【経営者分析シリーズ】アルテカ・野村紘一代表
野村紘一代表の経歴
野村紘一さんの経歴から調べてみました。あまりメディアの取材には応じていないようです。
1975年にアルテカを創業していて、今年で創業42年になります。創業者であり、アルテカの会長を務められています。
数多くの特徴的な物件を生み出しており、日本初の億ション「ベルテシリーズ」や、「エイムシリーズ」「ベルアシリーズ」等のシリーズを手がけられています。
過去に政治の分野にも進出しており、比例代表で民主党から出ています。
ノースアジア大客員教授や日大理事もされていたとのことです。

野村紘一代表の理念
野村紘一さんの理念を見てみます。「お客様のニーズにあった商品を差別化・高付加価値化を追求・創り出し」という部分が理念になっていて、
不動産業界初の等価交換方式により開発や億ションの開発などを手がける中で、不動産を軸に総合的な生活産業を目指しています。
ベルテシリーズを見てみると、主に都心の一等地となっており、都心でマンションを検討している方で高収入の方をターゲットにしていることが分かります。
ヴィンテージマンションが好きな方に人気のようで、駅から離れすぎず落ち着いた住宅地に分譲されている物件が多いです。
野村紘一さんの思いとして、地権者様に負担なくオーナーになってもらって、高い運用や税務対策、相続対策などをしてもらいたいという思いがあるようで、
その発想から、等価交換方式が出来上がってきているようです。
『土地の価値』『建物の価値』『運用の価値』の3つの基本価値を大事にされていて、いかに土地や建物に付加価値を与えていけるかを模索している中で
ベルテシリーズなどが出来上がってきたようです。
おそらく、先進的な取り組みやユニークな取り組みを意識しているのではないでしょうか。
1個1個の物件を見てみると、大手ディベロッパーと比較してもひけをとらない品質です。

野村紘一代表が大切にしている3つの価値
野村紘一さんの思いとして、地権者様に負担なくオーナーになってもらって、高い運用や税務対策、相続対策などをしてもらいたいという思いがあるようで、その発送から、等価交換方式が出来上がってきているようです。

『土地の価値』『建物の価値』『運用の価値』の3つの基本価値を大事にされていて、いかに土地や建物に付加価値を与えていけるかを模索している中でベルアシリーズなどが出来上がってきたようです。おそらく、先進的な取り組みやユニークな取り組みを意識しているのではないでしょうか。1個1個の物件を見てみると、大手ディベロッパーと比較してもひけをとらない品質です。

【口コミ】
「創業40年以上の実績、無借金経営」

【著者コメント】
無借金経営というのはすごいですね。売上は約120億円とのことですが、不動産事業でこれだけの売上をあげていて借金がないというのはすごいです。
野村紘一の理念でもある、高付加価値の物件に魅力を感じてもらって、購入してもらっているからこそ、利益をしっかりと確保できているのだと思います。
【口コミ】
「直属の上司は社長で、良く話を聞いてくれます」

【著者コメント】
短文となっていますので、実際の仕事内容は分かりませんが、50代の方だということで、
経営企画や事業企画あたりの部署だったのかもしれません。

【口コミ】
「一度制作物を作らないと示唆できない風土で有り、社長一括です」という口コミがありました。

【著者コメント】
制作物を作って社長を確認を通すというフローになっているようです。まぁ、一般的な企業とあまり変わらないと言って良いと思います。よりイメージできるものを持って社長に確認をするのは当たり前ですからね。
HPの代表挨拶も参考にしてみてください。