赤石健太の人生記録

赤石健太とは何者?
早稲田大学経営学部卒業後に
大手テレビ局に就職し、朝の情報番組の制作を手掛ける。

しかし、テレビ局の忖度による
偏った情報を流すことに耐えられなくなり転職。

転職後は有名メディアを複数取り扱うベンチャー企業にジョイン。
Webディレクターを経て、マーケティング事業部の部長に就任。

・1週間でLPのアクセス数を7倍にアップ
・販売数が1か月で100個だったサプリメントを週1000個に
・開封率6%だったメルマガを平均開封率31%に改善

Web業界で数々の伝説を残して、現在は独立。
100社を超えるコンサルティングを請け負っている。




赤石健太の歴史


群馬県高崎市で生まれる

私、赤石健太のルーツは群馬県高崎市。
中学卒業後は県内ではトップクラスの高崎高校に進学。
勉強をせずとも授業を聞くだけで常に学年トップ10を維持。
大学は推薦で早稲田大学経営学部へと進学。

大学進学後に周囲の群馬を卑下するような態度に疑問を持ち、

「高崎パスタ」「温泉」など群馬に関する情報メディアを構築。
リリース3か月で月70万PVを達成し、メディア運営の面白さを知る。

就職先に失敗した過去

大学時代からメディアを運営し、毎月80万円ほどの収益化に成功。
しかし、就職先の選択で大きな間違いを犯す。

新進気鋭のWeb系企業と安定の民放テレビ局。
両親の説得に応じてしまい後者を選択したのが大失敗だった。

企画や制作が好きだったのにそれはほぼ下請けの制作会社の仕事。
テレビ局員はただスタジオで出来を見守るだけのつまらない毎日。

1年足らずで安定を捨て去り、転職活動を始める。

大手Webメディア企業に転職

転職活動を始めると、過去のメディア運用経験がアピールになり、
すぐにWebメディア系企業にジョイン。

Webコンテンツディレクターとして、
新規メディアの立ち上げ、マネタイズ戦略、
マーケティング立案、リスト獲得、ライター育成などに携わる。

セミナー登壇数は70回を超えており、
最新のWebマーケティングを紐解く講義は
実践的且つわかりやすいと多くの受講者から評判となる。

Webコンサルタントとして独立

Web業界に入って5年で独立し、
現在は企業様の集客支援や業務効率化など、
Web全般に関わるコンサルタントとして活躍。

「赤石健太」の名前も役員の耳に届くようになり、
一度に10社以上の企業から依頼を受けることに。

一時身体を壊してしまったため、
現在は少し仕事をセーブしつつ、法人化に向けていろいろ整理中。

新規の依頼の受付は徐々にスタート予定。

赤石健太の得意分野

Web集客支援

お客様の商品やサービスを
より多くのユーザーに効率的に届けるための
施策を提案しています。

新規Webメディアの立ち上げ、LP制作
広告運用などお悩みをご相談ください。

メールマーケティング

メールマガジンの開封率やCTR、CVRを
大幅に向上させるためのテクニックを
誰もが実践できるように落とし込みます。

単なるライティングスキルではなく、
配信時間や適切なセグメントなど
データに基づいた提案も可能です。
業務効率化

Web業界に居ながらも、
なぜか一部アナログな状態で
業務の進行を妨げているケースが多いです。
そのような状態を一度クリーンにし、
2倍以上の効率化を果たします。
業務効率化

Web業界に居ながらも、
なぜか一部アナログな状態で
業務の進行を妨げているケースが多いです。
そのような状態を一度クリーンにし、
2倍以上の効率化を果たします。
赤石健太の人生記録にお越しくださりありがとうございます。
このページはWebコンサルタントである私のことを
より深く知っていただきたいと思い作成した自己紹介を兼ねたぺージです。
現在も多くの案件を抱えているため、新規での依頼は停止しております。
再開し次第ご報告しますのでよろしくお願いいたします。

お問合せ・ご予約

現在は受け付けておりません。
受付体制が整い次第ご報告いたします。