東京の部分矯正歯科選びでチェックすべきこと

分矯正とは、審美歯科治療の一種です。部分的に審美治療を行うことを指し、治療を行うことで美しい口元も実現できます。現在では審美歯科専門のクリニックも増えていますが、何を基準に選べばいいのか悩んだことはありませんか?そんな方のために、ここでは東京で部分矯正が受けられるクリニックを選ぶときのポイントをまとめてみました。

費用が適正かどうか

部分矯正は決して安い治療ではありません。保険が適用されない治療がほとんどのため、どうしても高額な費用になりがちです。また、クリニックが自由に料金を決められるため、治療を受ける場所によって費用が変わってきます。

クリニックを選ぶときには、適正な費用を設定しているかどうかを確認しましょう。治療費をオープンにしている歯科クリニックもあるため、公式ホームページで確認してください。いくつかのクリニックのホームページをチェックし、費用を確認すれば相場も理解できるでしょう。

部分矯正の治療では、クリニックによって数万円の差が出ることも珍しくありません。調整料、診断料の有無だけでも相当の差が生じることがあります。大切なのは、治療にかかる総額がいくらになるかです。費用をホームページに記載しているクリニックでも、追加で別途費用が発生しトータルで高くなるケースも珍しくありません。

費用を明確にしているところを選ぶ、または直接相談、問い合わせをして確認することをおすすめします。

治療にかかる期間

治療期間がどれくらいになるかもチェックしておきましょう。部分矯正の治療は時間がかかることが多く、1年以上かかることも珍しくありません。症例によって期間は異なりますが、これもクリニックの公式ホームページなどでチェックすべきポイントです。

部分矯正の治療を行っている審美歯科クリニックだと、公式ホームページに症例と治療期間を掲載していることが多いです。自分と同じ症例を見つけ、併記されてある期間も確認しましょう。なお、治療に必要な期間もクリニックによってさまざまです。

治療を行う医師の技術や経験などによって、治療期間が変わることもあります。大勢の患者さんに対応してきた経験豊富なクリニックだと、スムーズな治療が可能なため期間も短くなる可能性があります。安心を得るためにも、なるべく実績が豊富なクリニックを選ぶのも大切なポイントといえるでしょう。

クリニックの中には、最短の治療期間が3ヶ月といったところもあります。東京にもこうしたクリニックはあるため、気になる方はぜひ調べてください。

知識や技術力

部分矯正の治療は専門性が高いため、医師には高い技術と知識が求められます。治療でミスをされないためにも、なるべく高い技術力と知識を有する医師が在籍するクリニックを選ばなくてはなりません。

判断の基準ですが、一つには学会の認定資格が挙げられます。歯科医師が所属する学会はたくさんありますが、こうした学会の認定資格を取得していると一定の技術レベルに達していると判断できます。また、部分矯正治療の技術や知識をさらに高めようとと努力している医師、と判断することもできるでしょう。

インターネット上の口コミも参考にしてみましょう。気になるクリニックで治療を受けた方の口コミなら、医師の技術や知識について知れるかもしれません。満足度の高い口コミが多くを占めているのなら、高度な技術レベルを持つ医師が在籍していると判断できる目安になります。

ネットの口コミは匿名性が高いため、すべてを信じることはできません。ただ、参考になるのは事実なので、たくさんの口コミに目を通して総合的に判断しましょう。

通いやすさ

症例によっては長い期間クリニックに通うことになるため、通いやすさは重要なポイントです。なるべく自宅、もしくは職場から近いクリニックを選びましょう。

クリニックが遠すぎると、少し仕事が遅くなっただけで予約の時間に間に合わなくなる可能性があります。そのようなことが続いてしまうと、いつまで経っても治療が終わらない、ということにもなりかねません。治療も中途半端にやめてしまう、といったことも考えられます。

公共交通機関を利用する場合だと、駅やバス停からの距離をチェックしましょう。電車で1区間でも、最寄り駅からかなり歩くとなると不便です。何度も通うことになるクリニックなので、なるべく駅やバス停から近いところを選びましょう。

東京で部分矯正ができる歯科医院を探しているのなら、こちらのサイトがおすすめかもしれません。料金や治療期間、認定資格、ホームページの症例などのポイントを満たしたクリニックの紹介もしています。今後の審美歯科選びの参考になるでしょう。

まとめ

東京にはたくさんの審美歯科クリニックがあるため、その中から選ぶのは大変かもしれません。しかし、きれいな口元を実現するには、クリニック選びがもっとも重要です。費用はもちろんですが、医師の技術や知識、実績、通いやすさなど、総合的にチェックした上で最終的な判断をしてくださいね。