恋の罪 映画 動画 無料視聴 フル

こちらでは、映画【恋の罪】を
無料視聴する方法を紹介しています!

過剰な表現で中毒性を生み出す園子温監督がほとばしるエロスを描き、本作でも園子温ワールドが全開。水野美紀のヘアヌードはじめ女優たちが大胆演技を見せつける。

【恋の罪】の動画を無料でフル視聴するならコチラ!
この映画、私も見たかったんですが、機会を逃してしまい、
「映画を無料で見れるところはないかな・・・」といろいろ探して、
とっても見つけるまでに時間がかかりました・・・。

なので、私が映画『恋の罪』のフル動画を無料視聴できた方法を、
まとめてみましたよ!
私と同じように、無料で見れる動画を探している方は是非チェックしてみてくださいね!

【Hulu】

Huluなら【恋の罪】を無料で視聴することが可能です。

簡単な登録で、すぐ視聴が開始できます!

人気の映画やドラマ4万本が見放題の動画配信サービス
「Hulu」では、4万本の動画が見放題!
追加料金なしで無料でフル視聴できます!

※無料トライアル(2週間)期間中は、
すべての作品が無料視聴が可能です。

無料期間終了後は月額933円(税抜)の有料サービスになりますが、
無料期間内に解約すれば料金は一切発生しません!

2週間の無料トライアル

・動画数4万本が見放題!
・無料期間2週間
・無料期間終了後、月額933円(税抜)
・テレビ、スマホ、タブレット、PC、ゲーム機のデバイスに対応

簡単登録で、すぐに動画が無料で視聴できます。
無料期間2週間とやや短めですが、無料期間内に解約すると料金は一切かかりません!

無料期間内であっても、本来、有料動画配信サービスですので、
安心で安全!しかも高画質で話題のドラマや映画、アニメなど
いつでもどこでも、お好きな動画を楽しむことが出来ます。

【U-NEXT】

U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~

U-NEXTなら【恋の罪】を無料で視聴することが可能です。

今なら31日間無料トライアル実施中!
※無料期間が終了すれば有料サービスとなりますのでご注意を!

映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが最新作品から名作まで充実のラインナップ!
120,000本 (※) 以上を配信している、 日本最大級の動画配信サービスです。
( ※カラオケのタイトル数を含む)
スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービス!

無料トライアル特典

1.全ジャンル見放題作品や読み放題作品が、31日間無料で見放題!

2.新作などが600円分無料になるポイントがもれなくもらえる!

会員登録後、無料期間中の31日間内に解約すれば、費用はかかりません!

本ページの情報は2018年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
その他にも動画配信サービスはありますよ

見たかったドラマを見逃して、YouTubeやニコニコ、変な中国サイトで見て、
画質が荒かったり、音声が変だったりして残念な思いをしたことはありませんか?

私はあります・・・。
見逃した私が悪いんですが・・・。

著作権違反の可能性があったり、ウイルス感染のリスクで、
そっちでハラハラしながら見るのって疲れますよね・・・。

このサイトでご紹介する動画配信サービスは、本当は有料ですが、
無料で視聴できる期間があるため、無料期間内に解約すれば、
完全無料で、高画質のキレイな動画が見放題です。

【TSUTAYAディスカス】

大手ビデオレンタルのTSUTAYAが提供するサービスです。

月額933円のプランはオンラインで動画が見放題!
月額2,417円のプランはオンライン見放題に加えて、TSUTAYAのDVD/CDが借り放題
(新作は最大8枚)、しかも自宅まで配送してくれます。

30日間の無料お試し期間中は、月額2,417円のサービス
(オンライン見放題&借り放題)がお試しできます。

無料期間:30日
無料期間終了後:月額933円、または月額2,417円
動画数:85,000本以上(TSUTAYAのほぼ全ての動画)
マルチデバイス対応

会員登録しても、無料期間(30日間)中に解約すれば、費用は一切かかりません!

