筆界特定制度を活用で
土地境界トラブルをスムーズ解決

筆界特定制度を活用すれば、公的な判断として筆界を明らかにでき、隣人同士で裁判をすることなく、筆界をめぐる問題の解決を図ることが可能です。セントラルは土地家屋調査士法人としての数多くの実績を活かし、土地境界に関するトラブルの早期解決をお手伝いいたします。

初めての方へ

下記のようなお悩みを抱えるあなた様をご活用いただけます

隣地所有者が立会、境界確認に応じない場合

その土地を売買する際には、隣接する土地の所有者に境界を立会確認する必要があります。その立会確認に何らかの理由により対応いただけない場合にご活用いただけます。

境界の主張が相違し、合意できない場合

境界について双方の主張が相違し、手を尽くしたものの決め手がなく合意できなかった場合にご活用いただけます。

所有地の共有者が境界確認に協力しない場合

境界確認の対象となる土地の所有者が複数の場合、その共有者の一部が何らかの理由により立会確認に対応いただけない場合にご活用いただけます。

官民境界確認で利害関係人の承諾が得られない場合

官民の境界確認手続きの際に役所から要求される、利害関係人の承諾が得られず官民境界確認が完結できなくなっている場合にご活用いただけます。

境界の主張が相違し、合意できない場合

境界について双方の主張が相違し、手を尽くしたものの決め手がなく合意できなかった場合にご活用いただけます。

筆界確定とは

筆界特定制度とは平成18年から施行された不動産登記法により創設された新しい制度で、裁判によるまでもなく、筆界特定登記官(行政)が筆界調査委員の意見を踏まえ、さまざまな事情を総合的に考慮し、対象土地の筆界を特定する制度です。

対象土地の所在地を管轄する法務局または地方法務局の筆界特定登記官に対して、法律に規定された事項に記載し、筆界特定の申請をすることになります。

土地家屋調査士法人セントラルの筆界特定サービス

New
筆界特定スタンダードプラン
¥500,000~
確定測量図や今までの経緯などを、所有者(地権者)から提供していただける場合の筆界特定サービスプランです。
New
筆界特定プロフェッショナルプラン
¥1,000,000~
今までの資料がなく、一から測量を実施することが求められる場合の筆界特定サービスプランです。
New
筆界特定プロフェッショナルプラン
¥1,000,000~
今までの資料がなく、一から測量を実施することが求められる場合の筆界特定サービスプランです。

活用マニュアル

主なご依頼者別のメリットと筆界特定までの流れをお伝えします!

不動産仲介事業者の方へ

土地の境界を特定させないと、買主は限られてしまうため、売却代金は下がってしまいます。筆界特定サービスを用いることで、売買対象となる土地をより早くスムーズにやり取りすることが可能になります。また、セントラルが持つ土地家屋調査士法人としての数多くの実績を活かし、境界トラブル発生時でも問題を長期化させることなく、早期解決を図ることができます。
Step.1
筆界特定が必要となる事由の発生
Step.2
土地家屋調査士へ委託
Step.3
土地家屋調査士が受託
Step.4
見出し法務局・市町村区役所・その他調査
公図・地積測量図・登記登録・隣接土地所有者調査・道路確定等調査等
Step.5
測量・測量図作成
Step.6
法務局へ申請
Step.7
筆界特定
Step.1
筆界特定が必要となる事由の発生

会社案内

事務所名 土地家屋調査士法人 セントラル
代表 本間 秀樹
所在地 〒444-0863 愛知県岡崎市東明大寺町11番2
業務内容
土地建物の登記・調査測量
ホームページ
http://honma-t.com/
業務内容
土地建物の登記・調査測量
営業時間 平日 AM8:30~PM6:00
TEL:0564-87-2727
※事前予約で休日対応も可