これまでの「行き当たりばったり経営」から卒業!

と意気込んで、経営学を学ぶためにビジネス書を読んだものの

「で、どうやって活用すればいいの?」と
経営学の学び方活用法からずに悩んでいる経営者の方へ

独学で感じているモヤモヤ感から解放される、中小企業使える経営学実践ノウハウが、15時間で学べる勉強会

あなたは知っていますか?

  • 何故、多くの経営者が「経営学は使えない」と言われるのか?
  • 何故、一般的なビジネス書を読んでも、経営に役に立たないのか?
  • 何故、ベストセラーのビジネス書が、あなたにとってつまらないのか?
  • 何故、経営学をイチから独学で学んではいけないか?
  • 何故、あなたが求めている「これだ!」と思えるビジネス書に出会えないのか?
  • 何故、一般的なビジネス書を読んでも、経営に役に立たないのか?

「経営学」で見落とされている観点

「経営学」は、「企業」という特定の領域を対象とする領域学です(近年は、企業以外も研究対象となっていますが)。つまり、研究対象の企業について「常に変化する内外の環境において組織をいかに効率的に運営するか」を解明する学問です。

ここに「経営学」で見落とされている観点があります。

それは、研究対象としての企業は、大企業特徴のある企業に偏る傾向がある、ということ。つまり、「経営学」には、日本を支える99.7%の一般的な中小企業の事象は研究されていない、という事実があります。

あなたが読んだビジネス書に載っていた企業は、有名企業ばかりではありませんでしたか?

そして、大企業と中小企業とでは、経営資源が異なるため、経営のやり方が大企業と中小企業とで異なることは、当然と言えます。すなわち、「経営学は使えない」という経営者の言葉は、ごく自然な発言といえます。

確かに、「経営学」の研究対象として、たくさんの中小企業を対象にしたものもあります。しかし、そこで導き出される結論は、一般化されて、抽象的な表現となります。そのため、導き出された結論を読んでも、それを実践するためには、一般化された結論を再び、咀嚼する必要があります。

「経営学」が使えない原因が、ここにもあります。つまり、「経営学」とは、抽象化された理論を実践できるように具体化するために変換することが必要なのです。ビジネス書には「で、自社にはどうやって活用すればよいか」までは書かれていません。

独学では、学びに限界がある

もし、あなたがビジネス書から「経営学」を学ぼうと考えているのなら、もう無駄な時間を費やすのは止めにしませんか?理由は2つあります。

1つ目の理由は、先ほど説明したように、一般的なビジネス書は、大企業向けに書かれたものです。あなたが必要とする中小企業の経営に役に立つビジネス書に出会うには、時間がかかります。


そして、2つ目の理由は、あなたは学生の頃、どのように「勉強」していましたか?

きっと、多くの方が、まずは学校で教わり、学校の勉強では足りない部分を塾や家庭教師、更には通信教育で補っていたかと思います。その際、必ず先生に教えてもらっていたはずです。その上で、参考書を片手に自分で勉強していたはずです。

初めから、参考書を片手に自分で勉強していた人は、多くないはずです。

つまり、あなたが「経営学」を学ぶ時も、独学では学びに限界があるのです。まずは、「経営学」の基礎力を人から学ぶ必要があるのです。

15時間で中小企業で使える経営学が学べる勉強会

改めて、あなたにお聞きします。

経営者という立場を意識して、一度は「経営」について深く知りたいと思い、色々な本を読んだり、経営者仲間に聞いてみたりするけれど、「自分の理解力では十分に身になっていると思えない」と感じていませんか?

また、「断片的に聞くだけでは、いつまで経っても自身に腑に落ちる瞬間が訪れない」と感じていませんか?

そのような、あなたのために、経営の基礎から最新のノウハウまでを体系的に学び、その場でのワークを通じて理解を深めて頂く機会を設けました。

既にご参加頂いた方からは、

  • 自分の立ち位置を考えさせられる内容でした。
  • 自分というものをアップデートできたような気がします。
  • 小さい企業向けに実践できそうな手法が学べるのが良いです。
  • ワークで他の方の話も聞けるため、思考が飛躍できます。
  • ワークで自分自身と改めて向き合い、大変勉強になりました。
  • 自分の商品の特徴や利点を考えるいい機会になりました。


と多数のお喜びの声を頂いています。

本勉強会は、ワークを中心とした勉強会としております。また、参加者同士でワークの内容について発表して頂き、他の参加者からのフィードバックの時間を大切にしています。

このため、参加して頂く人数に上限(6名まで)を設けております。

おかげさまで、本勉強会は第5期を迎えます!

