浄化と癒しで心を照らし
個性を輝かせるキャンドル

アグモキャンドルは、浄化と癒しのキャンドルです。

岩塩・色・貴石・数秘術・シンボル・香りなど、
浄化や癒しをもたらす素材と叡智を用いて
キャンドルを制作しています。 

浄化と炎でこころを照らし、個性を輝かせ、その光を広げていく。
 
”自ら光り輝くことで、まわりも輝く”

自分の才能を活かすことで、みんなも幸せにしていく。
そんな、キャンドルのようなミッションを持つあなたを応援しています。

なぜ、浄化なのか

心が落ち着いてスッキリすれば、本心が見やすくなる

現代は、情報に溢れています。

それは良いことでもあるけれど、つい色々な話に振り回されたり、考えすぎたりしてしまうことも。

「やらなきゃいけないことがたくさんある」
「考え出すと止まらない」

そんなときこそ、いったん心を落ち着かせる必要があります。

そのときに役に立つのが浄化です。

「浄化」をかたちにしたい

「心をスッキリさせる」と言っても、心は目に見えません。

いったいどうやったら、目に見えるかたちで浄化ができるのか?
そう試行錯誤したときに「良い」と知ったのはお塩でした。

「塩」で浄化する

塩の浄化と言えば盛り塩。
しかし……

「盛り塩」は浄化と商売繁盛の両方にご利益があると言われる、古くからある風習です。

玄関や神棚などの大切な場所に塩を山型に盛ります。

「盛り塩」をお家で試してみたことはありますか?

やってみるとわかるのですが、塩はすぐに湿気を吸い、こまめに交換が必要だったりと、意外に手入れが大変なのです!

そこで気づいたのがキャンドルでした。

盛り塩を、キャンドルに

塩×炎=ダブル浄化

さまざまな塩をキャンドルに入れては試し、「これだ!」と感じたのはヒマラヤ産の岩塩。キラキラと美しく、湿気も吸わず、体感もクリーンです。
さらに、盛り塩をキャンドルにしてよかったことがもう一つあります。

「炎」も、不要を滅する象徴で、浄化の存在なのです。

塩×炎=ダブル浄化

さらに炎は、天から福をいただくための供物の象徴。

塩とキャンドルが融合して、さらにパワフルになりました。

浄化した、そのあとは?

色でこころをたしかめると、道が拓いていく

やりたいこと、こわいこと、乗り越えたいこと、得たいこと、愛していること。

心がスッキリしてくると、見えてくるのは自分の気持ち。
その気持ちに気づかせてくれる助けになるのは色です。

「この色が気になるときはどんな気持ち?」
「いまの私の夢をかなえるのは、どんな色?」

気になる色は、自分の心を反映しています。

アグモキャンドルは、色彩心理に基づいて作られているキャンドルです。

色を見つめることで、向かうべき道がはっきりと見えて、拓いていきます。

なぜキャンドルが癒しになるのか?

キャンドルの炎は1/f(エフ分のイチ)というリズムで揺れます。
これは心音や波とも同じ波長。
見ているだけでやすらぎ、落ち着いてくる自然のリズムです。

そんな癒しのリズムだからこそ、キャンドルを眺めるだけで呼吸や心が自然の状態に戻っていきます。

また、人工的な光とは異なり、目に優しい明かりであることも癒しの特徴のひとつです。


アグモキャンドルのこだわり

オリジナルデザインのハンドメイド

シンプルでミニマムなデザインと、置くだけでアートになるデザインの両方を制作。

・こころをかたちにするキャンドル
・こころがかたちになったキャンドル

使い勝手とアートを両立させることを目指したオリジナルの形を追求しています。

アグモキャンドルのエッセンス

盛り塩

カラーセラピー

数字モチーフ

象徴的なフォルム

アート性

インテリア

アグモキャンドルの、癒しのステップ

  1. 気になるキャンドルを選ぶ
    心惹かれる色や形は、心理を反映しています。選んだキャンドルから、いまの心が明らかになります。
  2. 火を灯して癒され、浄化する
    癒しの波長を眺めることで気持ちが穏やかになり、盛り塩の浄化もあいまって、心がクリアになっていきます。まるで凪いだ水面のように、落ち着くことで心の奥底が見えやすくなります。
  3. 気持ちを受け止める
    落ち着いた状態で、自分がいまどういう感情を持っているのか、どんな気持ちなのかを感じてみましょう。ヒントは、キャンドルの色やメッセージにあります。
    喜びや悲しみ、楽しさや嫉妬など、どんな気持ちであってもまっすぐに受け止めましょう。
    心を正しく理解し受け入れることで、自分のギャップがなくなっていきます。
  4. 本心に気づく
    自分の気持ちを受け止めると、自分がどういう状態なのか、これからどうしていきたいのかが明らかになってきます。本心を大切に確認し、これからの道を思い描きましょう。
  5. 想いを形にしていく
    個性や夢は千差万別。進むべき道を後押しするメッセージのキャンドルを選んで、あなただけのストーリーを人生にしていきましょう。

    アグモキャンドルで不要なものを浄化して、本質をキラキラと光り輝かせましょう。
    その光はあなただけでなくみんなの心を照らし、みんなで幸せになる道を作ります。

幸せの光をひろげていくキャンドルでありたい

アグモキャンドルが生まれるまでのストーリー

こんにちは、アグモキャンドルを制作している小池安雲です。

私は元々、カラーセラピスト・数秘術師として癒しの仕事をしていました。
(今もしています)

カラーセラピーは、気になる色から心理を読み解くもの。
数秘術は、誕生日や名前から持って生まれた性質を読み解くもの。

いずれも「心を明らかにする」ものだからこそ、「明るく照らす」キャンドルに心惹かれたのかもしれません。

ある日キャンドルを眺めていたときのこと。
火がともり、周囲を柔らかく照らしているのが見えます。

「ああ、これは人と同じだ」と感じました。
自分らしく光り輝くと、自然とまわりを明るくする。
才能を発揮すれば、それがみんなの助けになる。

「人もキャンドルもいつか燃え尽きるけれど、灯っているうちは明るく輝いていたい」
そんな気持ちを持つ人を応援できれば、と思ってアグモキャンドルを作りました。

お手に取っていただき、キャンドルとともに幸せの光が広がり、重なることを願っています。