ペライチのアフィリエイトSEOカスタマイズ

無料のペライチでできるSEO対策

ここではペライチのSEOカスタマイズについて解説していきます。もともとのドメインの強さを活かしてどこまでいじれるのか公開します。ペラサイトやサイトアフィリ、LP作成はワードプレスでやってましたが、これが成功すれば無料で量産ができますよね?

ペライチのSEOで気を付ける点

ペライチのSEO対策で気を付ける点はブロックの配置順序です。これはソースコードをみなければ分かりませんが、見た目のデザインを重視してブロックを配置するとタグ配列が崩れます

またなぜか見出しタグにストロングタグが使われている箇所があります。

当サイトのソースコードはh1~h4までを理想の順序に並べ替えてあります。ここがまずは重要です。

ペライチを早くインデックスさせるコツ

同じキーワードで勝負した場合、まずは検索エンジンにインデックスしてもらわないといけません。無料プランではhtml編集ができませんので、サーチコンソールに登録してたら「Fetch as Google」をする。後はソーシャルブックマークサイトに2~3個登録し置くと良いと思います。本当は無料ブログからのバックリンクがあるとなおいいですね♪

ペライチアフィリエイトのメリット

ペライチでアフィリエイトサイトを作るメリットについてまずは考えてみたいと思います。

  1. 広告なしで使える
  2. デザイン設計は超簡単
  3. サイト構成も分かりやすい
  4. カスタマイズスキルがほぼ不要
  5. スマホ対応もしっかりしている
  6. ドメインが強く上位表示しやすい


この6つは大いに評価すべき点でしょう。最近本当に広告なしで使えるブログやホームページサービスはなくなってしいました。参入者は増える一方なので、運営側も無料でサーバーを使わせるメリットがないのでしょう。その点ペライチは本当に強制広告無しです。

これはアフィリエイトに最適です。


次にデザイン設計ですね。見た目だけと言うことであればこれは秀逸です。SEO集客を考えなければ、カスタマイズ力はほぼ要らす、訴求力の高いページが作れると思います。


また、スマホ対応もしっかりしています。結構初心者はスマホのカスタマイズを怠りがちですので、プレビューで一貫して編集できるのは素晴らしい機能だと思います。

ペライチのドメイン強さを点数化してみると?

ドメインオーソリティをオープンサイトエクスプローラーで調べてみた結果68点。ページオーソリティーに関しても78/100点とかなりグーグルからの評価も良く、検索順位に高評価を与える可能性が高いです。これはペライチのメリットでしょう。

無料プランでできることは少ない

ペライチの無料プランでできるSEO対策は多くはありません。主にできたのはページタイトルタグの決定、h1~h2タグ、h3タグの決定でしょう。

ドメイン名もサブドメインで若干変更することはできますが、細かいカスタマイズはできないようです。ワンカラムなのでカテゴリ分けができず、パンくずリストも存在しません。構造的に内部リンクを張り巡らせることが難しいです。
スマホ用のSEO対策は特になし

ペライチのスマホカスタマイズ

ペライチ自体はレスポンシブデザインになっており、スマホ最適化されていますが、AMPの設定やスマホ用のメニューボタンの個別設定、カテゴリの配置換えなどができないです。そうなると選ぶ際にスマホに合わせてpcをカスタマイズするようになりますね。
POINT

ペライチアフィリエイトのデメリット

SEOを重視するとデフォルトデザインが使えない

ペライチは、カスタマイズが苦手な人でもきれいなページが作れるのが魅力なのですが、一方タグ配列をきちんと施して検索エンジンに読み込ませる構成を作ろうとすると、デザインが崩れてしまいます。


ペライチはアクセス分析がしにくい

ペライチの最大のデメリットはアクセス解析です。html編集ができないので、GRC、ヒートマップなどの計測ツールで使えないものが多いです。最低限のサーチコンソールとptengineは無料で使えるので、それで十分と言う人もいると思います。有料プランにすればすべて使えるようになります。

有料プランはアフィリエイトには割高

後はコストの問題ですね。有料プランで1000円払っても、3ページしかできないので、これならサーバーを借りて、100円のドメインを10個使った方がコスパが良いかと思います。アフィリエイトの場合どのサイトが当たるのかは確実ではないですし、3つのサイトで成果を上げるのは難しいのではないかと思います。

