なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

クレカ現金化を考えるアルパカ

クレジットカード現金化はカード会社にバレる?バレないために意識すべきポイントとは

クレジットカードさえ持っていれば現金を手にすることができるクレジットカード現金化。ですが便利なだけではなく、カードが利用できなくなってしまう恐れもあります。
カード会社は基本的にクレジットカードを現金化目的で利用することを禁止しているので、現金化がバレてしまうと利用停止や強制退会になってしまいます。
ではカード会社にバレないためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。今回はカード会社に現金化がバレないようにするポイントを紹介します。

現金化が疑われる商品を購入しない
クレカ現金化に使える商品には様々なものがあります。その中でも新幹線の回数券や金券などの換金性が高い商品に関しては、カード会社は監視を厳しくしています。そのためこれらの商品を購入してしまうと、現金化目的ではないかと疑われてしまうことがあります。
一度疑われてしまうと、その人のクレジットカードの使用履歴を重点的に確認されてしまうようになるので、その時は逃れられたとしてもバレるリスクは高くなります。
1回程度ならば換金性の高い商品を購入しても疑われないことも多いです。ですが短期間に何度も購入していたり、さまざまな種類の換金性の高い商品を購入していると疑われやすいです。
クレジットカードの現金化をする場合は、現金化が疑われる商品は利用しないようにしましょう。

クレジットカードの情報をきれいにしておく
クレジットカードを利用していく中で、支払いを延滞してしまう人やキャッシング枠を利用している人もいます。これらの情報をクレジットカードヒストリーと言います。クレジットカードヒストリーはカード会社ですべて管理されています。
クレジットカードの現金化を利用する場合には、クレジットカードヒストリーはきれいな状態にしておきましょう。状態が悪い人はカード会社からの信用が悪くなっていて、履歴なども厳しく確認されてしまいます。
結果現金化を行った際にもバレるリスクが高くなってしまいます。
特に返済が遅れてしまったり、キャッシング枠を利用している、使っていなかったカードを突然使い始めたといった場合には疑われやすいです。

頻繁に現金化を利用しない
クレジットカード現金化は、1度程度ならば疑われにくいです。また疑われてしまったとしても、買い物などの言い訳も使いやすいです。
ですが短期間に複数回利用してしまうと疑われやすくなってしまいます。そのためカード会社に疑われないようにするためには、頻繁にクレジットカードの現金化を利用しないようにしなければいけません。
また1度でも疑われてしまった場合は、しばらくは現金化を利用しないようにしましょう。
特にクレジットカードをあまり利用していなかった人が、突然頻繁に高額な利用を繰り返してしまうと、現金化だけでなく悪用していると疑われてしまうので注意が必要です。
高額な現金化をする際には、分割払いにすることもおすすめです。

クレジットカード現金化をするのであれば優良な業者を選ぼう。見分け方を紹介します。

もしあなたがクレジットカードの現金化を考えているのであれば、ぜひとも業者を利用することをお勧めしたいと思います。
もちろん自分で現金化をすることもできますが、業者を使ったほうが確実に高い換金率で現金化することができるからです。
ただしどの業者でも大丈夫と言うわけではありません。きちんと優良な業者を選ぶ必要があるのです。そこで今回は有用なクレジットカード現金化業者の見分け方について紹介したいと思います。

■長い実績がある企業を選ぶ
クレジットカードの現金化にはノウハウが必要です。
高い還元率で換金するテクニックであったり、カード会社に怪しまれずに行う方法などです。
お客さんを集めることについても、それなりのコツがあります。
クレジットカードの現金化は厳しい世界ですが、長くその業界で生き残っていると言う事は、すなわち優良な業者と考えても良いでしょう。
と言うことで、クレジットカードの現金化業者を探すのであれば長く実績がある企業を選ぶことをお勧めします。
ずっと続けていると言う事はお客様がついていると言う事ですから、魅力があると言うことです。
最近インターネットのサイトでは、現金化業者の口コミがたくさんありますが、この口コミは自作自演もできるため注意が必要です。
でも実績というのは作為的に作ることはできませんから、長く生き残っている企業がいい企業なのです。

