大谷大学 社会学部コミュニティデザイン学科
1回生 赤澤クラス 掲示板
※全体への連絡事項は、しばらくこの掲示板ページを使います。

■個人研究室について
・赤澤の個人研究室は慶聞館4階 K443にあります。

■メール等連絡先について
・連絡の際には、下記メールアドレス、もしくはLINEでお願いします。
 電子メール akazawa@res.otani.ac.jp

■履修登録の要点について(全体)
・登録の基本原則は、青い「履修要項」のP35になります。
・ウェブで登録について、必修科目、必修語学については、大学の方で登録されます。英語のクラスは昨日の発表を踏まえて現在、大学の方で登録中のようです。(自分で入れなくてよい)
・単位決めの順番ですが、
(1)「クラス別時間割表」にあらかじめ入っているものは必ず入れる
(2)英語のクラスを入れる(前期2科目、後期2科目、合計4科目(1単位×4科目))
(3)必修外国語2を取っている人は、それも入れる
(4)概論、講義科目を選ぶ。選ぶ際には、4/2の配布した「2018年度コミュニティデザイン履修モデル」を参考にする。
  概論Bは「公共政策概論」「社会情報学概論」「現代社会と福祉」から2教科を選んでください。
  地域政策(地域活性化)、地域情報、社会福祉のコースごとに、取るべき科目が異なるので後で詳しく書きます。
  個々までが社会学部ないし、コミュニティデザイン学科の専門科目になります。
(5)前期24単位、後期24単位、合計48単位まで登録できます。なるべくフルで登録してください。
 残りは、「現代総合科目」という、全学部学科共通の科目から選びます。
 具体的には履修要項P76、77、78にあるもので、1学年から取れるものから選んでください。
※なお、授業内容詳細は大学の情報システムOTANI UNIPAの授業計画「Webシラバス」を参考にしてください。

■履修登録の要点について(コース別)
「2018年度コミュニティデザイン履修モデル」を見て下さい。
・◯印がついているところは該当コースの必修科目と考えてください。
 その他については、おすすめですが、必須ではありません。
 (例)月曜日4限目(前期)の「社会情報学概論」(◯情・地)の場合、地域情報コースの人は必須、地域政策(地域活性化)コースの人はおすすめ、社会福祉コースの人は取らなくてよい、ということです。
 (例)火曜日1限目(前期)の「社会学」は社会福祉コースの人は必須、他コースは取らなくてよい、です。
 (例)木曜日2限目(前期)の「公共政策概論」は地域政策コースは必須、他コースの人はおすすめ、です。

●地域政策、地域情報コースの人へ
・後期の木曜日の3限目は「プロジェクト研究入門2」という授業が入りますが、現在クラス分け中で4月4日に発表します。今の時点ででは、そこに授業が入る予定だけしておいてください。

●社会福祉コースに人へ
・社会福祉コース希望の人は、履修モデルにある◯印科目を入れると、ほぼ48単位に近くなると思います。
・なお、地域政策、地域情報コースと異なり、後期の木曜日の3限目は「プロジェクト研究入門2」はありません。
 代わりに、後期火曜日4限目もしくは、金曜日1限目に「社会福祉援助技術演習1」が入ります。
 これは、どちらか1つに入るかたちになります。クラスは4月4日に発表しますので、明日発表後に追加で入れて下さい。