キレる子どものための
食育インストラクター養成講座
特別公開講座

子ども達を救え! ~今、子ども達に何が起こっているのか?~

申し込み

年々増え続けるキレる子どもたち。小学生の暴力件数は7年間で3倍に急増。
暴力行為の低年齢化が深刻になっている中、
2017年4月より開講された「キレる子どものための食育インストラクター養成講座」。
 その講座を通して、自殺未遂を繰り返していた子どもが回復するなど、数多くの改善報告が受講生の家族や周辺で現れメディアでも取り上げられました。
 今回は特別公開講座として、それぞれの分野の最先端で活躍される素晴らしい講師を迎え、キレる子どものメカニズムや皮膚と食物アレルギーと心の関係、また具体的な改善方法などをお伝えします。 



日程:2018年7月22日(日) 10:30〜16:00
参加費:3,500円(高校生以下無料)
 場所:積水ハウス総合住宅研究所ホール(200名収容) 
京都府木津川市兜台6-6-4 

お問合せ
kireko2018@gmail.com

ページ下部のボタンよりお申込みください

講師紹介

内山葉子

~キレる子どもと食事と代謝~

葉子クリニック院長 
総合内科専門医 
腎臓内科専門医

関西医科大学卒業後、大学病院、総合病院での腎臓内科・循環器・内分泌の臨床を経て、福岡県北九州市で葉子クリニックを開院。全人的な医療に基づき、自然療法や漢方、食養生、心のケアなどを総合的に行い、さまざまな分野の難治性疾患の診療を行う。  

総合内科専門医。腎臓内科専門医。ホメオパシー専門医。2児の母。

著書に「子どもの病気は食事で治す」「パンと牛乳はすぐにやめなさい」「毒だらけ」など多数。

市民メディア「バクロスTV」出演

鈴木正夫

~皮膚と食物アレルギー~
食物アレルギーの始まりは皮膚から

㈱構造機能科学研究所代表取締役 
理学博士 

専門はオレイン酸等生体脂質科学・皮膚免疫科学など。アトピー性皮膚炎等のアレルギーが経皮感作に起因することを予見して、生命科学・医学・薬学・物質科学を専門とする15大学19名の先生らと1999年、日本初の広域大学異分野研究者連携ベンチャー、㈱構造機能科学研究所を設立。世界初の超分子スキンケア化粧品「RIMソープ・RIMエモール」の開発に成功。現在は医療機関や大学などと連携してRIM超分子スキンケア化粧品によるアトピー性皮膚炎の臨床応用など、スキンケアの研究と製品を通じて子育て・勉強・スポーツ・QOLのサポートに尽力している。

国光美佳

~ミネラル食で変わる家族の関係~

子どもの心と健康を守る会代表  
食育心理研究家 
食学ミネラルアドバイザー

食事のミネラル不足の実態と対処法の講演、食生活相談と子どもの心のケアをくみあわせた子育て支援を行っている。

発達障害や摂食障害などの子どもたちのミネラル食による改善事例多数。

月刊誌「食品と暮らしの安全」にミネラル食による改善の記事を連載中。

著書に「食べなきゃ危険!」「新型栄養失調」「奇跡の食育」など。全国の学校や教育委員会、医療関係等での講演会多数。

会場

積水ハウス総合住宅研究所ホール

近鉄 高の原駅から 徒歩15分、タクシー5分 無料駐車場有