ー ZOOMセミナーのご案内 ー  

 何があっても事業継続 

株式会社A.I.P
小樽支店

何があっても事業継続

何があっても事業継続」のご案内

本セミナーでは、経済産業省が強く押し進める「事業継続計画」について、企業経営を取り巻くリスク対策の観点から、「本当に必要な事業継続計画について」企業の実態から、不安と課題の解決を提案していきます。

このセミナーで得られるもの

1.「事業継続計画(BCP)」作成の必要性と財務視点からの実現性。

2.「事業継続力強化計画」とBCPの違い。作成の問題解決と支援。

3.「リスクマネジメント」の概略と手法とコストダウンの仕組み。

さて、事業を行う上で、どのような立場においても努力し前進している限り「人事を尽くして天命にまかす」という場面は来ます。

というよりは、尽くしても尽くしてもこれで良いという事はなく、不安は尽きないものです。期日を迎え、行くしかないと腹を決め天に祈る。そんな日常ではないでしょうか。

自然災害対策、経営環境対策、労務災害対策など事業継続に係わるリスク対策においても同様に「これで良い」という事はありません。

災害が続く今では、想定外は「言い訳」と捉えられることが多く、事業を止めることは許されません。

コロナ禍の今は、起きる災害は複合災害になります。
更には今までに無いような様々な事件や事故が発生しています。
経済産業省(中小機構)が強く推奨する、「事業継続力強化計画」並びに「事業継続計画(BCP)」の意味を理解し、激変する想定外の事態に遭遇しても対応できる準備が重要だと考えています。 災害対策に「計画を作成していません」は許されない時代になりました。 何が起きても想定内と捉え、減災と防災対策で事業継続から受注拡大への戦略をご提案致します。
ご希望の企業様には「事業継続力強化計画」並びに「事業継続計画(BCP)」作成のサポートもございます。是非ご参加ください。

お申し込みをお待ちしております。

企業の灯りを消さない

aip-contact@arice.co.jp
1.「事業継続計画(BCP)」の
  重要性
いつか必ず起きる大地震。
環境変化は自然災害以外も。
対策計画を立て、訓練し企業責任を果たす、自己資金での復旧対策。

2. なぜ今、事業継続力強化計
  画が推奨されるのか

問題点は分かっていても対策を立てられない理由がある。
問題点の分析と、課題解決。作成支援。
3. 災害時の経営計画は
  リスクマネジメントから
借入金だけの復旧対策では企業の再建が難しくなる理由。
リスクコントロールとリスクファイナシング。
3. 災害時の経営計画は
  リスクマネジメントから
借入金だけの復旧対策では企業の再建が難しくなる理由。
リスクコントロールとリスクファイナシング。

参加お申し込み

下記のフォームに、ご記入の上お申し込みください。
後日、メールによりZOOMのURLとミーティング番号、参加パスワードをお送りいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
株式会社A.I.P

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目19ー13丸美屋ビル6F

「何があっても事業継続」セミナー事務局 小樽支店
北海道小樽市花園3丁目14-10
TEL 0120-971-721/FAX03-6683-7878
【mail】aip-contact@arice.co.jp