転職エージェントを使いこなせ!

転職エージェント、仕事、転職、会社生活、社会人、第二新卒

転職エージェントの基本知識


多くの転職希望者が複数利用している「転職エージェント」ですが、上手に活用するためにはエージェントそのものに関する基本知識があった方がよりスムーズな転職につながります。そこで、まず転職エージェントとはどのようなサービスを提供している機関なのか、また、転職に無事成功して入社するまでのフローはどうなっているのか、そして、より自分に合っている転職エージェントを選定するためには何を基準にすればいいかなど、エージェント利用する前に知っておきたい情報をご紹介します。


転職活動を無料で支援してくれるサービス

転職エージェントは、転職したい人と人材を探している企業との架け橋となって、ベストなマッチングを行うサービスを提供している機関です。担当のキャリアコンサルタントが利用者と面談をして詳細な希望を聞き取り、仕事探しから書類対策、面接対策、条件交渉までしっかりとサポートをします。求職者はそれらのサービスを全て無料で利用することができるので、せっかく転職活動をするならば、いろいろなエージェントを利用しない手はありません。


利用時のフローを確認

仕事探しから入社までのサポートまで豊富なサービスを提供している転転エージェントですが、利用開始から入社するまでには丁寧な工程を順番にたどることになります。転職エージェントは数多くありますが、利用のフローはどこもほとんど同じです。そのため、全体を通してどのようなプロセスがあるのかをあらかじめ知っておくと、転職を無事成功させるまでのイメージもしやすくなるでしょう。そこで、一般的な転職エージェントの利用フローについてご紹介します。


選定時にチェックすべき事

効率良く転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがいいことは確かですが、転職エージェントの質はそれぞれ異なるのも確かです。そのため、転職エージェントの選定は転職成功への第一歩となります。提供しているサービスは同じように見えますが、担当者やサービスの質がどれも同じとは限らないので、自分の目でしっかりと見極める必要があります。では、自分に合う転職エージェントをどのように見つけたらいいか、選定のポイントをいくつかご紹介していきます。


転職活動を無料で支援してくれるサービス


「転職エージェント」は転職活動の強い味方

転職活動はやろうと思えば1人でもできることですが、自分でできることにはある程度の限界があります。しかし、様々な転職エージェントを複数利用すれば、数多くの転職サポートを無料で受けることができるので、無理なく自分に合った職場を見つけられるでしょう。では、転職エージェントとは一体どのようなサービスを提供しているのでしょうか。利用する前にまずは基本知識を取り入れておきましょう。


転職エージェントを利用するメリットとは

無料の会員登録をするだけで、豊富なサービスを受けることができる転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。もしデメリットがあれば利用を停止すればいいだけなので、気軽に利用できるのも大きな魅力です。転職の場合、方向性が定まっている場合もあれば、転職をしたいという漠然とした気持ちだけで、具体的なことまで考えることができていない場合もあります。どちらにしても、担当のキャリアコンサルタントと話をしていくうちに、はっきり方向性を定めることができるでしょう。担当者は、個人では知り得ない非公開求人についても情報を多く持っているので、求職者の希望をできる限り叶えられるよう最善を尽くしてくれるでしょう。
さらに、履歴書や職務経歴書、面接対策なども希望する企業の傾向をもとにしているので効率的です。また、スケジュール調整や条件交渉もキャリアコンサルタントが代行してくれるので、時間がない人や交渉に自信のない人でも安心です。


複数利用は必須!


転職エージェントにも種類があります。そのため、どんな仕事をするかによってエージェントを使い分けた上で複数利用すると、さらに転職活動は内容の濃いものになるでしょう。求職者と企業の出会いの場となるエージェントには、職種や業界の枠にとらわれない総合型や業界特化型、そして特定の職業のみの職業特化型があります。また、フリーランス特化型のエージェントなどもあるので、それぞれの特徴を理解して使い分けることをおすすめします。

転職エージェントのメリットを最大限に活用するなら複数利用が必須ですが、数が多ければ成功するというものではないので注意が必要です。書類を作成したり、面接対策をしたりと何かと忙しい転職活動中に各エージェントと無理なくやり取りをするには、2~3社が理想です。また、エージェントを複数利用しているということは、各エージェントのキャリアアドバイザーにはしっかりと伝え、スケジュールをうまく調整してもらいましょう。

成功させたいなら2~3社がベスト

満足のいく転職を果たすのに今や欠かせないのが、転職エージェントの存在です。担当してくれるキャリアコンサルタントは、どの人も親身になって相談に乗ってくれますが、人間同士なので相性の良し悪しは必ずあります。また、エージェントによって保有している求人の量や質が異なることも確かなので、1社だけで全てを決めてしまうのではなく、複数社同時に利用した方がより内容の濃い転職活動になります。エージェントの数は人によって許容範囲が違いますが、2~3社ぐらいがベストでしょう。


