『ネガティブ嫉妬おブスちゃん』から
『Happyオーラ全開美人』
変わった
7つのヒミツ

ヒミツその3
Day3

言葉を味方にする

こんな経験ありませんか?

かつてネガティブだった頃の私は、

「でも」「どうせ」「だって」

という言葉を無意識のうちに

よく使っていました。


会社で何か依頼されると、

「『でも』、今週は○○があって、、
(それ受けられません)」

と返答していたり、


「アリーちゃんカワイイ」と言われると、

「またまたーそんなこと言って」と

気を使って言ってくれてると思い、

素直に受け取れませんでした。


ちょっとめんどくさいタイプだったのです。

あなたは、そんな経験ないですか?

上手くいってる人の言葉の使いかた

上手くいっている人からは、

『でも』『だって』『どうせ』は

あまり聞くことがありません。

なぜなら、上手くいっている人は、

これらの言葉を自分が発したつもりでも、

相手を否定するだけでなく、

自分を否定することにもなることを

知っているからなのです。


以前、職場に新卒3年目くらいの男の子がいて、

毎日残業続き、土日も出勤していました。

ある時仕事で、その彼への頼みごとが発生しました。

忙しい事は知っていたので、断られることも

想定内だと思っていました。

しかし彼からの返事は・・・


「いいっすよ!」と一言、

ニコニコして気持ち良い答えが

返ってきたのです。想定外でした。

私もとても気持ち良いし、

こうやって頑張っている子には、

どんどん伸びてほしいと

本気で思ったのです。

彼はそうした人柄で他の人からも

信頼されてかわいがられ

同期の中でいちばん成長しました。

もし出てきちゃっても大丈夫!

よし言葉を変えようと思っても、


今までのクセがつい出てしまうことって

ありますよね


でも心配しなくても大丈夫!

その時は、

「なんちゃってー、今のナーシ」と言って

手で左右に振り払うジェスチャーすれば

大丈夫。これならできそうでしょ。

 

こんな風に、まずはあなたの口から、

発する言葉をプラスにすることで、

自分の言葉も、相手の言葉も

まっすぐ自分を受け取る練習を

してみるといいといいですよ♪

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

次回は、

『他人の目を気にしなくていい』

をお伝えしますね。

明日もどうぞお楽しみにしてください。

そして、
今日もあなたらしく、Happyな1日に
なりますように♡