持続化給付金の最新情報をお届けします。

中小企業200万円!
個人事業主100万円!
申請受付は5月1日、
給付は5月8日予定!

経済産業省の補助金・認定制度50件以上実績あり。 
認定経営革新等支援機関 
全国対応可
相談は
無料!

御社にはこんなお悩みありませんか?

  • 持続化給付金ってなに?
  • 私も対象になる?
  • 最新情報はどこ?
  • 申請の方法がわからない
  • 業務が忙しくて手につかない
  • 申請の方法がわからない

そのお悩み、申請実績の豊富なコンサルタントが解決します!

御社は必要書類をメールマガジンを登録するだけです。

持続化給付金とは、コロナウィルス感染拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。

対象事業者は以下の3要件です。
1.1ヶ月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。
2.2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者
3.法人の場合は、資本金が10億円未満、または従業員の数が2000人以下
※2019年に創業した方や売上が行って期間に偏在している方などには特例があります。

情報提供を依頼するメリット

  • 本業に集中!

    随時更新される経産省の情報をいち早く手に入れることができ、本業に集中できます。


  • 申請に必要な書類の準備を進められる!

    申請には確定申告書などをはじめ必要な書類がございます。当機関は様々な業種を支援させていただいている中、必要な書類のご提示や作成に自信があります。

  • 他の補助金制度の情報も手に入る!

    持続化給付金の他にも経産省は数多の中小企業向けの支援策を提示しています。持続化補助金やIT導入補助金など採択実績も豊富ですので適切な情報をお伝えできます。


  • 他の補助金制度の情報も手に入る!

    持続化給付金の他にも経産省は数多の中小企業向けの支援策を提示しています。持続化補助金やIT導入補助金など採択実績も豊富ですので適切な情報をお伝えできます。


監修者

中小企業診断士
比企 智浩

1989年生まれ。自営業の家系で育ったことから、中小企業への経営支援を志し、大手信用調査会社に新卒入社。入社後、大手では支援の手法に限りがあることを痛感する。地に足のついた個別支援を目指し、中小企業診断士を取得し、2016年に独立。自身でもゲストハウスを運営しながら経営戦略と実践を繰り返す。コンサルティングではIT活用や創業、販売促進の実績多数。補助金を活用した経営アドバイスに定評があり、持続化補助金など公的支援にて500社以上と関り、採択実績も豊富。2018年に法人化。2019年には認定経営革新等支援機関として中小企業庁より認定。

セミナー実績
小規模事業者向けのIT活用セミナーに登壇
事業計画策定支援セミナーに登壇
全国の創業セミナーに登壇
事業計画策定支援セミナーに登壇

メルマガ登録はこちら

経産省の最新情報をお届けいたします。

会社概要

会社名 株式会社tsumugi
設立年月日 2018年1月11日
所在地 東京都板橋区南常盤台1-11-6-101
代表取締役 比企 智浩
中小企業庁認定 認定経営革新等支援機関
所在地 東京都板橋区南常盤台1-11-6-101

お申込み

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

LINE公式アカウントはこちら!

LINE公式アカウントはこちらです。お気軽にご連絡ください。