※見放題作品の視聴だけであれば無料期間中の解約で料金はかかりませんが、
作品によってはポイントの購入が必要です。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

【DMM見放題chライト】

DMM見放題chライト

月額540円で7000タイトル以上が見放題となっており、他社と比べると圧倒的な安さで提供しています。
またDMMらしく、他社ではないアイドル動画の種類が豊富。

そしてDMM.R18にも対応しており、アダルト作品も2000本が見放題です。
アダルト作品対応以外にも人気ドラマや映画、アイドル動画等他社では取り扱いのない作品が多数。

マルチデバイス対応で、スマホ、PC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能。

無料期間:2週間
無料期間終了後:月額540円 <最安>
動画数:7,000以上
マルチデバイス対応

会員登録後、無料期間中(2週間)に解約すれば、費用は一切かかりません!

月額料金最安値!無料期間内だけでなく継続利用を考えているなら最もお財布に優しいサービスです。

【FOD】

FOD(フジテレビオンデマンド)動画配信サービス

簡単な登録で、すぐ視聴が開始できます!

月額料金888円で対象の作品が見放題
(フジテレビのドラマやバラエティをはじめ、アニメや映画、
配信オリジナル番組など、2,000作品以上の対象作品を見放題)

見放題のアニメは約300タイトル
最新雑誌も100誌も読み放題
対象のマンガも無料で読める

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り1ヶ月無料
※無料期間内(31日間)に解約すれば一切費用は発生しません。

無料期間:31日
無料期間終了後:月額888円
マルチデバイス対応(スマホ、タブレット、PCなど)

放映中最新ドラマのフジテレビ作品だけではなく
毎月もらえる1300ポイントで、最新映画や原作コミックなど見れます。
入会だけで上記ポイントがもらえます!

※作品によってはポイントの購入が必要です。
見放題作品の視聴だけであれば無料期間中の解約で料金はかかりません。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

【恋の罪】のあらすじ

ラブホテル街のアパートで女の死体が発見される。事件を担当する女刑事・和子は、仕事と幸せな家庭を持つにもかかわらず、愛人との関係を断てないでいた。謎の猟奇殺人事件を追ううちに、大学の助教授・美津子と、人気小説家を夫に持つ清楚な主婦・いずみの驚くべき秘密に引き込まれていく和子。事件の裏に浮かび上がる真実とは。3人の女たちの行き着く果て、壮絶な愛の地獄が始まる。


見どころ

過剰な表現で中毒性を生み出す園子温監督がほとばしるエロスを描き、本作でも園子温ワールドが全開。水野美紀のヘアヌードはじめ女優たちが大胆演技を見せつける。


概要

1997年に渋谷区で発生した東電OL殺人事件が元ネタになっている。作品の内容や、それまで清純派のイメージが強かった水野美紀がヘアヌードになったことでも注目を集め、単館系の作品ながら興行収入一億円を突破するヒットとなった。第64回カンヌ国際映画祭・監督週間部門でワールドプレミア上映された。


【恋の罪】を、無料で見れます!
映画やドラマなどの動画を楽しめる動画配信サービスを利用して
無料で視聴しよう!

【恋の罪】の口コミは?

園子温監督の作品のおもしろさがわからない人はわからないままだと思う。本当に面白かった。誰の心にも潜む、けれど決して日常には顔を出すことのない「顔」が、その監督の作品では描かれているといつも思う。常識や日常、普通の映画と比べているようではこの方の作品のおもしろさは理解できないだろう。「ありえないだろう(笑)」という笑えるシーンも含めて、人の頭の中での自分勝手な妄想の世界では“ありえる”ことばかり。


東電OL殺人事件をモチーフにして描いた作品。
昼間はお淑やかな主婦、日本文学を研究する準教授の2人は夜は売春をしている。
その人間の二面性は互いの面はグレーゾーンのように関係しあっていて、それを出すか出さないかくらいのギリギリのラインで生きている。
おそらく現状の生活と180度反対の日常をどこかで追い求めているのではないだろうか。普段家族に見せている顔ではない側面は誰しもあり、その両面を持つことによってのみ、自分のアイデンティティが保たれる、そんな印象だった。
アンジャッシュ児島の善人ぽい雰囲気が怖さを引き立てていた。


