このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
080-3859-8829
受付時間:13:00~16:00
25年以上にわたる経験で培った専門知識と指導力

健康経営で健康な企業と従業員を育てよう

近年、従業員が心身ともに健康であり続けることが、新しい経営課題として注目されてます。
個人任せにするのではなく、経営側が積極的に従業員の健康に考慮し、健康な従業員の存在こそが、生産性の向上や企業ブランドの価値を高めるという考えによって生まれたものです。

企業の健康経営

健康経営とは?
健康経営とは?
従業員の健康管理を経営課題とし、戦略的に取り組む経営手法のことです。
これはアメリカの臨床心理学者であるロバート・ローゼン博士により提唱された「ヘルシーカンパニー」に基づいた経営方針です。
これまで別々ものとして独立していた「経営管理」と「健康管理」を統合し、個人の健康増進を企業の業績向上に繋げるという考え方です。
従業員の健康を重要な経営資源として捉えて、健康づくりの推進を「コスト」ではなく「将来への投資」と捉える前向きな考え方に企業の関心が高まっています。

不健康経営による弊害
不健康経営による弊害

従業員の健康管理を重要な経営課題の1つとして経営的な視点で向き合う「健康経営」の対極にあるのが、企業を負のスパイラルへ追い込んでしまう「不健康経営」です。
健康管理を怠ると従業員の体調不良が続き、モチベーションや集中力が下がってしまいます。
すると、労働生産性が大幅に低下するだけでなく、遅刻や早退、欠勤、退職の頻度が高まり、採用コストが増加してしまうのです。
このような企業体質が慢性化すると、業績が悪化し、企業イメージも悪くなってしまいます。
企業収入が減少して資金不足に陥り、健康投資をする余裕がなくなると、負のスパイラルが生じてしまいます。

健康経営が注目されるようになった社会的な背景

労働人口の減少
労働人口の減少

少子高齢化社会により労働人口が減少し、社会では「人手不足」が嘆かれています。
1人当たりの労働生産性を上げないと、企業としての生産性が低くなり経営難に追い込まれてしまいます。
そこで企業にとって財産である「人財」を第一に考えた経営方針=健康経営が考案されたのです。

長時間労働の常態化
長時間労働の常態化

労働人口の減少により、従業員一人当たりの仕事量が増えて過酷な労働を強いる「ブラック企業」が社会問題となっています。
時間外労働の増加やストレスフルな環境での労働は心身的負担が大きく、自殺や労働災害などのリスクが顕在化しました。
これらの労働環境の悪化が、従業員への健康配慮の必要性を高めたといわれています。

長時間労働の常態化
長時間労働の常態化

労働人口の減少により、従業員一人当たりの仕事量が増えて過酷な労働を強いる「ブラック企業」が社会問題となっています。
時間外労働の増加やストレスフルな環境での労働は心身的負担が大きく、自殺や労働災害などのリスクが顕在化しました。
これらの労働環境の悪化が、従業員への健康配慮の必要性を高めたといわれています。

健康経営で健康な企業と従業員を育てよう

お電話でもお気軽にお問い合わせください
080-3859-8829
受付時間 13:00〜16:00
メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

健康経営がもたらすメリット

労働生産性の向上
労働生産性の向上

従業員が健康であることは労働生産性の向上に直結します。長時間労働や職場のストレスによって従業員が疲弊し、不健康な状態にあれば、効率よく業務をこなすことは困難になります。逆に、従業員が全員健康であれば生産性は良好に保たれます。

企業が負担する医療費の削減
企業が負担する医療費の削減
従業員が疲弊やストレス、労働環境によって健康を害する割合が少なくなれば、企業は経費としての医療費を削減できるようになります。社会保障額の負担は「見えない人件費」とも言われ、従業員の健康度を上げて少しでも医療コストを軽減することが課題とされています。
離職率・定着率の改善
離職率・定着率の改善
働きやすい環境が整備され従業員の健康が保たれることで、離職率の改善につながります。働く意欲が向上するだけでなく、健康上の理由による退職や休職の割合が縮小するためです。人手不足に悩む企業が増えている現在の状況では、大きなメリットとなります。
企業のイメージアップ
企業のイメージアップ
健康経営が実現されれば、働きやすい企業、ホワイト企業といった企業イメージが定着していきます。とくに「健康企業銘柄」に選出された企業に関しては投資家も注目しており、株価の上昇が期待できます。
採用力の強化
採用力の強化
採用活動の活性化、就職希望者の増加というメリットが得られるのも見逃せません。就活生および就活生の親の多くが企業選びのポイントとして「従業員の健康や働き方に配慮している」という点を挙げているという経済産業省によるアンケート調査結果もあります。従業員の健康について真剣に取り組んでいる会社かどうかは、就職の際の大きな判断ポイントになります。
離職率・定着率の改善
離職率・定着率の改善
働きやすい環境が整備され従業員の健康が保たれることで、離職率の改善につながります。働く意欲が向上するだけでなく、健康上の理由による退職や休職の割合が縮小するためです。人手不足に悩む企業が増えている現在の状況では、大きなメリットとなります。

