with allook

「生きづらさ」
を引き出し
「自分の持ち味」へ
変えていく
新しいSTARTへ繋げる
ピアサポートチーム

with allookの最新情報はこちらから

「with allook(ウィズ アルーク)」とは?

「Im ok:私のありのまま」
「You are ok:あなたのありのまま」
を大切にし
「生きづらさ」を材料に
「あなたらしい1歩」に変えていく

ピアサポートチーム(自助グループ)です。

「問題を抱えている人の集まり」
というネガティブなイメージではなく
「自分らしい選択を続けていくためのチーム」


歌って踊れるキャリアコンサルタントであり
社会福祉士でもある谷松と

保健室の先生としての経験を活かし
ストレスケア教育ファシリテーターとして
複数の学校現場で活躍中の高橋が

みなさんの一歩を引き出す
お手伝いをさせていただきます。


「なんとなく周りと違うなぁと孤独を感じることがある」
「合わせることもできるけれど、自分を大切にしたい」
「自分らしくいてたいと思っているのに
進路や就職の選択肢が分からない、、、」

そんなことを感じていませんか?

一人ではマイナスに見えていたことも
生きづらさを抱えている仲間と繋がるうちに
プラスに見えてくる。
日本ではまだあまり定着していませんが
ピアサポートは
欧米では日常的に行われている
前向きな問題解決のプロセスです。

カウンセラーとの1対1ではなく
同じような課題を抱えている人たちだからこそ
お互いの力を引き出しながら
新しい1歩を見つけることのできる
ピアサポート。

「あなたのらしく生きていく」
一人では見えてこなかった
スッキリさを体験する時間を
一緒に過ごしませんか?


イベント情報や活動の詳細は
ページ下の「詳しくはこちら」を
クリックしてご覧ください。

with allook 運営メンバー

キャリアコンサルタント
 谷松啓史

1986年生まれ愛媛県宇和島市出身。
学生時代はミュージカルについて学んだのち
東京都と大阪府の児童養護施設職員として
約7年勤務。また大学ではキャリア相談業務にも従事。
現在は、特性を持って生きる方への支援施設において
施設管理者として勤務しながら、
キャリアコンサルタントとしても活躍している。
感情を深く掘り下げ、価値観の言語化へ導くプロセスなど
自分軸の発見へつなげることを専門とする。

Hidamari Station代表・養護教諭
 高橋とも

 1983年、奈良県生まれ。
大学で心理学・カウンセリングを学び、学生時代から不登校支援事業やベトナムでの孤児院運営事業に携わる。東南アジアひとり旅での子どもたちの出会いをきっかけに「心をケアすることを仕事にしたい」と決意し、公立学校で養護教諭として勤務。
学校での勤務経験から、10代で自ら命を落とす子どものない社会づくりを目指して、ストレスケアを広めるためHidamari Stationを主催。現在は複数の学校やオンラインスクールでストレスケア教育のファシリテーターとして活躍している。

★チームメンバー募集★
私たちと一緒に
ピアサポートチームづくりをしませんか?
あなたにしかできないことを
見つける
それが私たち運営担当の得意技。
「生きづらさ」

「自分の持ち味」
にしていくチームのスタートメンバーになりませんか?
くわしくは下のボタンから♪



【基本理念】
「生きづらさを自分らしくさに変えて生きていく」
一人一人がその状態像を目指すことが出来るよう、私たちは取り組んでいきます。
当事者研究すなわち困りごとを抱えている人が、主体となり仲間と共にその苦労のメカニズムや意味を考えていきます。
そのことで、生きづらさをうまく向き合っていきつつ、自分らしさを見出していきます。
その過程において、自分も認めてあげて、なおかつ他者も認めていく。
iam ok you are ok の精神を大切にし取り組んでまいりたいと思っております。

【目的】
自分のこと、他者のことを認めあえる世の中にしていくことです。
人の五感はばらばらで一人一人違う感じ方なのに、同じと思い込んでいる状況を変えます。
そのように思っているからこそ、人はぶつかります。
生きづらさを感じていきます。自分のことが認めることが出来にくい状況にもなってしまいます。
人には、その人なりの生きやすいカタチがあります。
さらにいえば自分の生きやすいカタチじゃないとつらくなります。
生きやすさ、生きづらさを自分なりに研究し、自分らしく一人一人が歩んでいけるようにしていきます。
そうすることで、自分のこと、他者のこをと認め合える世の中になることを願っております。


with allook(ピアサポートチーム)はHidamari Stationのプロジェクトの1つです。詳しくはHidamari Stationの公式サイト、またはfacebookページよりご覧いただけます。