第4期までの延べ参加者数は、40名弱とまだまだ小さい勉強会ですが、ご受講頂いた方の多くに連続受講して頂き、毎回好評を得ています。是非、あなたも、本勉強会にご参加頂き、中小企業の経営に役立つ理論と実践ノウハウを知って身につける機会にして下さい。ご参加お待ちしています!

ABC Office経営勉強会

ABC Officeでは、全5回の経営勉強会を開催します。本勉強会は、半年毎に定期開催していますので、ご受講できなかった回は、半年後の勉強会にご参加下さい。初回お申込みは、特別価格1,000円とさせて頂きます。ご参加お待ちしています!

【初回特典】ABC Office経営勉強会
  • 販売価格
  • 1,000円
  • (税込)
【2回目以降】ABC Office経営勉強会
  • 販売価格
  • 5,000円
  • (税込)
【2回目以降】ABC Office経営勉強会
  • 販売価格
  • 5,000円
  • (税込)

本勉強会は、こんな方にオススメです!

  • 経営理念を作りたい。だけど、有名企業や他社の経営理念を真似しようにも、どうもしっくりこない。経営理念の作り方を教えて!
  • 自信がある商品なのに、思うように売れない!「一度買ってくれたら分かるはず!」とは言うものの、どうやって買ってもらの?
  • イノベーションなんてものは、一部の頭のいい人間や大企業には必要かもね。中小企業には必要ないんじゃないの?
  • 人材採用も難しくなり、このままではいけない!社員との関わり方に課題を感じているが、どう変えて良いか分からない!
  • そろそろ、財務会計という数字を見ることも勉強しようかと思うけど、数字はとにかく苦手。分かりやすく教えて!
  • イノベーションなんてものは、一部の頭のいい人間や大企業には必要かもね。中小企業には必要ないんじゃないの?

選ばれている理由

理由1
ワークが充実している
  • 実際に中小企業が取り組める内容のワークが充実
  • ワークを通じて、その場で会社やご自身の方向性が確認できる
理由2
アフターフォローが手厚い
  • 勉強会資料はPDFでお渡し
  • 記憶の定着を図るため、1か月に渡って講義内容のフォローメールを毎週配信
  • 講座2週間後を目途に、Zoomで個別のフォローアップ講座を開催
理由3
参加者が発言しやすい雰囲気
  • 少人数で開催しているため、参加者同士の距離感が近い
  • アットホームな雰囲気のため、気軽に質問し易く、疑問はその場で解決できる
理由2
アフターフォローが手厚い
  • 勉強会資料はPDFでお渡し
  • 記憶の定着を図るため、1か月に渡って講義内容のフォローメールを毎週配信
  • 講座2週間後を目途に、Zoomで個別のフォローアップ講座を開催

講師紹介

安孫子 貴(ABIO Takashi)
ABC Office 代表
京都大学卒、東京大学大学院修了、神戸大学大学院(MBA)修了。
新卒でメーカーに就職し、生産エンジニアとして14年間勤務。その間、新製品開発や技術開発の業務に従事。
在職中、神戸大学にて経営学修士(MBA)を取得。その後、人事制度導入・改定の支援から、社内一丸となって取組む実践的マーケティングで売上アップを実現する中小企業の経営サポート・スタッフとしてクライアント様の経営活動を支援中。

改めまして、安孫子(あびこ)と申します。この度は、本サイトにご訪問下さいましてありがとうございます。

私は、理系大学院を修了後、新卒社員としてメーカーに14年間勤務しました。その間、新製品の開発や新技術の確立に携わり、23件の特許も取得しました。

しかし、新しい技術を確立するのも、その技術を生かすのも、ヒトという一個人ではなく最終的には組織であることを痛感しました。

そこで、エンジニアとして技術で会社に貢献するのではなく、経営・マネジメントで会社に貢献したいと考え、在職中に経営学修士(MBA)を取得しました。

しかし、社内では、MBAで学んだ経験・知識を活用する機会が中々得られず、会社組織を内部から変えることの難しさに直面しました。

また、様々な業種の会社員が集まる大学院で経営学を学ぶ過程で、一企業の会社員という限定された世界では見えていなかった世の中を見ました。そして、自分自身のキャリアについて考えた時、もっと世の中に自分自身が貢献できることがあるのではないか、と考えるようになりました。

特に、中小企業の経営者さん社長さんは、足元の売上から、社員に関わる人材育成まで、経営全般で日々悩まれています。そして、その会社で懸命に頑張られる社員の方々がたくさんいます。

