型にはまらない、もう一つの学校
「オルタ」

オルタは「型にはまらない」「もうひとつの」を意味する “Alternative” に由来しています。
基礎学力は学校で。
オルタは「考える力」「伝える力」「違いを受け入れる力」を伸ばすことで
自分で考え、自分で決め、行動できる人を育むことを目指しています。

大切な力を育む場所

小学校や中学校での勉強はもちろん大切です。
しかし、それだけで十分でしょうか?
論理的な物事の考え方、自分の意見を相手に分かりやすく伝える方法、異なる意見に耳を傾けることの大切さ。
これらは学校教育の中でも触れますが、明確に意識する機会はまだ少ないと思います。

答えのない問題にグループで取り組む

オルタでは実社会で起きている様々な事例を題材にした「答えのない問題」にグループで取り組むことを通じて
  • 論理的に考える力
  • 自分の考えを人に伝える力
  • 異なる意見や価値観を受け止める力
を育みます。

未来の可能性を拡げる

また、普段なかなか触れることのない経済・社会・テクノロジーに関する実践的な知識を得ることで将来の可能性を拡げ、キャリアについて考えてもらうきっかけを作ることも目的のひとつです。

クラスの流れ

アイスブレイク
程度の差こそあれ、最初はみんな緊張気味。
簡単なゲームを通じて、同じグループになった子たちと打ち解けます。
座学
普段の生活ではあまり触れる機会のない、経済の話や最新のテクノロジーに関するお話を少しだけさせていただきます。
イラストや動画を多用し、対話形式で進めることで
「各国のGDPの推移」「ここ10年間のコンピュータ、通信環境の進歩」
といった内容を分かりやすく説明します。
個人ワーク
「好きなマンガの魅力をみんなに伝えよう」といった課題を通じて
オルタが大切にしている「考える力」「伝える力」について知り、実践します。
グループワーク
ここからが本番。
同じグループの子たちと一緒に「答えのない問題」に取り組みます。
「運動会の半日開催の是非」「売上が振るわないケーキ屋さんを立て直すには?」などをグループの子たちと考えることで、様々な価値観、考え方、意見に触れ、明確な正解がない中でどうやったらグループのみんなが納得する答えを導き出すか、それを他の人たちにどうやって伝えるかといった経験を積みます。
振り返り
学んだこと、感じたことを言語化して共有することにより定着を図ります。
保護者の方が参観している場合は、一人ずつお褒めの言葉をいただきます。
(これが一番嬉しかったという子もいるくらいで、私たちも大切にしている時間です)
座学
普段の生活ではあまり触れる機会のない、経済の話や最新のテクノロジーに関するお話を少しだけさせていただきます。
イラストや動画を多用し、対話形式で進めることで
「各国のGDPの推移」「ここ10年間のコンピュータ、通信環境の進歩」
といった内容を分かりやすく説明します。

開講のご案内

一般向け開講
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一時開催を見合わせていました。
再開の予定についてはお問い合わせください。

企業内開催
会社にお邪魔して、社員のお子様を対象にクラスを開講します。複数社での合同開催や、親子でご参加いただくことも可能です。
福利厚生の一環としてご検討ください。
各種教室との提携
習い事の教室と提携し、生徒さん向けにクラスを開講します。
一般の方の参加可否については、教室のポリシーに準じます。
各種教室との提携
習い事の教室と提携し、生徒さん向けにクラスを開講します。
一般の方の参加可否については、教室のポリシーに準じます。

参加者の声

将来を考えるきっかけになった
将来の夢やこれからについて、どのような行動を取れば良いのかよく分かりました。
(中1女子)
意見を言い合える場
学校では話し合いの時もあまり意見を言う人がいないけれど、ここなら安心して話すことができる。
(小6女子)
学校では教えてくれないこと
経済や時事問題など、普段は身につかない知識が得られる。
グループワークや発表なども、とても実践的で良い。
(保護者)
自分が子供の時に受けたかった
考える力、友達との関わり方、人の良いところを見つける/見つけてもらうなどは、これから必要になることだと思う。
(保護者)
自分が子供の時に受けたかった
考える力、友達との関わり方、人の良いところを見つける/見つけてもらうなどは、これから必要になることだと思う。
(保護者)

主催者紹介

オルタナティブ

私たちは事業会社の経営者という顔を持っています。

経営の現場での経験と、会社を良くするために通ったMBA(経営学修士)課程での学びから
論理思考やプレゼンテーションの技術、多様な価値観の大切さ、可能性を信じる力、そして企業経営・社会・経済に関する知識は子供のうちにこそ学ぶことが大切と考え、「オルタ」を企画・運営しています。

鵜飼幸子 Ukai Sachiko

私は外国旅行が好きで、旅を通じて多くのものを見て、たくさんの人に出会い、様々な価値観に触れたことで世界が拡がったと思っています。
オルタを通じて皆さんの世界を拡げ、豊かな人生を送るお手伝いをしていきたいです。

友斉照仁 Tomonari Teruhito

皆さんが大きくなった時
「オルタでやったことが役に立った」
「オルタのお陰でやりたいことが見つかった」
なんて思ってもらえるような場所を作りたいと思っています。

友斉照仁 Tomonari Teruhito

皆さんが大きくなった時
「オルタでやったことが役に立った」
「オルタのお陰でやりたいことが見つかった」
なんて思ってもらえるような場所を作りたいと思っています。