Accessibility BilliardsClub開発
片上肢身体障害者等ビリヤード補助具

 UNIVERSAL REST®

更新情報
2019.8.06 新発売UNIVERSAL REST紹介用サテライトサイトをオープンしました。
20198.11 UNIVERSAL RESTの寄贈によるビリヤードのダイバーシティ推進事業を開始。寄贈予定・寄贈実績は⇒ NEWS2019.8.11参照。
2019.8.18  NEWSのコーナーを更新しました。
2019.10.04 IDErestおよび、UNIVERSAL REST ”Avant”,”Pro”取り扱い終了のお知らせ。 およびUNIVERSAL REST 
8つの特徴を更新しました。
2019.10.28 UNIVERSAL REST 8つの特徴UNIVERSAL REST® 
9つの特徴に更新しました。
2019.10.28  NEWSを更新しました。
2019.12.14 UNIVERSAL REST® の販売を開始しました。⇒コチラ
NEWS

2019.10.17【ご報告】

UNIVERSAL RESTの寄贈によるビリヤードのダイバーシティ推進事業は開始から約二か月で6都道府県 計5店舗1イベントに寄贈完了しました。寄贈予定・寄贈実績は⇒コチラ

2019.08.18【ご報告】


我々A.B.Cは代表深谷名義で、代理人津田先生を通じ、2019/08/16付けで特許庁へ【第28類】

【指定役務】ビリヤード用具
として、本サイトで紹介の当団体で独自開発した片上肢障害者用ビリヤード補助具【UNIVERSAL REST】の商標出願を済ませた事をご報告致します。
この商標が商標が商標の役割を果たし、いつの日か遠街で誰かが、「UNIVERSAL REST®ってあれでしょ?千葉の障害者ビリヤードの団体さんが考えたやつでしょ?」となる程に片上肢にハンデのある人々もビリヤードを楽しめる事が当たり前の時代が来ますように…

2019.8.11【ご報告】


UNIVERSAL RESTの寄贈によるビリヤードのダイバーシティ推進事業を開始しました。寄贈予定・寄贈実績は⇒ コチラ
UNIVERSAL REST®

それは両手が使えないとビリヤードは出来ない…
そんな既成概念を無くす為に生まれたもの。

先天性の上肢身体障害者の方、病気や怪我で片上肢身体障害者になってしまわれた方、ビリヤードは出来ない趣味だと諦めていませんか?僕も脳卒中で左半身麻痺になった当初はそうだったのです。この経験から我々は活動の一環として UNIVERSAL REST®の寄贈によるビリヤードのダイバーシティ推進、これによる社会のバリアフリー化を目指しています。まずは右側ボタンからこの活動を知り、一緒に活動しませんか?
     アクセシビリティビリヤードクラブ代表 深谷隆善
ユニバーサルデザインを体現した究極の造形。

ユニバーサルデザインとは?

ユニバーサルデザイン(Universal Design/UD)とは、文化・言語・国籍や年齢・性別などの違い、障害の有無や能力差などを問わずに利用できることを目指した建築(設備)・製品・情報などの設計(デザイン)のことである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ユニバーサルデザインの7原則

The Center for Universal Design, NC State University による。

➀どんな人でも公平に使えること。
(公平な利用)
Equitable use
②使う上での柔軟性があること。
(利用における柔軟性)
Flexibility in use
③使い方が簡単で自明であること。
(単純で直感的な利用)
Simple and intuitive
④必要な情報がすぐに分かること。
(認知できる情報)
Perceptible information
⑤うっかりミスを許容できること。
(失敗に対する寛大さ)
Tolerance for error
⑥身体への過度な負担を必要としないこと。
(少ない身体的な努力)
Low physical effort
⑦アクセスや利用のための十分な大きさと空間が確保されていること。
(接近や利用のためのサイズと空間)
Size and space for approach and use

                         出典:Wikipedia

 

私達はこの理念の下、UNIVERSALREST®の寄贈活動をしています。

私達は代表深谷が体験した経験を基に、後天的若しくは先天性の片上肢障害者の方々や、怪我人等々、あらゆる人々がそれぞれに置かれた状況や運命に負けず前向きに生きるキッカケを得られるように、独自開発した片上肢身体障害者用ビリヤード補助具”UNIARSAL REST®”をイベント主催者様や店舗様へ寄贈させていただき、ビリヤードのダイバーシティ推進活動に取り組んでいます。

