日本一多様なアフリカネットワーク
アフリカ日本協議会
新規入会・寄付キャンペーン実施中!
Hand in hand with people of Africa

アフリカ日本協議会(Africa Japan Forum/ AJF)について

アフリカ日本協議会(AJF)は、国際協力や研究、ビジネスでアフリカに関わる人からアフリカ大好きな人まで、あらゆる立場の「アフリカ関係者」ネットワーク団体です。
AJFは、アフリカの人々の生きる姿を日本に伝えること、対等なパートナーシップを結ぶことを目的に、活動しています。
きっかけはアフリカ開発会議(TICAD)
アフリカ日本協議会は、1993年に日本政府の主催で開催された第一回アフリカ開発会議(TICAD)をきっかけに設立されました(1994年にNPO法人認証)。
以後、AJFはNGOネットワークの中核として、TICADやアフリカに関わる日本のNGO、アフリカのNGOのコーディネートを継続的に行ってきました。

また、アフリカ各国の事情に精通した会員とともに、アフリカの魅力や現状を伝えます。自然環境保全、食料・農業、HIV/AIDSと国際保健については、継続してアフリカでの取り組みを伝えています。


持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて
2015年9月、途上国と先進国が2030年までに達成すべきグローバル目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」が、国連総会で採択されました。
環境問題や飢餓、開発課題等、アフリカに関わる多くの問題は、グローバルな問題により引き起こされている。このような考えの下、AJFは市民社会の中でグローバル課題に中心的に取り組むようになりました。

現在、SDGs達成に向けて国内啓発や政策提言を行う市民社会ネットワーク「動く→動かす」と「SDGs市民社会ネットワーク」の事務局として、SDGsに取り組む市民社会の活動のコーディネーションを担っています。
アフリカにルーツを持つ人々とともに

日本に暮らすアフリカにルーツをもつ子どもは2万人以上。学校等で悩みをもっている子どもも少なくありません。AJFはアフリカにルーツを持つ子どもたちが自信や希望を持って成長していけるよう、支援しています。

また、アフリカ出身者の生活相談の窓口となったり、アフリカ理解を広げる活動を協力したりして行っています。

アフリカン・キッズ・クラブの活動はこちらから
きっかけはアフリカ開発会議(TICAD)
アフリカ日本協議会は、1993年に日本政府の主催で開催された第一回アフリカ開発会議(TICAD)をきっかけに設立されました(1994年にNPO法人認証)。
以後、AJFはNGOネットワークの中核として、TICADやアフリカに関わる日本のNGO、アフリカのNGOのコーディネートを継続的に行ってきました。

また、アフリカ各国の事情に精通した会員とともに、アフリカの魅力や現状を伝えます。自然環境保全、食料・農業、HIV/AIDSと国際保健については、継続してアフリカでの取り組みを伝えています。


あなたもAJF会員となって、アフリカのネットワークを広げませんか?

AJFはアフリカ各国に精通した
会員をたくさん有しています。
文化、経済、政治、農業、保健医療、環境保全、紛争、法律等、
その分野は多岐にわたります。

SDGsに取り組む市民社会、
アフリカでのビジネス。
アフリカ地域研究。
最強のアフリカネットワーク
人の輪を広げませんか?
AJFは、アフリカの知識の宝庫。
会員の方々が中心にアフリカの
最新情報をお届けする
会報誌「アフリカNOW」を
無料で配布いたします。
AJFは、アフリカの知識の宝庫。
会員の方々が中心にアフリカの
最新情報をお届けする
会報誌「アフリカNOW」を
無料で配布いたします。

キャンペーン期間中、AJF刊行物をプレゼント!
(2016年11月~2017年3月)

知識の宝庫、AJF。
さっそくアフリカについて、知ってみよう!
キャンペーン期間中ご入会いただいた方には、AJF刊行物をリストから1点無料で差し上げます。
アフリカの農業、環境、保健、ミレニアム開発目標。
ぜひAJFの知識の宝庫からたくさんの情報を得てください。

