幸福感を40%高める老い方をあなたへ

私たちエイジングタスクは老いに備え、いつまでも理想のあなたへと導きます。

老いを知ること。
年齢の垣根なく、結びつきを大切にすること。
自らの人生を後世に託すこと。
そのタスクに答えていく。
セミナーの詳細はこちら
AGING TASKが挑戦する3つのタスク
人生の終わりに、私たちは何を後悔するのでしょうか

・健康について、もっと自分を大切にすればよかった
・挑戦と経験について、もっと自分に正直に生きればよかった
・家族や人間関係について、もっと愛や友情に時間を使えばよかった

アナタはこのタスクに備えていますか

老いを学ぶタスク


アナタは1年先、歩けなくなってしまうと思いますか。そうは思わないと思います。
では、10年先はどうでしょうか。20年先はどうでしょうか。

アナタにとって本当に大切なものは、目の前のずっとずっと先にあります。
この問いかけにしっかり頷ける準備が出来ていますか
運動を通じて、自らの老いを学ぶ。

仕事に縛られないタスク

挑戦や経験には時間が必要です。
しかし、1日の多くは、仕事というタスクに縛られています。
周囲の人と同じ競争をしてしまうドッグレースに心身ともに疲れていませんか。

大切なのは競争ではありません。アナタが本当に得たい未来は掴むことです。
アナタは今、仕事に振り回されていませんか。
時間をコントロールし、やるべきことを見つめる。

後世にたくすタスク

これまでの人生でアナタは何を得ましたか。
それをただアナタの中で眠らしていてはいないでしょうか。

アナタは後世に何を託したのでしょうか。
若い世代との交流こそが、今一番必要なのではないでしょうか。
人と人をつなぐことで生まれる未来は老いのスポットライトになります。
セミナーの詳細はこちら

プロフィール

・1988年生まれ

・幼少よりアトピー性皮膚炎に苦しむ。中学・高校といじめに会うが、その辛さを読書によって得たファンタジーの力で乗り越えた。

・神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 理学療法学専攻卒業

・卒業後、大阪市内急性期病院に就職。その後、介護保険分野を中心に経験する。20代にして管理業務を就く。

・医療現場にて患者様が適切な知識を持つことで、自らの苦難を受け入れ、治療に取り組めるようになる姿に触れ、知識の重要性を学んだ。

・“老いに備える、老いを若やぐ”をテーマにAGING TASKを発足。自らの培った“読書”“リハビリ”“ビジネス”を力に変えてに活動する。

・趣味はロードバイク競技(実業団登録)、月30冊程度の読書、料理。最近はペットが飼いたい。