なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成





おかえりcafeまこもちゃん主催
ワークショップ第二弾

世界初‼️
まこも漆喰壁塗りワークショップ






世界中で壁塗りを学び、
特殊技術を持つ山納銀之輔を講師に
まこも漆喰壁塗りワークショップの
開催です!

日本で今、麻漆喰を使っている
唯一の山納銀之輔
その麻漆喰にまこもを混ぜ込むのは
世界初!!

ワークショップ内容



今回のワークショップでは
神聖なまこもを麻漆喰に混ぜ合わせての
世界初の貴重なワークショップです

①まこもで天井をつくる
➁まこも漆喰壁塗り
③床のオイル塗り
④まこもでしめ縄つくり(8/11実施)

などをワークショップ期間中に行ないます。

※作業進捗状況により、どの日程にどの作業を行なうかはわかりません。
ご了承ください。

なぜ『漆喰』なのか


何百年も続く『呼吸する家』



思い出してしてほしい
今、私たちが住んでいる家を

コンクリートで固められた家
ビニールでできた壁紙
木目調に印刷されたビニール製のフローリング
・・・

そう、

「私たちはビニール袋の中で住んでいる」



コンクリートは身体の芯から熱を奪う

24時間、365日
身体を冷やし続けている
免疫力も下がる



やっとの思いで建てた新築の家

数千万円、35年ローン
その縛りから抜け出せられない人生




なぜ、親が建てた家に子どもは住めないのか


それは

家が壊れてしまうから



コンクリートの家は数十年でボロボロ


せっかくローンを組んで建てたのに・・・






世界を見てみると

何世代にもわたって住み続けている家がある




今の日本の家とどう違うのか



それは、『自然素材』



木材、土壁、レンガ、漆喰・・・自然素材だけで
造られた家は何百年保たれる



たとえ何らかの理由で壊れたとしても
全て自然に還るものだから

地球にやさしい







『漆喰』


漆喰の壁にすることで

*湿気を調整してくれる
(湿気を吸い取ったり吐き出したりする)

*完全防カビ

*ウイルスを殺す

*遠赤外線により身体を温める


人にやさしい




地球にやさしく
人にもやさしい


良いことだらけの漆喰



真菰(まこも)とは

沼や川などの水辺に群生するイネ科の多年草で、
1億年前から同じ姿を保ち、日本各地に自生しています。
日本人にとってとても身近な植物です。

多くの神社で神事に使われており、
日本最古の神社である出雲大社の大しめ縄に
真菰が使用されています。
神社によっては真菰を「病気を癒す」「邪気をはらう」「浄化する」と考えられており、
多くの神社で真菰は神聖なものと考えられています。

真菰の実には、豊富なタンパク質を始め、
ビタミン・ミネラル・食物繊維を含むことから
北米大陸の先住民は「ワイルドライス」と呼ばれて
今も食べ続けているそうです。

人々の健康に役立てているだけでなく、
水質浄化の働きもあることで注目を浴びており、
琵琶湖や霞ケ浦などで真菰を使った水質浄化事業も
行われています。

マコモについて



真菰が発生させるマコモ菌(ON-1菌)は、
生命力が強く、人体に有害な物質を分解する力や、
血液の浄化、免疫力活性化、などの力を持っています。

この菌を利用した発酵食品「マコモ」が作られました。

飲み続けることで自然治癒力が高まり、
アトピー・高血圧・肝臓病・
糖尿病・婦人病・喘息など
さまざまなお悩み解決が期待されています。



募集内容


《日程》
2021年8月6日(金)~11日(水)

《時間》
各日10時~16時(ランチ付)

期間中、どの日にご参加いただいても大丈夫です。
申込フォームより参加希望日をお選びください。

《場所》
奈良県奈良市法蓮町1007-6
おかえりcafeまこもちゃん

※公共交通機関でお越しの方は、近鉄奈良駅に
朝9時半集合でお迎えに上がります
※車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用ください


《参加費》
・1日参加 13000円
・2日間参加 23000円
・3日間参加 33000円
・4日間参加 43000円
・5日間参加 53000円
・6日間参加 63000円

※参加費はランチ代を含みます

《その他》
※遠方よりお越しの際、ご宿泊及び夕食は参加者様ご自身での手配をお願い致します。
※公共交通機関でお越しの方は、近鉄奈良駅に朝9時半集合でお迎えに上がります。
お迎えが必要な方は事前にご連絡をお願い致します。

※ご質問等ございましたら、
 kumyutakuto@gmail.comまで。
 お気軽にお問合せください。

講師


山納銀之輔
1971年3月生まれ。
天然素材コンシェルジュ、空間デザイナー、
村づくりコンサルタント、自給自足アドバイザー、
里山料理研究家など。

そこにあるものを使い、そこにいる人とともに創り出す「衣食住を手づくる」スペシャリスト。
日干しレンガや土壁、漆喰などの自然素材を用いた、安心安全で持続可能、かつデザイン性に優れた家づくりを中心に、エコビレッジのプロフェッショナルとして世界各地に呼ばれ、活躍している。
また、1年半にわたる森の中での狩猟採取生活を通して、自然界の法則、宇宙の法則を体感。
家、畑、料理、恋愛など、多方面から、本当の豊かな生き方やあり方を伝え広めている。

第一回ワークショップの様子