UNIVERSAL REST®寄贈予定・寄贈実績 2019-➀
※2019.10.17現在6都道府県 計5店舗1イベントへ寄贈済
A.B.C Market
※IDErestおよび、
UNIVERSAL REST ”Avant”,”Pro”nの取り扱い終了のお知らせ。

意匠権登録第1631287号に当団体が共同権利者に設定したメンバーの脱退により、当団体でのIDErestの取り扱いは終了とします。また、IDErestの2022年以降の特許庁への意匠登録継続も困難であると判断。権利の維持存続はしないものと決定しました。
これにより代表深谷がスキルを習得し新規にUNIVERSAL REST ”Avant”,”Pro”の2モデルを開発。
今後は、これを経て誕生した完成モデル(本画像)の”UNIVERSAL REST®”のみの寄贈事業・販売
となります。

UNIVERSAL REST®とは?


UNIVERSAL REST®とは、工業財産権の”意匠登録”取得経験を持つ当クラブA.B.C代表深谷によりユニバーサルデザインの7原則の下,発案・設計され、度重なる試作・研究の末に生まれた片上肢身体障害者用ビリヤード補助具である。2019年現在、先天性・後天性を問わず上肢身体障害者もビリヤードに取り組めるようになる時代の先駆けになるようにと名付けたビギナー用の”Avant”と、より高度な技術を再現する為の上位モデルである経験者用の”Pro”の2種のラインナップを経て本画像のモデルのみによるビリヤードのダイバーシティ推進を図り障害者のQOL向上を目指すものである。

購入はこちらから

UNIVERSAL REST ®
9つの特徴

ポイント1/左右のグリップがレストの安定性を確保

前面と底面の左右の二か所ずつに設置されたグリップがストローク時のレストのズレを防止!!

 ポイント2/特許庁への商標登録済み

以前取り扱いのあった商品の開発時に新規性・独自性を認められ特許庁への意匠出願・意匠権取得経験のある代表深谷の独自のノウハウを活かした最新のデザイン。命名した名称も特許庁へ商標登録済み。

ポイント3/置き方により三つの使い方が可能なオールインワンタイプ。

①Regulor form
通常形態。上段・下段のレスト部が様々な状況に対応。上段はフォローショット、下段はストップショットやドローショットに使用が可能。

②Breaking form
ブレイク形態。レスト後部のクリアランスによりクッションレールに対して斜め方向への設置が可能。ブレイク時のレールブリッジ相当の機能を発揮。

Crossing form
球越し形態。レストを前方に起こした立位の状態にする事で手前の邪魔な球を越えて撞く球越し時のオープンフィンガーブリッジ相当の機能を発揮。

※いずれの場合も、上肢身体障害者が、健常者のオープンブリッジ相当の機能を有する為のものであり、ストロークの矯正・向上を可能にするものや、確実なプレイを補助・保証するものではありません。
※道具を前方に起こした立位での球越し使用時に道具に荷重し過ぎると道具が倒れる事がある為、テイクバックの際は慎重にご使用下さい。

ポイント4/ レスト部に施工のポリエステル製フェルトがシャフトを保護

本製品は初代デザインで採用し、後に廃止していたレスト部のV字型サポートを復刻しストローク方向に対する左右のブレへのサポートを向上すると同時に、上・下部および球越時の道具の立位の際の3か所のレスト部全てに強度と柔軟性が両立した、ポリエステル製のフェルトを施工する事でご愛用のキューのシャフトが本製品の使用により傷つくことから保護。

※・下部および球越し時のいずれの場合も、上肢身体障害者が、健常者のオープンブリッジ相当の機能を有する為のものであり、ストロークの矯正・向上を可能にするものや、確実なプレイを補助・保証するものではありません。