キャリアアドバイザーとの情報共有がポイント

いくつもの転職エージェントを同時に利用する場合、各エージェントのキャリアアドバイザーにそのことを伝えるのはとても大切なことです。そうしないと、面接のスケジュール調整がうまくいかず、本当に入りたい企業への入社のチャンスを逃してしまう結果になりかねません。複数の転職エージェントを利用していることを伝えると不利になるのではと心配になるかもしれませんが、むしろ伝えてもらった方がエージェントは助かるので、遠慮することなく状況を報告するようにしましょう。

各種エージェントの特徴


総合型転職エージェント

働きたい分野にこだわりがなく、幅広い視点で転職を考えたい人におすすめなのが「総合型転職エージェント」です。総合型転職エージェントは、業界や職種を固定せず、あらゆる求人を取り扱っているので、たくさんの求人から転職先を探すことができます。また、紹介実績も多いので、異業種への転職サポートなども得意としており、方向性が定まっていない利用者でもキャリアカウンセリングによって様々な可能性を見出すことが可能になります。


業界特化型転職エージェント

やりたいことが決まっている人の転職なら、業界特化型転職エージェントを利用するとピンポイントな転職活動が可能になります。そもそもひとつの業界に特化してしまっているので、求人数は総合型などに比べると少ないのは当然ですが、業界との信頼関係がしっかり築けているエージェントは紹介実績も高く、サポートの内容も中身の濃いものになります。この記事では、コンサル業界と飲食業界でおすすめの転職エージェントと共に、業界特化型の魅力をお伝えします。


職種特化型転職エージェント

医療系やエンジニアなど、資格や特殊スキルが必要となる専門性の高い職種に転職する場合、一般的な総合型転職エージェントなどよりもその職種に特化した転職エージェントを活用した方が圧倒的に選択肢は増えます。職種特化型転職エージェントの活用方法自体は、他の転職エージェントとほぼ同様ですが、専門知識と業界の情報に詳しいキャリアコンサルタントが担当者となるので、専門性の高い話を含む相談も遠慮なく行うことができます。


フリーランス特化型エージェント

ITエンジニアやデザイナーなどの職種は、会社員としてだけでなく独立してフリーランスになる人が多いのが特徴です。それらフリーランスの多くが利用しているのが、フリーランス特化型エージェントです。そのようなエージェントが扱うのは、企業から依頼されたフリーランス向けの求人案件です。転職エージェントと同様に、担当者がついてしっかりとサポートしてくれるので、初めてフリーランスとして活動する人でも安心して仕事ができます。


成功させたいなら2~3社がベスト

転職を成功させる秘訣

今の時代、転職するということ自体は珍しいことではありませんが、だからといって頻繁に行いたいものでもありません。しかし、働く環境を変えるとなると、それなりのエネルギーを使うので、本当に転職が必要と感じた時に、その時点での最良の選択をしたいと誰もが思うのではないでしょうか。転職を成功させるのにとても役立つのが転職エージェントですが、数あるエージェントを複数利用することはもはや必須とも言える方法です。

最初の1社で決めてしまうのはもったいない

転職エージェントに登録をすると、必ず担当のキャリアコンサルタントが付きます。どの担当者も親身になって相談に乗ってくれるので、最初の1人目で感じが悪くなければ、このまま任せてもいいと思いたくなるでしょう。しかし、最初に出会った人が一生付き合える親友になるわけではないのと同じで、最初に出会ったキャリアコンサルタントが最良のアドバイザーになるとは限りません。もちろん、それを言い出せばきりがない話なのですが、転職エージェントがいくつもある中、最初の1社に全てを委ねてしまうのはもったいないことでもあります。
しかし、キャリアコンサルタントのやりとりなどの手間を考えると、各々が対応できる範囲を超えないように調節することも大切です。では、実際にどのぐらいの数の転職エージェントを同時利用するのが理想なのでしょうか。

同時利用は2~3社がベスト

転職エージェントを利用するならできるだけ多い方がいいということで何社も同時登録してしまうと、当然その数だけ一気に連絡が来てしまいます。転職活動をする人の多くは仕事をしながらなので、電話はもちろんメールのやり取りも多くなるとかなりの負担になります。また、あまり登録先が多すぎると、紹介される企業が重なってしまい、話が複雑になってしまう可能性もあります。そのため、登録するエージェントは多くても4~5社ぐらい、ベストなのは2~3社ぐらいでしょう。
また、せっかく複数のエージェントに登録するのであれば、同じ紹介先になってしまうのではなく、選択肢が増える形が望ましいので、様々な求人を取り扱っている総合型転職エージェントや、独自のルートやサービスを展開している中小規模の転職エージェント、職業や業界特化型転職エージェントなど、特徴の違うエージェントにそれぞれ登録してみるというのも良い方法です。情報は多い方がいいのですが、自分で処理しきれないほどの情報に埋もれてしまうのは自身の混乱と失敗の原因にもなるので、転職エージェント選びや複数利用に際しては、自分のペースに合ったものにすることがとても大切です。

