株式会社アルミネ

opening up a great future for aluminium
アルミの未来を、切り開く

私たちの、日々研究開発の結果、生産効率の高いアルミネの製造ラインで、
世界最大級の径を持つアルミ棒をコイル状で生産・出荷することにより、
アルミニウ ムによる製品化の可能性が大きく拡がりました。

アルミニウムを《軽い》金属から、未来の技術になくてはならない
《重い》役割をになう金属へと進化させたのです。
私たちはアルミニウムをさらに進化させ
新たな可能性を求めて未知への挑戦を続けています。

今回はアルミネの取り扱い製品についてご紹介いたします。

◆製品◆

▲ワイヤーロッド(整列巻)
▲棒
▲コイル取りワイヤー
▲コイル取りワイヤー
▲キャリア取りワイヤー
▲ボビン巻きワイヤー
▲板
▲条
▲ファイバードラム取りワイヤー
▲コイル取りワイヤー

◆製品開発◆

アルミネの製品開発は、未知への挑戦です。
理屈にとらわれずに考えていたら、品質とコストを両立させる技術の必要性に行き着いた。
だから、連続鋳造圧延法に注目し、研究を進めてきたのです。
アルミニウムのことだけを考えていると、アルミニウムの枠にとらわれてはいけないと思う。
だから、大阪工場内に管理棟兼研究室を設け、 時代のニーズに応える新素材の開発を始めました。
世界のトップレベルにあるアルミネの製品開発は、 未知の世界に向けて、もう動き始めています。


金属組織の結晶粒超微細化に成功!!

アルミネは研究・自社開発の連続鋳造圧延法で、金属組織の結晶粒超微細化に成功。
金属組織内部も偏析がなく、他社のどの製造方法よりも均一な材料で安定しています。
応力割れ・応力歪もありません。切削性・鍛造性 抜群です。

-------------------------------------------------------------
金属組織の均一性は、アルミニウム製品の性能について最も重要であり、合金成分が偏析した金属組織内部には、残留応力が残り、加工すると割れ・曲がりが発生し、時には経年変化で問題を起こしかねません。
アルミネでは研究・開発により、連続で組織均一・偏析なしの素材を作っています。

◆新製品情報◆

▲Hi-Si AL合金線

従来、棒のみであったアルミハイ
シリコン材料をコイル化しました。
最大2MT/コイル

▲FK35 AL-Fe系合金

従来の純アルミ系より伸び、
加工性に優れています。

会社概要

会社名 株式会社アルミネ
創業 大正10年1月
設立 昭和35年11月
代表取締社長 代表取締役社長 竹内 猛
資本金 4億9千万円
従業員

200名(総数)平成26年3月現在

従業員

200名(総数)平成26年3月現在

主要取引先

自動車メーカー・弱電メーカー・製鉄メーカー・食品メーカー・鋲螺メーカー・電線メーカー・その他

取引銀行

三菱東京UFJ銀行 今里支店・みなと銀行 大阪支店・りそな銀行 大阪西区支店・日本政策投資銀行 関西支店

本拠地

東京都中央区八重洲2丁目4-13

従業員

200名(総数)平成26年3月現在

拠点一覧

国内拠点

海外拠点

ACCESS