アコム 過払い金の発生基準!

これさえ見れば初心者でも安心!アコムの過払い金が発生するかどうか簡単にチェックできます!

みどり法務事務所

司法書士事務所の大手!北海道全域・関東を中心にどこでも出張します!
まずはご相談ください!

増え続けているアコム過払い金

過払い金といえば最近話題になったのが2017年10月に業務停止をくらったアディーレ法律事務所。みなさんも聞いたことがある名前ではないでしょうか?
ブラ〇〇マヨ〇〇〇のCMでおなじみですね。
今回は過払い金請求の中でも特に件数が多いと言われているアコムの過払い金についてまとめてみました。
CMではとにかく期限が迫っているから早く過払い金請求をしなきゃと何年も前からとにかく煽り続けていますがアコムが株主向けに公表している件数では多少の減少は見られていますが依然として高止まり状態にあります。
つまりアコムの過払い金請求はまだまだ終わっていないことが数値として表れているのです。

ではアコムへ過払い金請求をするときのポイントを簡単に見ていきましょう。

アコムで過払い金が発生する条件

まずはアコムで過払い金が発生するかどうかで重要な基準は取引を開始した日付が重要になってきます。
アコムは2007年6月18日から新規の契約したひとの利率を18%に変更しています。なのでアコムの過払い金の対象者は2007年6月17日以前に契約した人が対象となる可能性が高くなります。

なのでまずは自分がいつから契約をしているのか確認をしましょう。
「え?そんなはっきり日付までわからないよー」という方もご安心ください。
アコムは消費者金融のなかでも対応がしっかりしていることで有名です。
いつ契約をしたのかあいまいな方はまずは取引履歴を取り寄せましょう。
アコムに電話をして取引履歴が欲しいと言えば郵送にて取り寄せが可能です。
郵送の場合開示までの時間が最長4週間かかるという話もあるのでお急ぎの方は店頭に直接足を運んでください。
アコムであれば基本的に即日取引履歴を開示してくれることでしょう。

取引履歴が手元に届いたらまずは借入した日付を確認してください。
開始日が2007年6月17日以前であれば発生する可能性があります。
金利が18%よりも低い人は過払い金はほぼ発生しません。

ここでもうひとつ確認することがあります。それは完済している日付がいつかということです。
過払い金は完済から10年で時効となります。最終の取引が2007年の人は残念ながら時効の可能性が非常に高いでしょう。
ほかにも過払い金が発生するかしないかはチェックするポイントは多いですが専門的なはなしで非常に難しいので素人のみなさんはまずは借入の日付と最終取引の日付だけを確認して専門家に相談するのが一番の近道です!

アコム過払い金発生ポイント

上記で説明したポイントを簡単にまとめてみました。
次に紹介するポイントにすべて当てはまれば過払い金が発生する可能性が高いと言えます。

<アコム過払い金発生ポイント>
ポイントチェックの前に取引履歴は手元にありますか???

【ポイント1】
最初の取引が2007年6月17日以前である。

【ポイント2】
最後の取引履歴が2008年以降である。

【ポイント3】
年利が18%よりも高い期間がある。

以上のポイントに当てはまっていればアコムの過払い金が発生する可能性があります。
これ以上の詳しい説明は素人の方には難しいのでまずは専門家に相談してみてください!