京都で注文住宅を建てる際に
気をつけたいこと

趣のある場所、京都に注文住宅を建てたい人も多いでしょう。京都にはさまざまな注文住宅があるので、理想のマイホームを建てることができます。ただし、京都で注文住宅を建てる際には気を付けないといけないことがあるのです。今回は、どんな部分に注意しなければいけないのかなどについて紹介していきましょう。

京都で注文住宅を建てる際の注意点

こちらでは、京都で注文住宅を建てる際の注意点について見ていきましょう。近い未来ではなくても、将来的に注文住宅を検討している人は覚えておくべきです。

・景観に厳しい
京都は景観の厳しさに特徴があります。京都っぽい「和風住宅」しか建てられないのです。すべてのエリアではありませんが、観光名所付近は規制の厳しさが強い傾向にあります。そのため、観光名所付近に良い土地があっても自分が思うような建物を建てられない場合があるのです。そのため、事前に景観のチェックなどをしてから自分たちの理想の住宅が建てられるか確認しておきましょう。

・湿気がひどい
1969年以降、湿気が70%を超えていないと言っても比較的湿気のひどさに悩む人が多いです。湿度自体は低下していても、蒸し暑さは年々増している傾向があるのです。そのため、注文住宅を建てる際には湿気対策や蒸し暑さ対策を重視する必要があります。

・不整形の土地
京都には、不整形の土地が多くあります。建築が難しい土地は比較的安くなる傾向があります。そのため、安い土地だからと言って喜ばずにしっかり土地を見極めてから購入することをおすすめします。購入してから、思うような住宅が建てられないとなってからでは遅いので気をつけてください。

京都の暮らしやすさ

京都は景観などで注意したい部分もありますが、暮らしやすい場所としても有名です。こちらでは、京都で暮らしやすいポイントについて見ていきましょう。

・落ち着いた環境
京都の最大の雰囲気と言えば、趣のある雰囲気や落ち着いた環境でしょう。都会的な部分を持ちながらも、古き良き雰囲気を持ち続ける京都は快適な暮らしができます。

・買い物も便利
京都の烏丸御池エリアは中心街のひとつでもある場所です。そのため、比較的買い物がしやすい場所として知られています。京都駅まで5分程度という場所にあるので、利便性の良さにも定評がある場所です。

・京都の魅力が感じられる
京都と言えば、観光名所ですが少し離れた場所は落ち着いて暮らせるエリアが多くあります。観光名所は人が多く集まるので暮らしにくいという人も、少し離れることでまったく違う京都の良さを感じられるのです。

京都で注文住宅を建てる際にこだわりたいポイント

せっかく古都・京都に注文住宅を建てるのであればこだわり抜いた家を建てたいものです。こちらでは、京都で注文住宅を建てる際にこだわりたいポイントを見ていきましょう。

・外観
やはり、注文住宅を建てるならば外観にはこだわりたいものです。京都ならではの和モダンなスタイルの住宅は全国探しても京都以上にぴったりのところはないでしょう。

・リビング
家族が一緒に過ごす場所、リビングはこだわり抜いた仕様にしたいものです。家族が暮らしやすいように、テーマを決めたリビング作りをしている人も少なくありません。

・キッチン
家族の食事を作るキッチンは、ママこだわりのものにしたいものです。近年はさまざまなシステムキッチンが多くあるので、ママの時短家事に役立てられるものが多いのです。

京都でおすすめの注文住宅会社

京都にはさまざまな注文住宅会社があります。こちらでは、その中でも特に評判が良い住宅会社について見ていきましょう。

・アトリエイハウズ
自然素材を使った注文住宅を得意としている会社です。奇抜さではなく、シンプルさの中に隠れた上品さが高い人気を誇っています。日々の暮らしに馴染むような提案をしてくれるのも特徴のひとつです。

・ビルド・ワークス
強度に優れた住宅会社を得意とする会社です。強度の強さだけではなく、自然を違和感なく取り入れた間取りも得意です。アフターメンテナンスなどにも定評があるので、建てた後も安心していられる会社と言えるでしょう。

・住友林業
上質な木材を使用した家造りを得意としています。敷地、ライフスタイル、暮らす人の特徴などに合わせた家造りをしてくれるのです。3つの構法の中から自分たちにぴったりの家を建てることができます。
京都で注文住宅を建てる人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

京都は景観を大切にする部分があることから、
アフターメンテナンスを重視する住宅会社が多くあります。
60年メンテナンスや防犯性の高さ、建てる側からすれば嬉しいポイントが多いのが
京都にある住宅会社の特徴です。
和風住宅を得意とする会社が多いのですが、会社によって若干特徴や強みが異なるので、
しっかり比較して選びましょう。