業界特化型転職エージェント

業界特化型転職エージェントとは

転職エージェントの複数利用は効果的ですが、既に働きたい業界が決まっているなら「業界特化型転職エージェント」が断然おすすめです。このタイプのエージェントは、もともとその業界で仕事をしていた人達で運営されているので、高い専門性を期待することができます。では、その特徴についてさらに具体的に見ていくことにしましょう。

業界特化型エージェントの特徴

業界特化型の場合、取引をする企業は当然全て同じ業界です。そのため、エージェントは業界のトレンドや求められている人材像など、リアルタイムな情報を数多く持っていて、専門性の高い相談にもしっかりと対応することができます。選択する業界によっては、大小様々な企業はもちろん、注目のベンチャー企業に至るまで、業界内で考えうるあらゆる選択肢を用意していることが多いので、同業への転職でも、様々な方向性から考えることができるというメリットがあります。
業界特化型転職エージェントにも、規模の大きな企業と小さい企業がありますが、この場合、比較的規模の小さい企業が多いのも特徴のひとつです。できるだけ多くの選択肢から選びたいということであれば大手の方が求人数はありますが、中小エージェントの方が企業との関係をしっかりと築いていることが多く、求人数こそ少なくても質の高い求人を保有しているケースもあるので、企業規模の大小がそのまま求人内容に反映するとは限らないという点は注意が必要です。

フリーランス特化型エージェント

フリーランス特化型エージェントとは

IT系のエンジニアやデザイナーなどは、フリーランスとして活動している人も多い職種です。そのような職業の人は、転職を考える際にフリーランスという道も選択肢として浮かんでくることが少なくありません。そんな時にぜひ活用したいのが「フリーランス特化型エージェント」です。利用方式としては転職エージェントとほとんど変わらないので、やはり複数利用にしておくと、仕事を安定させるのに役立ちます。

フリーランス特化型の特徴とは

フリーランスのエンジニアやデザイナーは、独立開業をしたら基本的に仕事は自分で探すしかありません。会社員時代のつながりなどから仕事を受けるケースもありますが、何もない人にとって安定的に仕事を取るまでにはかなりの時間がかかってしまうことは否めません。営業しなければ仕事は取れず、仕事をしなければお金にならないということで、限られた時間の中で両方をこなしながら十分な収入を得ていくのはとても大変です。そんな問題を解決してくれるのがフリーランス特化型のエージェントです。
このようなエージェントは、様々な企業からフリーランスの求人案件を預かっており、期間契約という形で仕事を受注するようになっています。エージェントに登録すれば、担当のコーディネーターが本人の希望やスキルなどをよく把握してから案件の発注先に営業をかけてくれます、そうすれば、本人は仕事に集中することができるので、本来営業にかける時間をさらなる仕事やプライベートに費やすことができるなど、自由度が格段に高くなります。その他にも、キャリアサポートや福利厚生サービスを受けることも可能で、フリーランスならぜひ利用したいと思えるサービスが満載です。

総合型転職エージェント

総合型転職エージェントとは

納得できる転職を果たすには、転職エージェントは複数利用が効果的ですが、同じ転職エージェントでもいくつかの種類があるので、各々の必要に応じて使い分けるようにしましょう。ここでご紹介するのは、業界や職種などを固定していない「総合型転職エージェント」です。総合型転職エージェントの特徴は、取り扱う求人が幅広く、人気のある大手企業の求人も集まりやすいということです。そのため、転職をするにあたって業種を特定していないなら、このタイプのエージェントの利用がおすすめです。

総合型エージェントの特徴とは

総合型エージェントは、様々な業種から求人を集めているということもあって、求人の絶対数が業界特化型などと比較して多く、条件の良い非公開求人も含めていくつもの選択肢を持てるというメリットがあります。エージェントにもいろいろあるので、やはりコンサルタント経験が豊富な企業の方が何かと安心できますが、総合型転職エージェントの場合、紹介実績が多い分だけ経験値も豊富です。そのため、同業他社への転職はもちろん、全くの異業種への転職サポートにも慣れていて、どんなニーズにも応えられる柔軟性が魅力でもあります。
一方で、専門的な情報を含むサポートに関しては弱い部分があることは否めず、利用者ひとりひとりに対するきめ細やかなサポートが行き届かない場合があるというデメリットも見受けられますが、1社に集中するのではなく、できるだけ多くの求人に接してよく吟味したい人には、総合型転職エージェントの利用が向いているでしょう。