しかし、経営者さん社長さんを始め、組織のトップが悩み、経営方針がぶれ始めると、社員や組織に属する人々の行動にも一貫性が保てなくなります。その結果として、組織として機能しなくなり、当然のことながら、業績も思わしくなくなります。

そのような苦しい状況を脱するためには、社外の支援が必要です。特に、中小企業では人材に限りがあり、自社内で出来ることは限られています。

日々の経営で悩まれている経営者さん社長さん、そして足元の業務で困っている社員の方々のお役に立ちたい。そして、最終的に社長さん経営者さん含め、会社に関わるご家族皆さんが幸せになれるような経営改革のお手伝いしたい。その想いから、会社員としてのキャリアを終えることを決断しました。

現在、人事制度の導入や組織開発の人事コンサルティングを軸にして、生産管理からマーケティングまでを手掛ける経営サポート・スタッフとしてクライアント様の経営活動を支援しています。

前職では課題を発見・解決する力、得られた情報を解析する力を磨き、MBAでは経営学を体系的に学びました。これまでの会社員としての経験や、学問として学んだ経営学の知識を基に、経営の基礎からノウハウまでを体系的に整理しています。

是非、あなたにも基礎を抑えたノウハウの活用法について学び、会社発展の機会にして頂ければと思います。

 

あなたのご参加をお待ちしています!

当日スケジュール

13:30-13:45
事前アンケート・自己紹介タイム
13:45-16:15
本講義(ワーク・シェアタイム含む)
16:15-16:30
振り返り・質疑応答
後日[別途調整]
個別フォローアップ講座開催[1時間]
16:15-16:30
振り返り・質疑応答

ABC Office経営勉強会[全5回]

学科&日程
テーマ&内容
学科1:2022年4月28日(木)
経営の原理原則
  • 経営とは?
  • ビジネスと経営の違い
  • 経営理念と企業理念は同じ?
  • 経営理念の要素
  • 経営理念の作り方のポイント
学科2:2022年5月26日(木)
中小企業のためのマーケティング
  • マーケティングとは?
  • 一般的なマーケティングのフレームワーク
  • 何故、中小企業では一般的なフレームワークが使えないのか?
  • 中小企業のためのフレームワーク
  • 最近のマーケティング手法
学科3:2022年6月23日(木)
企業の必須活動・イノベーション
  • イノベーションとは?
  • 色々なところで使われている「イノベーション」
  • 破壊的イノベーションの正しい理解
  • イノベーションを起こす7つの機会
  • 未来を予見する5つの法則
学科4:2022年7月28日(木)
知っておきたい組織論
  • 「やりましょう!」v.s.「無理ですよ」
  • 組織開発のための心理的安全性
  • 組織を強くする「自信」
  • 「できない」とは?
  • パフォーマンスを最大化する
学科5:2022年8月25日(木)
財務・会計の抑えどころ
  • あなたにとって、お金とは?
  • 基本となるPL、BS、CFの3つの繋がり
  • 法的会計の不都合な真実
  • 「儲け」と「勘定」
  • 戦略MQ会計とは?
特別セミナー:2022年9月22日(木)
中小企業のための人事制度
  • 給与は何に支払っているのか?
  • 日本的人事制度の歴史
  • これから求められる人事制度の在り方
  • 日本の中小企業のための人事制度の提案
学科3:2022年6月23日(木)
企業の必須活動・イノベーション
  • イノベーションとは?
  • 色々なところで使われている「イノベーション」
  • 破壊的イノベーションの正しい理解
  • イノベーションを起こす7つの機会
  • 未来を予見する5つの法則

過去の参加者の声[一部を抜粋]

【学科1を受講してのご感想】
Q6.本日のテーマで一番良かったところ、学びになったところはありますか?具体的には、どのような部分がよかったですか、また学びとなりましたか?


今回のテーマは経営の原理原則ということで、経営理念の要素、4観点など、自分の立ち位置を考えさせられる内容でした。ワークの中で、自分で考える時間が多く、会社と社会の関係や自分と会社、自分と社会とのかかわり方などまで考え、自分というものをアップデートできたような気がします。


Q7.本日のテーマで学んだことを、あなたのビジネスに活かすとすれば、どのように活かせるでしょうか?ご自身のお考えをまとめてみてください。

お客様に接する姿勢は、経営理念によって決まると思うので、今一度、経営理念を再考し、つまり、お客様に対する姿勢を再考できたことで、ホスピタリティの質も上がるような気がします。

[民泊事業経営者 U.M様]
【学科2を受講してのご感想】
Q6.本日のテーマで一番良かったところ、学びになったところはありますか?具体的には、どのような部分がよかったですか、また学びとなりましたか?