■固定電話の番号が書いてある
長く生き残っている優良企業と言うのは、サイトの最後に固定電話の番号が記載されていることがほとんどです。今でこそ携帯電話の普及により誰でも携帯電話が持てるようになりましたが、かつては皆、固定電話の回線をひいていたのです。
と言うことで、固定電話の番号が書いていると言う事はそれなりに歴史のある企業である可能性が高いと言えるでしょう。
固定電話は携帯電話のようにコロコロと番号を変えることができません。
いちど固定電話の回線をしてしまったら、ちょっとやそっとのトラブル変えるわけにはいきません。
言った理由により、サイトに固定電話の番号がちゃんと書いてある企業は、信頼できる企業の可能性が高いと言えるのです。

■会社についての説明が載っている
良い企業と言うのは自分の会社に誇りを持っています。
誇りを持っている会社はその実績を顧客に紹介したくてたまりませんから、必ずホームページには会社の実績を記載しています。
言うことで、ホームページに会社の実績について詳しく紹介されている業者は、優良な企業である可能性が高いです。
また代表者が写真付きで掲載されていたり、会社の外観の写真などが載っていたりすれば、さらに信用できる可能性はアップするでしょう。
すなわち、ホームページを丁寧に作り込んであり企業についての説明がきちんとなされていると言う企業は信用できる可能性が高いのです。
クレジットカード現金化を利用するにあたり注意したい3つの点

クレジットカード現金化を利用したいのですが、どんな点に注意を払うと良いのか、それを知りたいのではないでしょうか。特に初めての場合には絶対に失敗したくないですし、詐欺ような被害には遭いたくないことでしょう。では確実に、そして慎重に進めて、現金化を成功させるために注意すべきことを3つ考察することにしましょう。1度経験すると、次回の時は気持ちに余裕を持って利用できるようになります。

クレジットカード現金化をうたう業者の注意
クレジットカード現金化は、いざという時にとても便利なのですが、お金に困っている状況を利用して悪いことをする業者がわずかながらあるのも現実です。現金化を装って詐欺を働く闇金業者の場合もあるかもしれません。インターネットの情報は誰もが自由にホームページを作りそれを載せることができるため、巧みに誘うように仕向けるようなものもあるのです。
ネット上で紹介されている現金化業者はたくさんありますので、1つの比較サイトだけで決めないようにしましょう。幾つかのサイトからチェックし、総合的に評価の高い、信頼できる業者を利用するようにすることです。巧みな宣伝文句や極端な換金率、普通とは違うような情報を載せているような、いわば甘い言葉には注意が必要です。

個人でクレジットカードを現金化するリスク
個人でクレジットカード現金化するという方法もあり、これが最も換金率としては良いかもしれません。確かに売れそうな商品を購入し、ネットオークションで売る、新品未開封ということでその買値とかなり近い金額をつけることは可能です。
ただこの場合注意したいのは、すぐに売れない可能性があることです。急ぎの場合には、即日で現金を調達したいのに、個人でこうしたことをすると数日かかることでしょう。最悪売れないことだって考えられます。
また、クレジットカードで購入した商品、例えば新幹線の回数券などを何度も購入するようなことをすれば、カード会社から怪しまれるというリスクがないわけではありません。それで個人のみでクレジットカードを現金化するのは、注意深く行う必要があります。


いずれ支払いの必要に迫られることを銘記しましょう
クレジットカード現金化で現金を調達することはそれほどハードルの高いものではなく、意外とあっけなくそれができて嬉しい気持ちになるものです。これから一時的な金欠の時には、消費者金融ではなくクレジットカード現金化を利用しようと思うかもしれません。
もちろんそれは個人が決めることですが、クレジットカード会社からやがて請求書が来ることを忘れないようにしたいものです。数か月後には支払いが迫られるのです。もちろん分割やリボ払いもできますので、ある程度調整は可能ですが、あくまで一時的であり、それだけの支払いが必要になるので、その後のお金の使い方、収入、支払いに充てる費用をしっかりと計画する必要があります。
計画的にクレジットカード現金化を利用すれば、うまくピンチを乗り越えることができます。