なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる

生理の貧困に終止符を
ーアレグリア・プロジェクトー

(特活)ミタイ・ミタクニャイ子ども基金

“La alegría es la forma más simple de gratitud”
喜びは感謝の気持ちを表すもっともシンプルな方法である。

例えば、誰かに対して何かをしてあげた時、してもらった側は幸せな気持ちになるでしょう。そして、その喜んでいる姿(alegría)を見て、何かをしてあげた人もまた幸せを感じます。
alegríaの受け渡しを通じて世の中の幸せを増やしていきたい。そんな思いをプロジェクトに込めています。

生理という、女性にとって人生の長い期間関わっていくものに対して、ポジティブな感情で向き合うためのalegría(喜び)をこのプロジェクトを通じて届けていきます。

アレグリア・プロジェクトについて

私たちミタイ・ミタクニャイ子ども基金は「ジェンダー平等とダイバーシティ(多様性)の実現」を団体のミッションの一つに掲げています。「生理の貧困」という社会課題に対して、バンドエイド的な支援に留まらず、”生理”という身体的女性が人生の中で長い期間にわたって付き合う生理現象に対して持続的な形で支援をしたいと考えています。

このプロジェクトでは、一般的な生理用品である紙ナプキンに加え、繰り返し使える生理用品(布ナプキン、吸水ショーツ、月経カップ、etc..)を選択肢に含めることで、生理用品を必要としている方に届けること、そして長期的な経済的負担を軽減することを目指します。
※第1回目の配布では紙ナプキンのみの配布となります。

プロジェクトを通して「生理の貧困」を取り巻く構造的な問題について発信をしていき、社会の変化を促していきたいと思っています。



「生理の貧困」とは

現代の日本では、貧困層の増加に伴い「生理の貧困」の問題が顕在化しています。「生理の貧困」とは、「生理用品を買うお金がない、または利用できない環境にあること」を指しています。海外では、何十年も前から「生理の貧困」は問題視されており、カナダやオーストリアでは、2000年代から生理用品の消費税撤廃などの取り組みが進んでいます。日本では、母子世帯やホームレスなど特定層の課題として見られてきた「生理の貧困」ですが、2020年の新型コロナウイルスによって「普通の人」も抱える問題として顕著に現れ始めました。コロナ禍による失業者は約75万人とされており、再就職も困難な状況において、多くの女性たちが生理用品を購入できずにいるという課題に直面しています。
経済的貧困により、「ナプキンを交換できず、長時間つけている」「トイレットペーパーやキッチンペーパーで代用している」など、非衛生的な環境を強いられる衛生問題にとどまらず、生理用品不足で職場・学校を欠席するなど、日常生活にも大きな影響を与えています。また、支出における優先順位が高い「食費」を確保するために生理用品を諦めざるを得ない状況に置かれているものの、生理に関する話題を話すことに抵抗がある社会の雰囲気により周りの人に助けを求めづらい状況があるなど、複合的な社会問題となっています。

実施団体

(特活)ミタイ・ミタクニャイ子ども基金

私たち、(特活)ミタイ・ミタクニャイ子ども基金は、これまで南米パラグアイを拠点として教育支援や生活改善事業、伝統工芸品のフェアトレード事業、シングルマザーを含めた農村女性のエンパワーメント活動などを行ってきました。
近年は国内事業にも力を入れはじめ、外国にルーツを持つ子ども達が抱える社会的な課題に対する支援活動の準備も進めています。

「みんなに優しい社会をつくる」というビジョンのもと、出身や性別、ジェンダー、障害の有無などに関わらず、全ての人が笑顔でチャレンジのできる環境を創るべく活動をしております。

本プロジェクトにおいても、これまで私たちがパラグアイや日本などで行ってきた女性支援の経験を活かし、「生理の貧困」に悩む方々にとって少しでも支えになれるような活動を展開していきます。

サポート団体:Cosmos

Cosmosは、誰もが自分を愛し自分の性を楽しんでほしいという思いを抱き『Embrace Who You Really Are』というコンセプトのもと、SRHR(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)*に関する情報発信、セクシュアルウェルネスアイテムの作成などを行っております。

その活動の一環として、ジェンダーレスコンドームケース作成に注力しています。これは、単なる、性感染症予防や避妊対策への啓蒙活動だけではなく、性に対するスティグマやタブーを無くし、誰もが性についてインクルーシブにディスカッションできる社会を目指しています。

生理は、身体的女性にとって長い期間付き合っていく重要なことです。それにもかかわらず、「生理の貧困」はこれまで見逃されていました。本プロジェクトには、Cosmosが常に重要視しているSRHRの観点である「誰もが自分を愛し、自分の性、そして人生を楽しんで欲しい」という思いからプロジェクトに参画していただいております。

*「性と生殖に関する健康と権利」:どんな心の性・体の性を持とうと、全ての人が自分の身体のことを自分で決めることが出来、自分で自分の将来を決めていくことが出来ること。自身の「性」と「生き方」に関わる重要なことであり、誰しもが当たり前に持つ権利のこと。

