半年で  
 数百万円の 
 利益を出す 
不動産投資法

不動産転売法
皆さんは不動産投資は家賃収入がメインでたくさんの借入をしないといけないと思っていませんか?
不動産投資では、融資を使う方法と、使わないで現金で買って行く方法があります。融資を使えない方は諦めることなく、この方法で利益を出していく事ができます。

こんな方におすすめです

  • 属性の関係で、融資を組めない方。
  • 家族に借入を反対されている方。
  • 最初は小さく不動産投資を始めたい方。
  • 自己資金が300万円以上ある方。
  • 不動産投資の一連の流れをやってみたい方。
  • 家族に借入を反対されている方。

半年間で数百万円の利益を出す方法

たった半年の間で、どうやって不動産投資で利益を出すのかをお伝えします。

1.自分の投資の方向性を決める。
自分の自己資金でどのくらいの価格帯までなら物件を買えるのか、どのエリアで探していくかを決めます。
少額なら基本的に戸建を探します。多額の資金がある場合はアパートも可能です。

※転売を繰り返すと、宅建業法を取得しないといけなくなります。何度も繰り返す場合は、宅建業法を取得ください。
※融資を使ってすぐに売却してしまうと、銀行からのイメージが悪くなります。即売却を考えている場合は、融資をなるべく使わない事をオススメします。
※中古区分マンションは相場がほとんど決まっているので安く売りに出ることはほとんどありません。誰でも融資を使って買えるので、買える層が多いからです。
破格な物件は基本的に、戸建やアパートの方が見つけやすいです。

2.物件を探していく。

自分の買いたい物件を探していきます。この時に、過去に取引のある不動産業者さんに激安ボロ物件を買いたいという事を連絡します。過去に取引のある業者さんは、良い物件が出た時に紹介してくれる可能性が高いです。
それ以外にインターネットでひたすら探します。空き家バンクなども探します。そこそこ安いものは値下げしてもらえないか聞きます。ひたすら探す作業をします。

※ここで探せば必ず良い物件、破格の物件が出るというのはありません。ここは地味な作業ですが、しっかり探していきます。
※転売しても利益の出るような物件は、ほぼボロボロだったり、かなり田舎だったりします。それでも怯まず買います。そういうところに利益があります。
現金が欲しいから急いで売りたい、相場がよくわからないので言われた値段で売る、相続税を払うために急いで売る、などがあります。そういうのは不動産会社が安く買い取ってしまう事が多いのですが、ニッチな安い戸建はアパートと手間が一緒なのに利益が少ないので、個人投資家に渡してくれる事があります。

3.物件を見つけたら計算をする。
良いなと思った物件を見つけたら計算をします。購入金額、リフォーム代、賃貸での家賃、売却金額を考えていきます。リフォーム代は買う前におおよその金額を考えますが、実際リフォームすると、予想外の費用がかかることもあります。リフォーム代が予想より多くかかる事を想定して、自己資金は多めにしておく事をオススメします。
ファミリー物件は空室の方が高く売れる事があります。物件ごとに、賃貸中投資物件で売った方がいいのか、実際住む方に売った方がいいのかを考えいます。
不動産は取得税、売却した時の利益にかかる税金もありますので、税金を支払ってもしっかり利益が残るか調べておきます。

※売却するときの金額をしっかり想定し、それよりも遥かに安い金額で買わないと割りにありません。ここの収支を確認してから買う事が大切です。

4.実際に買ってリフォームして、売却する。
実際に購入をし、リフォームする場合はします。リフォームは割高の業者さんに頼まないようにしましょう。その後賃貸募集する場合は、募集します。そして売却する場合は、売却を不動産会社さんに依頼します。売却も複数社に依頼した方がいい場合、金額が安い時は一社に依頼した方がいい場合、などがあります。

※売却する時になかなか売れない場合は、入居付けしておいて、売れても良いし、売れなくても家賃が入ってくる状況にする、などの方法もあります。物件ごとに考えていくのが良いです。

5.売却したら自己資金が増える。
売却が無事できたら、自己資金が増えます。自己資金が増えても再投資に使いましょう。
仕事を辞めるまでは、不動産で得た利益は一切使わないようにと私はいつもお伝えしています。

