安心して頼める
防犯カメラ設置業者

防犯意識の向上から、アパート・マンションには防犯カメラの設置が不可欠になりました。もし長い間新しくしていない場合は交換を検討してはいかがでしょうか。ここでは安心して依頼できる防犯カメラ設置業者の情報をご説明します。

防犯カメラの種類

・ボックス型

防犯カメラというとボックス型をイメージする人が多く、最も一般的なタイプです。見た目から防犯カメラだとわかりやすいので、設置するだけでも空き巣などに対して威嚇効果を発揮します。目的に応じたレンズを選択できるほか、設置場所も選ばないのでさまざまなタイプのアパートマンションに設置可能です。

 

・ドーム型

天井に設置される、カメラがドームの中に収められたタイプで一見防犯カメラとして目立ちにくく、建物内の雰囲気を損ないにくい特徴があります。またあまり目立たないデザインから部屋の中への設置にも適していてペットの監視用などにも使えるほか、カメラが回転できるので監視範囲がボックス型よりも広くなります。

 

・赤外線センサーカメラ

カメラの監視範囲に人がいるときだけモニターが動作するタイプのカメラで、24時間監視し続けるカメラよりもコストを抑えられます。必要な部分だけを撮影するため、記録チェックも無駄なく効率的にできるのです。

 

目的に合った防犯カメラの選び方

・もしものために鮮明に残したい

空き巣に入られた、トラブルの証拠を残したいなど映像を鮮明に残したい場合には、HDDやDVDのような記録媒体がついたものを選びましょう。例えばUSBレコーダーにバックアップが可能なレコーダーなどがあります。そしてより鮮明な映像が欲しい場合は高画質のハイビジョンのものを選ぶと良いです・

 

・目立たないカメラが欲しい

いかにも防犯カメラというデザインは犯罪抑止力になるけれど、建物の雰囲気に影響してしまいます。またカメラがあると分からないように設置したい場合にも、ドーム型などの目立ちにくいタイプがおすすめです。

 

・費用を抑えたい

防犯カメラの設置にはある程度のお金がかかりますが、予算を決めてその範囲で収めたい場合はできる限り希望を叶えられるタイプを選択しましょう。そのときどのポイントを優先するか決めておき、値段を考えることです。

信頼できる防犯カメラの設置の選び方

・保有資格を確認

防犯カメラの設置に特別な資格は必要なく、電気工事の知識がある業者であれば問題はありません。しかし防犯設備士の資格を持っていると安心して頼みやすくなります。この防犯設備士の資格は警察庁指導のもとで始まった資格であり、防犯設備設置と合わせて侵入盗や強盗の手口を学び、効果的な防犯カメラの設置方法や使い方を勉強するものです。養成講習を受けて試験に合格すると資格を得られます。

 

・相談しやすいか

防犯カメラを効果的に設置するためには業者とよく相談して事情を伝え、最適な場所を提案してもらわなくてはなりません。そのためにはこちらの話を十分聞き取って親身になってくれる業者にすると安心です。そのためには直接問い合わせをする方法もありますが、口コミサイトをチェックして対応内容を参考にしてもわかりやすいでしょう。

 

・料金体系が公式サイトに載っている

初めて防犯カメラを取り付ける場合、どのくらい費用がかかるかわからないため予算が組みづらいものです。その場合、公式サイトに費用の目安が掲載されている設置業者を選べば大体の予算を考えやすくなります。このとき注意するポイントは、カメラ本体のほかに配線工事と必要な付属品の代金も書かれているかです。

 

防犯カメラ設置業者の口コミ

・思ったより高画質だった

きちんと録画できる防犯カメラをお願いしたところ期待以上に鮮明な映像が撮れるもので安心しました。ゴミ集積所や駐車場のトラブル対策がしたかったので、お願いして良かったです。以前設置していた防犯カメラも録画はできましたが鮮明ではなかったので、満足です。

 

・防犯対策ができて安心

管理しているマンションの前は人通りが多いので、何か対策をしたいと思って防犯カメラの設置を依頼しました。初めての設置だったのでわからないこと、不安なことがありましたが、こちらの立場になって相談に乗ってもらえたおかげで納得のいく設置ができました。おかげで今のところトラブルも起きることなく、安心して過ごせています。

アパート・マンションにこれから防犯カメラを設置する、新しいものに交換したいときは信頼できる業者に依頼しましょう。防犯カメラ設置について詳しい内容は以下のサイトをご確認ください。

まとめ

犯罪の抑止からトラブルの解決まで、あらゆるシーンで防犯カメラは役に立つのでまだ設置していない場合は導入を検討してみましょう。もし既に設置済みであっても、目的に合っていなかったり古くなったりしている場合は、目的を見直して新たな防犯カメラへ切り替えてはいかがでしょうか。