ワークによって、他の方の話も聞けるので、思考(発想)が飛やくできるので、とてもよいです。
ペルソナを立てて、想像する。というプロセスの重要性が分かったので、帰ってやっていきたいと思います。



Q7.本日のテーマで学んだことを、あなたのビジネスに活かすとすれば、どのように活かせるでしょうか?ご自身のお考えをまとめてみてください。

悩みを考えることで、サービスの改良はまだまだ出来るなと思います。そのサービスがメッセージにつながる一連で考えられるので、とても活かされると思います。考えやすくなりました。

[民泊事業経営者 U.M様]
【学科3を受講してのご感想】
Q6.本日のテーマで一番良かったところ、学びになったところはありますか?具体的には、どのような部分がよかったですか、また学びとなりましたか?


イノベーションの考え方のしきいが下がったように思いました。
日々考えることは「この業界はこのままではいけない」「何か新しいしくみを」ということで、他業種とのつながりによる新たなとり組み等に頭をひねっていますが、それもひとつとして続けて良いんだと思えました。


Q7.本日のテーマで学んだことを、あなたのビジネスに活かすとすれば、どのように活かせるでしょうか?ご自身のお考えをまとめてみてください。

「ギャップ」に視点を剝けるということ。その他もひととおり思いをめぐらせてみたいと思います。

[非営利団体担当者 Y.S様]
【学科4を受講してのご感想】
Q6.本日のテーマで一番良かったところ、学びになったところはありますか?具体的には、どのような部分がよかったですか、また学びとなりましたか?


本日学習した事をすでに会社で実践しています。遠まわしだと思うこともあったのですが、代表が会社や社員をよくするためにしているのだと思えるようになりました。


Q7.本日のテーマで学んだことを、あなたのビジネスに活かすとすれば、どのように活かせるでしょうか?ご自身のお考えをまとめてみてください。

自信の高め方を活かしたいと思いました。結果を出すのが一番ですが、行動目標も大切だと改めて思えるようになりました。

[ソフト会社営業担当者 U.K様]
【学科5を受講してのご感想】
Q6.本日のテーマで一番良かったところ、学びになったところはありますか?具体的には、どのような部分がよかったですか、また学びとなりましたか?


最後の利益感度の考え方はとても参考になりました。Pの部分を変更するのは遠慮しがちなので・・・。


Q7.本日のテーマで学んだことを、あなたのビジネスに活かすとすれば、どのように活かせるでしょうか?ご自身のお考えをまとめてみてください。

利益感度、PVQFの話は今のビジネスだけでなく、今後新しいビジネスにも役立ちそうです。

[サイト制作会社経営者 H.T様]
【学科3を受講してのご感想】
Q6.本日のテーマで一番良かったところ、学びになったところはありますか?具体的には、どのような部分がよかったですか、また学びとなりましたか?


イノベーションの考え方のしきいが下がったように思いました。
日々考えることは「この業界はこのままではいけない」「何か新しいしくみを」ということで、他業種とのつながりによる新たなとり組み等に頭をひねっていますが、それもひとつとして続けて良いんだと思えました。


Q7.本日のテーマで学んだことを、あなたのビジネスに活かすとすれば、どのように活かせるでしょうか?ご自身のお考えをまとめてみてください。

「ギャップ」に視点を剝けるということ。その他もひととおり思いをめぐらせてみたいと思います。

[非営利団体担当者 Y.S様]

よくある質問

  • Q
    経営者でなければ、本勉強会に参加できないのでしょうか?
    A
    経営者でなくても、ご参加頂けます。

    経営は、そのビジネスに関係する皆さんの総合力です。
    本勉強会の内容は、経営者の方に一番知って頂きたいことですが、経営者以外の方も経営について理解することは、とても大切なことです。

    経営者以外の方にも、是非ご参加頂き、経営者へのお力添えをして下さい。
  • Q
    全学科(5回)に参加することが、必要でしょうか?
    A
    全学科を受講して頂く必要はありません。
    ご自身が勉強したい学科のみを受講して頂いて結構です。

    しかし、経営の大事なことは、仕組みを構築することです。そしてその仕組みの構築は、全体像を捉えることから始まります。

    よって、可能な限り全学科を受講されることをお勧めします。
  • Q

    日程上、全学科を受講することができません。
    全学科を受講したいのですが、どうすればよいでしょうか?