「冷たい熱帯魚」の園子温監督による「東電OL殺人事件」をモデルにした映画。最近は「スターウオーズ」「マッドマックス」さらには「ゴーストバスターズ」に至るまで過去の作品を女性メインでリブート(て言うのかな?)している中、やはり世の中女性がメインになってきたような気がする。この「恋の罪」は女性の「性本能」と「感情」「思考」がうまく絡み合い素晴らしい出来の作品となっている。「冷たい熱帯魚」同様強引な展開があるが、「セリフ」や「描写」でグイグイ引き込まれて行く。途中冨樫真演じる大学講師が引用する詩「言葉なんて覚えるんじゃなかった」ってフレーズが頭から離れない秀作。


オープニング、いきなり水野美紀さんの絡みで始まるのに驚きます。そして体をバラバラにされた遺体が見つかり、そこから回想に突入しますが。
最初の章で登場する小説家とその妻の生活の息が詰まる閉塞感っぷりが凄まじく、笑えるものになっていて最高でした。
その妻が主人に献身的に尽くす女性ですが、しだいにとんでもない淫乱へと変貌していく姿がすごいことになっています。
メインの登場人物3人の女性を見ているとあらためて思うのが、女性というのは男と違い。精神的に満足しないと肉体的にも満足できないものだということでした。奥さんは、最初は騙された形でAVの撮影現場へとやってきますが。その心の隙間を指摘されるのは「城」という求める言葉を言っている昼は大学の教授、夜は売春婦の顔を持つ女性で。2人が延々と彷徨うのを映していく映画でした。
深い深い性愛の世界を描いていきますが、ブラックユーモア満載で爆笑してしますシーンもいくつかありました。序盤の夫婦生活もそうですし、家族でお茶をしながら罵りあうシーンなんて最高でした。
「愛」を求めて女性という生き物の怖さ、悲しさを感じられるうえになおかつエンタテイメントとして作られているのが素晴らしかったです。こういう映画を観て、男は一体どうしたらいいのかと立ち止まってしまうくらいトラウマになりそうな映画でした。


女性の秘める性の悩み。
東電 OL事件が元ネタだと思われますが、この作品では大学助教授と、有名作家の清楚な妻、女刑事に。
惨殺された助教授に、事件に関わった作家妻、その事件を追いかけた女刑事にそれぞれ異性の悩みがあり、オドロオドロしい関係を背負ってます。
ドラマは作家妻を幹に、清楚な女性がAVまがいのスカウトに誘われ、旦那以外の男性を知り、そこに楽しさを覚えるが、同時に罪悪感も込み上げて。
精神的にギリギリの時に、「たちんぼ」をしてる助教授に出会う。
助教授に作家妻は、自身の生き方の教えを乞う。
(この辺りまでは、エマニエル夫人に話の流れが似てます)
しかし、作家妻がある意味尊敬すらしてた助教授は、やはり問題があり・・。
終わってみれば、女性と不貞と家族がキーポイントだったのですね。
女刑事の相手が、最後まで顔が出ないトコや、助教授が惨殺されてるのに、肝心の殺人のシーンは、特に入れずに印象のみで終わらせてるトコが、観ている人に想像させる感じで好きですね。
ちなみに、津田寛治と言う役者は結構濡場シーンが多く、平成の津川雅彦だと思いました(笑)

【恋の罪】無料動画の視聴時にはこんな所に注意を!

映画やドラマを視聴できる、無料動画のサイトはたくさんあります。
でも、著作権違反など、違法に動画をアップロードする行為は犯罪です。

違法動画をアップロードはもちろん、無料視聴する側にも罪に問われます。

違法にアップされた動画を見る時、違法動画と知っててダウンロードすると、
2年以下の懲役または、200万円以下の罰金が科せられます。

こちらでご紹介しているサイトの無料で公開している動画は大丈夫!
視聴するだけなら、なんの刑罰の対象にもなりません。

同じ見るなら、合法的に堂々と安心して動画を見ましょう!

