なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

一時的にお金を借りたい!という衝動にかられ

大学生の時、アルバイトで貯めたお金で国内旅行に行った時の話です。

私は旅行先で思いのほかお金を使いすぎてしまい、帰りの交通費が足りなくなってしまいました。

電車と新幹線で移動していたので、運賃がなければ帰れない状態でピンチに陥っていました。

一時的にお金を借りたいという衝動にかられ、プロミスの無人店舗で借り入れの審査を行い、30分程度でお金を借りられ助かりました

初めての利用だったので30日間の無利息期間があり、旅行先から帰宅して2日後に返済したので利息はありませんでした。

大学生のアルバイトの私でもお金を借りられたことに驚きです。

一時的にお金を借りたいと思ったあなたに安心しておすすめしたいです。



1ヶ月だけ一時的にお金を借りる方法

消費者金融が一時的な借り入れに適している理由の一つに、無利息期間があることが挙げられます。大手消費者金融の多くは、契約や初回借入をした後、一定期間利息をゼロにしています。

そのほとんどが30日間の無利息期間を設けており、レイクALSAでは最大で180日間の無利息借り入れが可能です。消費者金融会社が無利息ローンを提供する理由とは?

初めての人が借りやすいようにするためです。どの借り入れ方法が自分に合っているのかをじっくりと調べたい方は、下記のサイトの借り入れテストをご利用ください。例えば、終身保険や養老保険に加入している場合、保険を解約したときに払い戻される「解約返戻金」があります。

この解約返戻金の一部を借りることができるのが、契約者貸付制度です。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融では、最短30分での融資が可能で、審査に通れば近くのATMからお金を借りることができます。お金を借りる方法が多すぎて、どれが自分に合っているのかわからないという人には、消費者金融がおすすめです。

一時的にお金を借りたいならカードローン

2つ目のポイントは、低金利の借り入れ方法を選ぶことです。最初の借り入れだけでなく、追加の借り入れでも無利息になります。緊急小口資金は、低所得者層が急にお金を借りたいときに利用できる公的融資制度です。

総合支援資金は、一時的にお金が必要な方を対象とした公的融資制度です。

資金の用途に応じて3つのカテゴリーに分かれています。例えば、「生活支援資金」では、食費や住宅ローンの支払いのためにお金を借りることができます。従業員貸付制度は有益な借り入れ方法ですが、注意しなければならないのは、保証人が必要だということです。

これは、借りた人が返済できなくなった場合、保証人が責任を持ってお金を回収するということです。つまり、返済できるだけのお金がたまっていない状態では、どうしても借りられる金額が限られてしまうのです。

また、短期間しか借りられないのであれば、できるだけ利息の少ない借り方を選びたいものです。今回ご紹介したように、カードローンよりも早く、安く借りられる方法はたくさんあります。

無利息で当日借入OKの融資先

まずは、大手の消費者金融や銀行カードローンでどのような無利息サービスが提供されているのかをざっとご覧ください。なお、無利息サービスを利用して即日融資を希望する場合は、「即日融資ガイド110番」を参考にしてください。

ちなみに、PayPay銀行カードローンの公式サイトには、「約定返済に遅れた場合、無利息期間は適用されません」という注意書きがあります。

仮に無利息サービスがなかったとすると、まず1万円のうち1,500円が利息の返済に充てられ、残りの8,500円が元金の返済に充てられるので、借入残高は9万1,500円にしかならないのです。

一時的にお金を借りたい場合は、多くのカードローン会社が採用している「30日間無利息サービス」や、レイクALSAの独自サービスである「5万円借りれば180日間無利息」などを参考にして、実際にどれだけ利息を節約できるかを確認してみてください。

しかし、銀行カードローンは消費者金融に比べて「低金利」であるため、一時的にではなく、今後も長期間にわたって頻繁にお金を借りたいという方には適した借り入れ方法といえます。

また、中小の消費者金融は即日融資に対応していないところが多いので、急いでお金を借りたい人には向いていませんし、無利息サービスを提供している街金もほとんどありません。他社での借り入れが多い人や、過去に延滞して個人情報機関に記録されている人以外はおすすめできません。例えば、「りそな銀行カードローン」などです。

例えば「りそな銀行カードローン」の上限金利は12.475%なので、消費者金融の18.0%よりも常に低い金利で利用することができます。では、「りそな銀行カードローン」の無利息サービスなしの金利と、無利息サービスを適用した場合の消費者金融の金利を比較して、一時的にお金を借りるならどちらがお得か検討してみましょう

りそな銀行カードローン』の金利が圧倒的に低いですね。

一時的に借入する方法を状況別に紹介

生活福祉資金貸付制度は、生活を経済的に支えることを目的とした公的な貸付制度です。貸し出しの種類は4つあります。この4種類は、さらに「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」に分かれています。

それぞれの制度は、融資条件、融資限度額、償還期間、金利などが異なりますので、まずは自分が申し込める条件を把握することから始めましょう。前提として、収入保険や支出保険などの貯蓄・蓄積型の保険は、解約時に「解約返戻金」が発生します。

この解約返戻金を担保に、保険会社から一時的にお金を借りることができるのが契約者貸付制度です。福祉資金貸付制度にはさまざまな種類があり、制度ごとに適用される金利も異なります。

貯蓄性のある生命保険に加入している場合は、契約者貸付制度を利用して解約返戻金を借りることができます。契約者貸付制度を利用するためには、保険契約の解約返戻金が以下の金額である必要があります。

返済期間中に支払われた年金は、福祉医療機構が受け取り、返済額を回収した後に残額を受取人に送金します。なお、「年金担保融資制度」自体は、2022年3月末で受付を終了しますのでご注意ください。

当日返済もできるおすすめカードローン

カードローンの利息は、限度額ではなく借りた残高に対して計算されるため、借りた分だけ利息を支払うことになります。プロミスの無利息期間は、申込時にメールアドレスとWeb明細を登録した新規契約者に適用され、初回借入の翌日から30日間は利息が0円となります。

プロミスのように最初の借り入れまで無利息期間が始まらないカードローンを選ぶことも大切ですが、契約した翌日から自動的に始まるタイプの場合は、契約時に注意が必要です。本当に無利息でカードローンを利用できるのですか?

手数料はカードローンの種類によって異なりますが、銀行振込を利用する場合は振込手数料がかかります。多くのカードローンは、消費者金融のカードローンよりも金利が低いため、同じ金額を借りても金利負担が軽減されやすくなっています。

そのため、1日以上借りる場合は、消費者金融カードローンの無利息期間を利用した方が得策です。普段使っているカードローンでお金を借りた方が便利で安全かもしれませんが、無利息期間を利用したい場合は、新たに消費者金融のカードローンに申し込みましょう。

大手消費者金融の多くは、新規顧客が一定期間利息をかけずにお金を借りることができる無利息カードローンを提供しています。借りたお金をすぐに返せる人は、無利息期間のある消費者金融のカードローンを選びましょう。