サイトの複数管理と引っ越しがめんどくさい

もし偶然ペライチで作ったサイトから売り上げがあがったら、独自ドメインにしてページ数を増やしてもう少し売り上げを伸ばしたいと思うものです。そういう時にワードプレスへの引っ越しツールとhtml編集ができないペライチは一度作ると、そこから動かせないというデメリットが発生すると思われます。

wixやjimdoよりはアフィリエイト向き

同じような無料のホームページ作成ソフトとしてwixやjimdoがあるのですがそれに比べるとペライチは無料でもタグ配列がしっかりしていて最低限のアクセス解析も使えるので、向いていると言えるでしょう。

ただ、同じくワンカラムのサイト作成ができるシリウスやワードプレスに比べると見劣りはしますね・・・。広告無しですので無料ブログよりはましっていう感じかな?

ただ、ペライチは1ページのみ作成で、コンテンツを足そうとすると長くなる。ページ数の追記ができないので、一長一短ということで、迷うところですね・・・・。

1ページ増やすためには友達にシェアしないとダメみたいなところはちょっとひっかかりますね。

ペライチの使い道は4つ

ペライチの使い道は主に三つです

  1. 緩いキーワードでのペラサイト
  2. ppcアフィリエイト
  3. バックリンク
  4. メルマガリスト収拾のためのキラーページ



新着キーワードのペラサイトに利用
ペラサイトに関しては私は今まではてなブログとシリウスを使って最後にワードプレスと言う感じだったのですが、ペライチのドメインの強さとデザイン性を活かして、速攻で稼ぐという戦略はありでしょう。
ppcアフィリにもペライチが使える
デザイン力とオリジナル性がppcにも求められています。そういう意味ではバリエーションが豊富で、大量のテーマが用意されているペライチは広告出稿モデルに向いていると言えるでしょう。
被リンク分散のバックリンクに利用
別会社が運営しているドメインからのリンクはないよりもあったほうが確実に良いと思います。中古ドメイン。無料サーバーに続き、IP分散として使い道は出てくるでしょう。やっぱりリンクなしでアフィリエイトは語れません・・・。
メルマガ登録用LPとして利用価値が高い
今回使ってみて思ったのは、ペライチの構造そのものがコピーライティングの形式を守っているので、これを作って、メルマガ登録用のページを作れるのではないかと言うことです。怪しくないランディングページを作るには持ってこいかもしれないですね♪
メルマガ登録用LPとして利用価値が高い
今回使ってみて思ったのは、ペライチの構造そのものがコピーライティングの形式を守っているので、これを作って、メルマガ登録用のページを作れるのではないかと言うことです。怪しくないランディングページを作るには持ってこいかもしれないですね♪

ペライチで稼ぐには量産以外ない

アフィリエイトで稼ぐためにはと質より量です。超初心者が初めから質を重視してサイトを作成しようとしても、デザイン、ライティング、SEO対策、商品選び、SNS集客など覚えることが多すぎて挫折してしまいます。

その分ペライチを使うことである程度のひな型を元に小規模サイトの量産ができるので、コスト0でやってみたい人はチャレンジすると良いと思います。

最低でも20サイト。1記事5000文字ぐらいで勝負しないと成果は出ないのではないかと思います。

ペライチ利用者の評判は?

シリウスやワードプレスのテーマで初期コストがかさむと思い、挫折していたペラサイトの着手に手を付けることができました。とりあえずアフィリエイトサイトを作って見たい人にはおすすめです
初心者アフィリエイター
田中 花子
デザインは素晴らしいですね。ただ、HTMLがいじれないのと有料プランのコストを考えるとワードプレスの方が良いと思います。稼ぎたいのならシリウスで量産すべきでしょうね。
月収1万アフィリエイター
田中 太郎
デザインは素晴らしいですね。ただ、HTMLがいじれないのと有料プランのコストを考えるとワードプレスの方が良いと思います。稼ぎたいのならシリウスで量産すべきでしょうね。
月収1万アフィリエイター
田中 太郎