ポイント5/小型軽量高性能

キュー先に引っ掛けての持ち運びやより狭いスペースでの使用を可能な小型化により、シャフトジョイント付近にスライドさせての持ち運びが可能。前述のポイント1~4によるプレイの幅を広げる為の性能を両立させた小型軽量高性能化を実現。
※当クラブ開発の新旧モデル比

ポイント6/NBA公式ルール準備

第 4 条 補助器具
第 1 項 トライアングルラック、ラックシート、ラックスポット、チョーク、メカニカルブリッジ(レスト)、キューエクステンション(キュー延
長器具)及びグローブを含む競技補助器具の使用を認める。チョーク及び補助器具はその本来の目的を外れて使用すること
はできない。メカニカルブリッジは 2 段重ねにして使用する事が出来る。
第2項 メカニカルブリッジのヘッド部分の大きさは最大 80mm×130mm までとする。
競技役員が認めた場合、上記の制限と異なる補助器具を使用することができる。
※NBA(日本ビリヤード協会)発行の”ポケットビリヤード競技規定”第 4 条 補助器具の第2項”メカニカルブリッジのヘッド部分の大きさは最大 80mm×130mm までとする。
競技役員が認めた場合、上記の制限と異なる補助器具を使用することができる。”の寸法内の設計ですが、試合への出場の際は競技役員に使用の可否をご確認ください。

ポイント7/道具が能力に呼応する!?

様々な業界において、”道具”とは便利になり過ぎて使用者をダメにする物もあれば、それによって使用者の能力を高める物もあります。このUNIVERSAL REST®は、お馴染みの補助具、メカニカルブリッジ相当の機能を有しつつも、使用者の能力を矯正する事がない為、シー使用者がシーンに応じて設置位置や使用形態を選択する事により使用者の能力に呼応して道具のパフォーマンスも高く発揮されます。

※あくまでも、片上肢身体障害者が、健常者のオープンブリッジ相当の機能を有する為のものを、一般プレーヤーが競技の向上を目的に使用する事も可能ですが、確実な上達を保証するものではありません。

ポイント8/広い側面開口部からキュー先の挿入が可能

側面のスペースからキュー先の挿入が可能な為、よりスムーズにアドレスへの移行が可能。
※当クラブ開発の旧モデル比

ポイント9/遂に球越しが可能に!!

UNIVERSAL REST®を前方に起こすように立てる事で、かつては球越時のテイクバックの力点の作用反作用のアンバランスから道具が転倒してしまう問題を解決するバランス設計に成功。遂に安定した球越しが可能に!
※レストに必要以上の負荷を掛けた場合はこの限りではありません。
通常販売品
協賛企業PR
脳梗塞リハビリセンター/株式会社y's様

リハビリに第三の選択肢を

脳梗塞リハビリセンターは、脳梗塞や脳出血など脳卒中後遺症の改善を諦めない方々にとって、医療・介護を補完するリハビリの「第3の選択肢」となり、ご本人やそのご家族の方々の、より豊かな人生創りのお手伝いをさせていただきます。

脳梗塞リハビリセンター公式HP

キューショップジャパン/JUST DO IT様

ビリヤードで明日をもっと楽しく。

キューショップジャパンがご提供するビリヤード用品と楽しいコンテンツで皆様のQOL向上をサポートさせていただきます。
ビリヤードに関するご質問は何でもお答えします。
お気軽にご相談下さい。

キューショップジャパン通販サイトへ

(有)ニューアート様

ビリヤードのある生活

no pool, no life. ビリヤードのある環境にいつもより添える専門店でありたい。
私たちはビリヤードの楽しさを提供する専門店です。
テーブルからキュー、あらゆる用品まで幅広くお客様をサポートさせて頂いております。
お気軽にお問合せください。

ニューアート公式HP

ER SPORTS様

日本最大級の品揃え

ここにしかないものがある!

専門知識を持ったスタッフがあなたのお悩みを解決致します。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

またイーアールスポーツはネット通販だけではなく、A.B.C Base/salonから車で20分、交通機関
ご利用で30分程度のお時間でお越し頂けるビリヤード・ダーツ用品専門のショップもございます。

イーアールスポーツ公式通販

(株)環境美健様

漏水調査・次世代防水のパイオニア

テキスト準備中

環境美健公式HP