広告にも調律が必要です

はじめまして、ご覧頂きありがとうございます。

求人広告調律師、あかいれです。

広告?調律?耳慣れない並びの言葉ですが、きっとそのはず。今まで存在していないからです。

延3000社の求人広告制作に携わり、次のステップでは求人する側も経験。文字通り求人の両側を知ったところで個人プロジェクトとして立ち上げたのが「求人広告調律師 あかいれ」です。

未曾有の採用難。日に日に厳しさを増していますが、御社の採用状況は順調でしょうか?

求人媒体も様変わりしています。新しい媒体や手法が出てくる毎に追い掛けていませんか?

あれこれ使って追い掛けて、果たして効果はどうでしょうか?

延3000の企業様の求人広告制作に携わり、また自ら求人する側に立った時、媒体選定以上に広告紙面の調律(チューニング)こそが、目先の反応や応募数だけでない「続く人」採用の王道であると実感しました。

広告は効果が悪い。いい人が来ない。だからもう出さない……では悪い循環に入ってしまいます。要因は一つではありませんが、その原稿はバッチリ御社に合わせた調律(チューニング)ができていたでしょうか?

一度、御社に合わせた調律をしてみませんか?

音楽も広告も、調律がズレていると人に響きません。

まずはご連絡ください。
(連絡先はお渡しした名刺をご参照ください)

───
※本ページは日々試行錯誤中です。予告なくレイアウト等の変更が行われる事があります。どうぞ、お楽しみに。