    A

    本勉強会では、補講制度も取り入れています。

    日程上、受講できなかった方のために、別日程での補講を開催します。補講日程については、希望者の方とのご都合を調整した上で、決定させて頂きます。

  • Q

    開始時間に間に合わない場合は、どうすればよろしいでしょうか?

    A

    本勉強会は、途中入室することが可能です。

    但し、直前でも結構ですので、事前連絡を入れて頂けると大変助かります。
    勉強会は、可能な限り全員が集まってから開始したいと考えております。遅れる時間によっては、お待ちしたいと思います。

  • Q

    勉強会の後の予定がある場合、途中退出は可能ですか?

    A

    途中退出可能です。ご予定に合わせて、ご自身の判断で途中退出して下さい。

    但し、本勉強会では、皆さんにワークを実践して頂いた後、参加者の皆さんで共有して頂く時間を設けております。

    ご自身の気づきや参加者の皆さんの気づきを深めるためにも、最後までご受講頂くことを希望します。

  • Q

    オンラインでの受講は、いろいろと不安がありますが、大丈夫でしょうか?

    A

    過去の参加者の中にも、オンラインによる受講について、不安されている方がいらっしゃいましたが「問題なく受講できた」とご感想を頂いています。

    また、オンラインでの受講では、分かりにくかったところ、聞き逃したところ、もっと詳しく聞いてみたかったこと等いろいろなご希望があるかと思います。そのようなご希望にお答えするために、本講座では別日程での個別フォローも実施します。安心してご参加下さい。

  • Q

    日程上、全学科を受講することができません。
    全学科を受講したいのですが、どうすればよいでしょうか?

    A

    本勉強会では、補講制度も取り入れています。

    日程上、受講できなかった方のために、別日程での補講を開催します。補講日程については、希望者の方とのご都合を調整した上で、決定させて頂きます。

受講対象者
・経営学とノウハウの両方を効率よく学びたい経営者、経営幹部の方
・ご自身の経営力を高めたい経営者、経営幹部の方
・独学ではなかなか経営について理解が深まらない経営者、経営幹部の方
会費について
【初回申込】1,000円[お試し価格]
【各回申込】5,000円
お支払い方法について
■クレジットカード払い
VISA・MASTERのロゴマークのあるカードがご利用いただけます。

■コンビニ払い
FamilyMart、ローソンにてご利用いただけます。
開催形式
Zoomを使ってのオンライン講座となります。
参加URLは、参加申込者宛に個別に送付させて頂きます。
会費について
【初回申込】1,000円[お試し価格]
【各回申込】5,000円

最後に

ここまでお読み頂いた方の中には、経営者として日々時間に追われながら様々な判断が要求されているものの「何が正しいのか」「何を基準に判断すればよいのか」と迷っている方が多いのではないでしょうか?

その結果、「これまでの仕事のやり方を変えていく必要がある」と頭では分かってはいるものの、なかなか行動に移せないでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そして更には、経営の改善効果があると言われているノウハウを導入したけど、有効に活用できない。だけど、うまくいかない原因・理由もわからない。ノウハウの裏にある基本がわからないので、応用が利かない。

その結果、結局は元通り、多くの時間と労力、そして費用をかけたけれど、残ったのは社員の不満だけ。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回、このようなお悩みを抱えておられる経営者さんを対象に、経営学のエッセンスから、世の中で色々言われている中でも中小企業が本当に使える実践的なノウハウを体系的に整理してお伝えする場を設けました。

 

そして、本勉強会では、3つの実践を大切にしています。

  • 考える
  • 語る
  • 行う


これは、夏目漱石のロンドン留学日記の以下の一節から引用しています。

『真面目に考えよ。
 誠実に語れ。
 摯実(しじつ)に行え。
 汝の現今に播(ま)く種は
 やがて汝の収(おさ)むべき
 未来となって現わるべし』

得たい結果を得るためには、正しいことを知るだけでは意味がありません。

考えて、それを語り、そして、行動に移す。

本勉強会では、会場でのこの3つの実践を大切にしています。
そして、その場の参加者と意見交換して頂くことで新たな気づきを得て頂きます
最終的に世の中のノウハウをご自身の会社に沿った内容として落とし込んで頂きます。
その結果、翌日から皆さんの会社で使える実践的な知識として習得して頂きます。

是非、本勉強会にご参加頂き、この3時間の勉強会を通じて、ご自身にとって、会社にとって大きな一歩として頂ければと存じます。

あなたのご参加をお待ちしています!

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Facebookページでもイベントを更新しています。もしよければ「いいね!」フォローして頂ければ幸いです。