自己資金がない方に

不動産転売をしたいけど、自己資金がない・・・という方もいらっしゃるかと思います。
そういう方のために、自己資金を作る方法もお伝えする事ができます。

私が過去にした事のある方法は下記です。

1家にあるものをメルカリで販売し、1ヶ月で32万円。
2家にある使っていないPCを買取業者に出して1万7000円。
3MNPで1台につき4万円の利益。
4マンションを解約し、実家に住む。
5毎月の生活費をトータル6万円まで切り詰める。
6仕事を頑張って収入をあげる。


それ以外にも利益を出す方法はたくさんあります。
物販で利益を出すこともできます。
自己資金がないからできません。仕事が忙しいから出来ません。ボロボロすぎて怖くて買えません。と出来ない理由を探すことは簡単です。
できる理由を見つけて頑張る事が大切だと思っています。

自己資金を増やすのに私が反対するのは、自身でのFX取引と現金振り込み投資です。
ご自身での取引のFXは、ほぼ100%資金を減らします。私の周りの人で、自身での取引で利益を出したという話は聞いた事がありません。損したという話は相当数聞いています。
また会社や個人に、現金を振り込んで(手渡しで)投資することは反対です。
どんなに信用している人でも、現金を渡したら基本返ってきません。私も何度かしてきました。(汗)
逆に減らすことになるので、気をつけてください。

再現性ある方法

この方法は極めて再現性があります。
そして不動産投資家の多くが、売却をすることで自己資金を増やして再投資をしています。
融資を使っている物件でも、現金で買った物件でも、同様のことです。

不動産投資は売却までして初めて利益が確定します。いくらCFがあっても、いざ売る時に安い値段でしか売れないのなら、今までのCFが消えてしまいます。なので私は普段、CFだけでなく売却する時にいくらで売れそうかしっかり確認をするようにお伝えしています。例え売却しないつもりでも、そこは考えておかないといけませんし、そもそもいつ売っても損しないで売れるような物件を買わないといけません。

しかし、この転売方法は学ばないといけない事がたくさんあります。

不動産業者さんとの付き合い方。
火災保険。
税金のこと。
リフォームノウハウ。
売却戦略。

一度成功したら、ご自身で繰り返しできるようになります。
※繰り返しすることで宅建業法違反になる可能性がありますので、その前に宅建業を取得してください。

私は物販の転売を学びましたが、不動産の転売は1回の利益が大きいです。
少しの労力で、利益を出せたらとても嬉しいですよね。

過去の事例

私の過去の事例を紹介させていただきます。

100万円で購入。
リフォーム代30万円。
半年後の350万円で売却。

約2000万円で購入し、4年後に売却して、売却益800万円。

プロフィール

プロフィール

奈湖ともこ
1991年、東京都生まれ。OL
21歳の時に不動産投資を知り、22歳で横浜市の1棟アパートを購入。その後物件を買い増し現在アパート2棟、戸建て4つ、倉庫、区分マンション、自販機を所有。
年間家賃収入1000万円、毎月のCF50万円を突破。不動産投資の素晴らしさを伝える活動をしている。

TV朝日の「お願いランキング」出演。書籍2冊出版。
「元ギャル女子高生、資産7000万円のOL大家さんになった方法!」(ごま書房新社)
「最新版”元ギャル”が資産8000万円の大家さんになったヒミツ!」(ごま書房新社)
多数セミナーでの講師経験。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめまして。奈湖ともこです。
私は高校を中退してしまい、将来の漠然とした不安が常にありました。1991年生まれで、バブル崩壊後、ただ普通に安定して生きられればそれでいいと思っていました。21歳のときにひょんなことから、不動産投資セミナーに行き、不動産投資の素晴らしさに気づきました。そこから不動産投資を勉強し、なかなか買えない時期に悩んだこともありました。しかし1つ目の物件を購入してからもう5年が経ちますが、現在家賃年収1000万円毎月のCFが50万円になり、OLの収入を超えました。不動産投資を始めて本当に良かったと思っています。漠然とした将来の不安もなくなり、いつOLを辞めても大丈夫と思えるようになり、お金の知識も身につきました。
「不動産投資を始めたい!」
「何もすればいいのかわからない!」
「少しでも安心して暮らしたい!」
そんな方のお役に立てたらと思っています。

書籍・メディア出演