール依存症当事者
  • 自助グループってどうやるの? 断酒会の模擬例会
    東京断酒新生会
【休憩時間】リカバリー・パレード「回復の祭典」コーラス
PART3 実践トーク<合言葉は〝地域連携″> 早期発見・介入・回復支援
  • 生活を支えるコミュニティソーシャルワーカーと依存症
    勝部麗子 豊中市社会福祉協議会福祉推進室長(コミュニティソーシャルワーカー)
  • 保健所ハブのアルコール地域連携モデル
    杉浦小百合 愛知県衣浦東部保健所課長補佐(保健師)
  • 救急現場だからできる依存症介入と地域連携
    伊藤秀樹 三重県立総合医療センター救命救急センター 副センタ―長(救急医)/四日市アルコールと健康を考えるネットワーク
PART3 実践トーク<合言葉は〝地域連携″> 早期発見・介入・回復支援
  • 生活を支えるコミュニティソーシャルワーカーと依存症
    勝部麗子 豊中市社会福祉協議会福祉推進室長(コミュニティソーシャルワーカー)
  • 保健所ハブのアルコール地域連携モデル
    杉浦小百合 愛知県衣浦東部保健所課長補佐(保健師)
  • 救急現場だからできる依存症介入と地域連携
    伊藤秀樹 三重県立総合医療センター救命救急センター 副センタ―長(救急医)/四日市アルコールと健康を考えるネットワーク

司会からひとこと<登壇者のご紹介>

樋口進

独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長

「依存症の専門医であり、WHOの委員も務める国際的な研究者」

吉本尚

筑波大学医学医療系地域医療教育学講師

「若者のビンジ飲酒(痛飲)に警鐘を鳴らす、若き総合診療医」

月乃光司

こわれ者の祭典主宰/アルコール依存症当事者

「自らの依存症体験を笑いとペーソスで表現する詩人」

勝部麗子

豊中市社会福祉協議会福祉推進室長

「地域を支える社協コミュニティソーシャルワーカーの草分け、NHK 「プロフェッショナル仕事の流儀」出演、ドラマ「サイレントプア」のモデル」

杉浦小百合

愛知県衣浦東部保健所課長補佐

「保健所ハブの地域連携を担う保健師」

伊藤秀樹

三重県立総合医療センター救命救急センター 副センタ―長/四日市アルコールと健康を考えるネットワーク

「救急現場で介入に奮闘する救急医」

司会

今成知美

ASK代表
アル法ネット事務局長

稗田里香

東海大学准教授
ソーシャルワーカー

協力団体

ごち会

PART1で活動報告――
どうして飲み放題しかないのだろう。同じお金で「ごちそう」のコースをつくったら?そこで100店を巡り、ごちそうコースをつくって頂きました。

HP

東京断酒新生会

PART2で模擬例会――
1953年に設立。断酒の趣旨に賛同すれば、依存症者のご家族・関係者も入会できます。定期的な断酒例会をはじめ、電話による酒害相談(03-5624-0318)などを行なっています。

HP

リカバリー・パレード「回復の祭典」実行委員会

休憩中にコーラス――
回復の喜びを分かち合うこと、そして回復が現実にあることを見てもらうことで、社会の認識が変わり、より多くの人たちが回復を実現できる社会になっていくことを目指しています。

HP

アスク(アルコール薬物問題全国市民協会)

ホワイエでASK飲酒運転防止インストラクターによる啓発活動/啓発フォーラムの企画運営――
アルコール関連問題の予防をめざし、1983年に設立されたNPO。季刊Be!を発行。

HP

会場

三井住友銀行東館SMBCホール ライジング・スクエア

東京都千代田区丸の内1-3-2-3F 地下鉄「大手町駅」C14出口直結

フォーラムのチラシ、またFAXでのお申込をご希望の方は、こちらからPDFをダウンロードしてください。

※当日直接お越しいただいてもご入場いただけない場合があります。必ず上記リンク先のフォームよりお申込みください。
また受付票はお送りしていません。申込後は当日会場にお越しください。

※本申込書に記載された個人情報は、本講座の参加者の把握及び緊急連絡のみを目的として使用し、厳重に取り扱うものとします。