健康経営に取り組むべき企業の特徴

ストレスチェックの結果が悪い

2015年から企業に対して義務化されているストレスチェック制度の結果で、高レベルのストレスを抱えている従業員が多い企業は、メンタルヘルスの悪化を予防するためにも健康経営が必要です。
Characteristic

長期休業者が多い

職場のストレスによる疾病により長期休業する従業員が多いと生産性が低下するだけでなく企業イメージも悪くなります。
体調不良による遅刻や早退、欠勤が多い企業も要注意。
従業員がストレスを感じることなく働ける労働環境の整備が求められています。

Characteristic

労働時間が長い/人材不足

人材不足により長時間労働や休日出勤が日常化している企業も、健康経営が必要です。
ワーク・ライフバランスを取りにくい状況では、従業員の心身に悪影響を与え生産性が低下してしまいます。

Characteristic

長期休業者が多い

職場のストレスによる疾病により長期休業する従業員が多いと生産性が低下するだけでなく企業イメージも悪くなります。
体調不良による遅刻や早退、欠勤が多い企業も要注意。
従業員がストレスを感じることなく働ける労働環境の整備が求められています。

Characteristic

経済産業省の取り組み

健康経営銘柄
健康経営銘柄
経済産業省では、健康経営を推進していくうえでの取り組みの一つとして「健康経営銘柄」を実践しています。
健康経営銘柄とは、上場企業の中から優れた健康経営を実践している企業を選定するというものです。
選定の対象になるのは東京証券取引所で公開している上場企業33業種で、各業種からそれぞれ1社ずつ選ばれます。
健康銘柄として選ばれると、魅力的な企業として投資家に優先的に紹介されるという特典が用意されています。
株価が上がることも期待でき、企業価値を高めていくことも見込めるでしょう。
優良企業として社会に認識されれば、自社製品やサービスのアピールにもつながります。健康経営を実践すれば企業そのものの価値を上げる効果も期待できるということです。
社会的な評価も高まれば、投資家や株主が投資先を決める際の判断材料にもなります。

健康経営優良法人
健康経営優良法人
経済産業省が健康経営を推奨するに当たって取り組んでいることの一つに「健康経営優良法人認定制度」があります。
この取り組みは株式上場をしているかどうかに関係なく、一般企業から医療法人まで多くの企業が認定の対象になるというのが特徴です。
上場企業しか該当しない健康経営銘柄とは異なり、株式未上場の企業であっても自社の取り組みを評価してもらえるチャンスがあります。
日本健康会議が認定を行うこの取り組みによって、2019年8月1日の時点で大規模法人部門の「ホワイト500」には818法人が、中小規模法人部門では2502法人が認定を受けています。

企業フィットネス

企業フィットネス
本格的な高齢化社会を迎え、今企業にとって最も重要なテーマは従業員(特に中高年層)の健康作りと質の高い労働力の維持だと言われています。職場を活性化し社員の健康意識を高め、心と体のバランスを保つことで、結果的に企業の生産性を高めます。
企業で働く皆様の健康維持、増進、ストレス解消を目的とし、出張で運動指導を提供致します。

目的と効果

  • 日頃の運動不足を解消
  • 運動する意識付け
  • リフレッシュとリラックス
  • 運動することにより精神バランスも整える
  • 時間のない忙しい方々に、強制的に運動する機会をご提供
  • 運動する意識付け

健康経営で健康な企業と従業員を育てよう

お電話でもお気軽にお問い合わせください
080-3859-8829
受付時間 13:00〜16:00
メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

会社概要

会社名 株式会社xxxx
TEL 080-3859-8829
所在地
兵庫県西宮市松籟荘10番7号
アクセス
阪急今津線「甲東園駅」から徒歩3分
代表者 赤川 貴弘
≪資格≫
健康運動指導士
保健体育教諭中学1級・高等学校2級
営業時間
電話受付 13:00~16:00
企業向け研修は、土日祝日で対応致します。
リンク
所在地
兵庫県西宮市松籟荘10番7号

代表メッセージ

代表メッセージ
身体を正しく使えば能力は開花する!
プロ野球チームのトレーニング&コンディショニングコーチ、また、医療機関での経験を生かし、企業様向けに体づくりのサポートを行い企業の健康経営・健康増進を支援しております。
経営者の方や役職者方の人材育成に関するお悩みに対して、25年以上にわたる経験で培った専門知識と指導力で一人ひとりに合ったプログラムの提案やアドバイスを行い、解決へと導くお手伝いをしております。
健康増進・体力アップ・持久力アップ・運動機能改善・ダイエット・ストレス解消を通してビジネスでのパフォーマンス向上を目指します。

お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信