家族信託の特徴や注意点は?
東京でおすすめの事務所について

近年、資産凍結などを防ぐために注目されているものが「家族信託」です。今回は、家族信託の基礎知識やメリット、注意点、東京でおすすめの事務所などについて紹介していきます。将来的に家族信託を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

家族信託の基礎知識

こちらでは、家族信託の基礎知識について見ていきましょう。名前だけ知っていてもどんなものなのか分からない人は参考にしてみてください。

 ・家族に権限を与える

自分で財産管理ができなくなった時に備えて、家族に財産管理や処分権限などを与えておくものを「家族信託」と言います。投資信託との違いは、報酬が発生しないので家族間の利用が想定されている特徴があります。

 ・遺言の代用

家族信託は遺言の代用として活用する人も少なくありません。家族信託で財産を受け継ぐ人を指定することで、本人が亡くなった後も「家族信託」の効果は続きます。そのため、特定の相手に引き継がせたい場合に遺言ではなく家族信託を利用する人が多いです。

 ・資産継承順位

資産継承順位は「本人」が決めることができます。資産順位を決めておくことで、第一順位の人に何かあっても、第二順位の人が資産継承をできるという仕組みになっています。

家族信託のメリット

家族信託にはさまざまなメリットがあります。こちらでは、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・認知症予防

財産所有者が認知症になってしまうと、資産凍結となる場合があります。亡くなっていなくても認知症になることで、資産を自由に動かせなくなるのです。そのため、所有者の家族などが困ってしまうこともあります。しかし、家族信託をしておくことで認知症になっても資産を動かせる人を作ることができます。

 ・自分の思い通りの継承が可能

例えば、高齢になって何もしてくれなかった長男より面倒を見てくれた次男の方に資産を多く分けたいという場合もあります。遺言の場合は異議申し立てなどによって本人の理想通りに進まないこともあるのです。しかし、家族信託であれば先述したように継承順位をつけることができるので、自分の理想通りの配分が可能となります。

 ・柔軟な財産管理ができる

成年後見制度の代用として、家族信託を利用する人も多いです。成年後見制度では柔軟にできない部分も、家族信託であれば柔軟な対応が出来る場合が多いからでしょう。

家族信託のデメリット

家族信託にはデメリットもあります。こちらでは、どのようなデメリットがあるのかについて見ていきましょう。

 ・出来ないこともある

家族信託を遺言代わりにする人もいますが、家族信託ではできない部分もあるのです。遺留分滅殺対象財産の順序指定なども遺言でしかできません。このように、代用は可能ですが遺言のすべての代わりになるわけではないので注意しましょう。

 ・トラブルの原因になる

家族信託をすることで、端的に遺産相続をしたようなものになってしまいます。そのため、親族との関係が悪化する場合もあるようです。家族信託をする際は、しっかり親族間で話し合っておくようにしましょう。

 ・専門家が少ない

家族信託は注目されているものですが、実は専門家が少ないのが現実です。すべての司法書士や弁護士が対応できるわけではないことも覚えておくようにしてください。

東京で家族信託の相談ができる事務所

こちらでは、東京で家族信託の相談ができる事務所について見ていきましょう。現時点で、家族信託を検討している人は参考にしてみてください。

 ・なかの法律事務所

さまざまな家族信託に対応しているため、安心して相談ができる事務所です。遠方から訪ねてくる人がいるほど、家族信託の中では知名度が高い法律事務所と言ってもいいでしょう。

 ・中下総合法務事務所

全国各地への出張に対応している事務所です。そのため、家族が遠方である、身体が不自由などの理由で訪れられない人も安心して相談することができます。初回相談の1時間程度は無料となっているので、相談する際は聞きたいことをまとめておくといいでしょう。

 ・司法書士法人ブリッジ

初回は直接面談を特徴とする事務所です。電話やメールでは、相談内容の行き違いが起こる可能性があるからです。直接対面して、解釈違いを起こさないための工夫がされています。遠方からの人は大変ですが、誤解をしないために直接対面で相談をしましょう。

東京で家族信託の事務所について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

家族信託に対応している司法書士事務所や法律事務所は多くあります。
ただ、すべての事務所でスムーズに対応してもらえるとは限りません。
そのため、相談をする前に実績や評判などをしっかりチェックしておくようにしてください。
評判を調べることで、どんな人が対応してくれるのかなどを
見極めることもできるのではないでしょうか。