プロジェクトマネージャーからのメッセージ

みなさま、こんにちは。
特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金理事長(横浜国立大学教授)の藤掛洋子す。今年の3月に「生理の貧困」というテレビ報道もあったことから、経済的な理由などにより、あるいは家族の理解の不足により生理用品を入手することが困難な状態にある女性が多くいることが社会に広く知られるようになりました。

月経を人前で語ることをタブー視する社会規範があります。メアリー・ダグラスや波平恵美子は、月経や出産などの生理的現象を忌避する社会は世界各地に広く見られ、死の不浄などとともに、文化人類学においてはケガレとして理論化されてきたといいます(ダグラス、メアリ1985 『汚穢と禁忌』塚本利明訳、思潮社。波平恵美1988 『ケガレの構造 新装版』青土社)。

私は途上国や新興国の農村部やスラムで仕事をしてきました。途上国の村の少女たちの生理用品は、作物の葉っぱやぼろ布であったりします。また、生理の時は学校に通わない、不浄なので通ってはいけないと教えられる女の子もたくさんいます。日本にも昔ありましたが、今も月経小屋で生理日を過ごす国があります。国際協力の分野では、途上国において生理用品を配布したり、月経カップや広める支援が広く行われています。

日本の「生理の貧困」は、日本社会が生理をケガレとみなし、生理の話や性に関することを語ることをタブー視することから生まれてきているものであります。私たちは男性にも生理のことを理解して頂き、生理用品は生活必需品であるということ、そして閉経するまで40年近く続くということ、LGBTの方にも生理がくるということを知って頂き、もっと生理について語る必要があると考えています。

このような議論を重ねるきっかけを下さったHさんには心より感謝しています。

本プロジェクトに対し、是非とも多くの皆様方にご理解とご支援を頂きたいと願っております。経済的困窮や家族の理解が得られない等の理由から生理用品が手に入らない方々に対して本プロジェクトでは生理用品の配布を行いますが、予算は限られています。是非とも、ご寄付や商品の提供などご協力を頂ければ幸いです。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

プロジェクトマネージャー:藤掛洋子(横浜国立大学教授/ミタイ・ミタクニャイ子ども基金理事長)

支援に申し込む

生理用品配布プロジェクト

経済的な理由などにより生理用品の入手が困難な方に、生理用品を無料配布します。
対象
生理用品を入手しにくい状況にある女性(身体的女性)
配布内容
  • 紙ナプキン(昼用1パック,夜用1パック)
配布人数

第1回配布分:20人(応募数超過の場合は先着順)
第2回配布分:順次、情報発信いたします。

申込方法
下の「生理用品の受け取りを申し込む」のボタンより、申し込みフォームに必要な情報をご記入ください。
配布人数

第1回配布分:20人(応募数超過の場合は先着順)
第2回配布分:順次、情報発信いたします。

申込期間
2021年6月28日(月)から7月12日(月)まで
配布方法
  • 郵送
配布時期
  • 郵送:7月15日(木)頃より発送予定
配布時期
  • 郵送:7月15日(木)頃より発送予定
【個人情報の取り扱いついて】
1.いただいた個人情報は、生理用品の郵送ならびにミタイ基金の活動報告等を記載したニューズレターを希望する方への配信のために使用します。
*個人情報の管理ならびにメールの配信は、Salesforce社のシステムを使用します。ミタイ基金では、複数要素認証を使用した厳重な個人情報の管理をしています。
2.第三者に個人情報を提供することは一切ありません。
3.個人情報については、管理責任者を定めて紛失や漏洩等が発生しないよう厳重に管理します。

【回答内容の取扱いについて】
1.いただいた回答内容は、今後のプロジェクト内容の改善のために使用します。(アンケート結果をふまえて、今後の配布方法や配布内容について検討していきます。)
2.回答内容は個人が特定されないよう加工したうえで、本基金のHP上で報告に使用させていただく場合があります。

*個人情報および回答内容の取扱いに関するお問い合わせは、下記窓口(プロジェクトチーム)までご連絡ください。
Mail:alegria@mitai-mitakunai.com(アレグリアプロジェクトチーム)

プロジェクトを支援する

少しでも多くの女性にAlegríaを届けるために、ご支援をお願いします。

生理と長く、楽しく付き合うための持続的な支援を目指します。

プロジェクトへの寄付はこちらから

銀行振り込みでの寄付

銀行名:ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行からのお振込み

→記号:10200 番号:7758691
他金融機関からのお振込み
→店名:〇二八(ゼロニハチ)
普通口座:0775869

口座名義:特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金
トクヒ)ミタイミタクニヤイコドモキキン

クレジットカードでの寄付
利用可能なカード:VISA/MASTER

アンケートにご協力ください

生理用品に関するアンケート

生理用品に関するアンケートにご協力いただけますと幸いです。

お問い合わせはこちらへ

アレグリアプロジェクトチーム
Twitter