AJFの活動は、皆さまからのあたたかい寄付によって支えられています

アフリカにルーツを持つ
子どもたちが
自信や希望をもっていけるよう、
活動の支援になります
SDGsの実施に向けて、
日本は、アフリカは、世界は
どう取り組むべきか
市民社会の声を発信します
アフリカの人々の声をTICAD
届けるべく、政策提言の
活動に充てられます
アフリカの人々の声をTICAD
届けるべく、政策提言の
活動に充てられます

会員の方々の声

アフリカ日本協議会の会員になるメリットは、その活動に加わり、広報誌『アフリカNow』などを読んで、アフリカの実情、現状をよく知ることができることでしょう。通りいっぺんの知識ではなく、日本の市民の一員として、アフリカの人々とどのような関係をもつべきなのかを、とくに食料、感染症、環境保全、日本にいるアフリカ人の子供たちなどの問題を通して学び、その取組みに参加できます。
(続きはこちらから)
吉田 昌夫 氏
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会初代代表、元アジア経済研究所地域研究部長、元アフリカ学会副会長
日本から、こんなに多くの人がアフリカに関わっているのか!それがアフリカ日本協議会に参加した時の率直な感想でした。アフリカは近い、つながっている。その実感を最も強く感じられるのが、アフリカ日本協議会の強みです。
稲場 雅紀 氏
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会国際保健部門ディレクター、「動く→動かす」事務局長、「市民ネットワーク for TICAD」世話人
AJF会員になって得することがたくさんあるが、最大のメリットは、逆説的だが、日本のことがよりよく見えるようになることだろう。日本だけを見ていることでは持てない視点が身につくからだ。多様性豊かなアフリカほど多文化の学びに適していることころはない。アフリカを知ることは日本を知ることなのだ。
白鳥 清志 氏
アフリカ理解プロジェクト副代表

アフリカネットワーキングパーティー2016開催!
(2016年12月14日(水)18時~20時 於:駐日ケニア共和国大使館)
(終了しました)

アフリカを語り、アフリカのネットワークを広げよう
会員になる前に、どんな人たちがいるのかな?
年末交流パーティに参加してみませんか?

AJFは、毎年会員の交流パーティーを開催してきました。
今年はTICAD VIがケニアのナイロビで開催されたことから、駐日ケニア共和国大使館、「市民ネットワーク for TICAD」の協力を得て、以下のとおり開催することとなりました。

アフリカ、SDGsのネットワークを広げたい方、会員にならなくても足を運んでアフリカのネットワーキングをするだけでも構いません。
ぜひこの機会にお越しください!
(当日はケニア料理と南アフリカのワインをご用意する予定です)

★日時:2016年12月14日(水)18時~20時

★場所:
・駐日ケニア共和国大使館
 (所在地)東京都目黒区八雲3-24-3
 (最寄駅)東急東横線・東急大井町線「自由が丘」駅より徒歩10分
     都営バス・ 東急バス「八雲三丁目」下車 徒歩2分
 <バス路線>
 「目黒~二子玉川」(黒02)
 「東京~目黒~等々力」(東98)
 「渋谷~田園調布」(渋11)
 (アクセス情報)http://www.kenyarep-jp.com/embassy/access_j.html

★参加費(フード&ドリンク代込)
・一般:5,000円(ペア、家族は一人当たり500円引き)
・AJF会員:3,500円(ペア、家族は一人当たり500円引き)
・学生:一律2,000円(学生証をご提示ください)
・小学生以下:1,000円
・未就学児:無料
※当日入会歓迎!会員価格でご参加いただけます。

★参加お申込み
2016年12月10日(土)まで
申込みフォーム:https://goo.gl/forms/r80Hk0Idga4ZogkZ2
※40名になり次第締め切りますのでお早めにご登録ください。
※当日キャンセルのないようお願いいたします。

★主催:特定非営利活動法人アフリカ日本協議会
 協力:駐日ケニア共和国大使館、マシューコウズバッファローズカフェ、市民ネットワーク for TICAD
AJFの会員になる・AJFの活動に支援する
アフリカ日本協議会の活動は、皆さまからのあたたかいご支援により支えられています。
最強のアフリカネットワークに仲間入りされたい方。
SDGsに取組みたい。TICADを機にアフリカでのビジネス展開をしたい。アフリカ通になりたい。
2017年、新たな目標の実現に向けて、AJFネットワークに仲間入りしませんか?