血液検査は正常なのになぜ?
あなたが貧血っぽい理由は

フェリチン不足かも。






週末、昼過ぎまで寝てしてしまう…。実は貧血の予兆だった?



ギリギリに起きて仕事に行き、週末は昼過ぎまで寝てしまう…
こんな覚えありませんか?
最近疲れやすいなと思ったら、いつの間にか”だるさ”が抜けない。
私も栄養剤やドリンクでごまかしながら、
ハリのない生活を送っていました。

でもどうやら、私のような見逃しがちな
体調不良や不定愁訴、
もしくは鬱っぽい症状など、
”鉄とある成分”の不足が原因のケースもあるそうなのです!
健康診断の血液検査で貧血と言われたことのない人も、必見です。

ヘモグロビン値が正常。そこが落とし穴

貧血になりそうな人って…
  • 食生活が偏食、食が細い
  • 見た目は肌が白い、細い、やせ型体系
  • 運動苦手そう
  • 体が弱そう
こんなイメージが一般的だと思います。
でも私は、
  • 食事は好き嫌いなし、三食よく食べる
  • 良く寝るし、不摂生ではない
  • 運動をしている、体力には自信がある
  • 5年間、風邪もひかない健康優良児
という感じ。
一見、貧血ではなさそうですよね?
毎年の健康診断でわかるヘモグロビン値も14。
貧血とは診断されません。
実はここが落とし穴だったんです。
足りていなかったのは「鉄」ではなく

「フェリチン」
だった!?

「貧血=体に鉄が足りていない状態」
だというのは想像がつきますよね。
実は体の中には、血液でいま使われている鉄のほかに
「貯蔵鉄」という臓器に蓄えられてる予備の鉄があります。体が鉄不足に陥ると「貯蔵鉄」から使われはじめ、
「貯蔵鉄」が枯渇したあと、血液中の鉄が使われ、
めまいなどの貧血の症状が出てきます。

つまり、
症状が出たときにはもう「貯蔵鉄」は空っぽ
になっています。

では、この貯蔵鉄をたくさん増やせばよい
と考えるわけですが、
その時に必要になってくるのが
「フェリチン」というたんぱく質です。

フェリチンは鉄をたくさん包むと「フェリチン鉄」となり、鉄を無害化し、臓器に貯えていきます。

しかし、女性は鉄だけでなく、このフェリチンも足りない傾向にあるんだそう…!
つまり、生理の前に鉄をとらなきゃ!
と安くないプルーンジュースを毎日飲んでいましたが
フェリチンが足りてない状態では、
鉄を摂っても無駄だったみたいです…(´;ω;`)
どうりで、毎月具合が悪くなるわけですね…!

フェリチンは食事では増えない


ではこのフェリチンも摂らないと!と思うわけですが、
現在、食物で必要量摂取するのは難しいようです。
この記事執筆の時点では、フェリチンやフェリチン鉄の効果的な増やし方は見つかりませんでした。

基本的に鉄欠乏性貧血の治療と同じく、医師の処方する鉄材を半年以上飲み続けて、フェリチンが作られるのを待つことになります。
過剰に摂取して余った鉄は体内で酸化して、老化や癌などの害に繋がりますので、手軽な鉄材・サプリメントより、医師のエビデンスのある鉄材が確実だと思います。

フェリチン・フェリチン鉄を増やして貧血を改善するために鉄を飲むのに、体を錆びさせる鉄を飲まなければならないって、結構矛盾していますが…。
このフェリチン鉄が補える方法がなにか見つかったら、またお知らせしようと思います。

まとめ

  • 「鉄」だけでなく、「フェリチン」が足りていない「隠れ貧血」
  • 健康診断・血液検査で指摘されないこともある
  • 「鉄」だけ摂り続けても、「フェリチン」が足りていないと根本改善されない
  • 「フェリチン」を増やせる食物・サプリメントはない

  • 手軽なサプリメントは、癌化につながる
  • 「鉄」だけでなく、「フェリチン」が足りていない「隠れ貧血」