【恋の罪】のネタバレ感想

ここからはネタバレになりますので、閲覧注意です。

まあ、説明的に作らない、真の芸術家肌の監督だから、中々難しいと思う作品だと思うよ。
しかし、感ずる人間には強い「何か」を感ずる。心の中に何事かが残るんですね。
結論から言えば、これは現代人が陥っている「恋愛」というものを描いたものだ。
その恋愛が我々に何をもたらすのか、ということ。
だから劇中で何度も出て来る田村隆一のあの詩は「恋愛なんて覚えなければよかった」ということに置き替えるとわかるんです。
恋愛を知ってしまったが故に、現代人はすべて苦悩の中を彷徨うことになる。
そこではインテリもダメ。裕福な人間もダメ。警察官もダメ、聖職者もダメなんだな。
人間である限りは逃れ得ない。
美津子は大学の助教授をしていて、結構なインテリだよな。しかし、父親への歪んだ恋愛によって正しい人生に入れない。
恋愛が自分の人生観の中心になっているので、助教授にまで上り詰めても彼女の人生は何も得られていない。
イズミは著名な作家の妻となり、何不自由のない生活を手に入れながらも、常に虚しい。
あの女刑事は市民を守るという高貴な使命を持ちながら、また温かい家庭を持ちながらも浮気をしてしまう。
彼女らに共通する渇きの癒しが「恋愛」というものなんです。何故に美津子は円山町で売春をするのか。それは恋愛を求めているからなんです。
恋愛の本質がセックス(肉欲)であることが、彼女には分かっているんですね。それが美津子にとっての「言葉」なんです。言葉に体が出来る、ということはその言葉が示す本質を理解する、ということなんですよ。
だから、恋愛とはセックスである、ということが分かることで、彼女は恋愛を自在に得ることが出来た。
だが、イズミにはまだそれが分かっていない。彼女の中では恋愛は美しいもので、素晴らしいものだという間違った幻想がある。
しかし、彼女も薄々とは分かっているんです。自分の求める恋愛というものが実はどうしようもなく物質的なものなのだ、ということが。だからそれを認める勇気を求めて、美津子に接近するんですね。
あの帽子の男は恋愛というものの権化であり、メフィストフェレスを思わせる悪魔なんですね。あの男にかかれば、皆が恋愛=セックスに絡め取られてしまう。
彼が持ち歩くカラーボールはピンク色じゃないですか。イズミはあれを浴びせられて、悪魔の罠に落ちるんですよ。つまりあれは「色情の象徴」なんですね。
泣き喚いて帰りたいと言う彼女に、あの男は次々と色情を叩きつけるんです。
カフカの『城』の象徴は、恋愛では決して辿り着けない、真の愛というものを示しているんですね。
現代人は恋愛(SEX)が素晴らしいものだと思い、恋愛が人生の頂点であり、終着駅にしたがっている。
しかしらそれでは人間の真の幸福には至らないということを示しているんですよ。
美津子の死は、恋愛(SEX)を求め続けた人間の悲劇であるわけだけど、その終結を齎らす者が誰なのか。
それは「旧家」であり、即ち旧き日本の正しさ、道徳律ということなんです。
恋愛(SEX)を至上のものとする現代人の誤りを正すのは、正しい歴史観だということなんですね。
それを敢えて残酷で冷酷で狂気のような様で行わせたことが、園監督の凄さなんですよ。「芸術性」というもの。芸術とは「隠す」ことだから。
あの殺人が美津子への嫉妬だと思えば何も分からない。そうではないんです。
あの母親は言う。
「これで家名は安泰だ」と。
あの台詞はこの先の日本の安泰が、今の恋愛至上主義の駆逐にあることを示しているんですね。
でも今の社会ではそれを正面から声高に叫んでも無理なんです。誰も理解しない。反発されるだけ。だからああいう芸術的な手法で描くしかないんですね。
いずみは美津子を喪い、場末の売春婦となる。もはや夫との生活には戻れないから。しかし彼女は尚も恋愛を求める。
それしかないと彼女は思いこんでいるんですね。その悲惨な様は悲しい。
恋愛(SEX)を追い続ける者は、あの惨めで悲しい境遇に落ちるんです。


見終わった後「う、うぅん...?」と思わずにはいられませんでした。高度な内容に読解力が足りないせいでちょっとついていきそびれた感じ...。
結局あのヤベェ白シャツは何だったのかとか、女刑事はその後どうなってしまうのかとか、「見た人のご想像にお任せします」という点が多すぎるような気もする。
あと、作中の主軸にまともな女性が一人もいない(女刑事の娘はノーカン)のも気になった。女性はみんなセックス狂いだとでも思ってるのか?と勘違いされても文句言えない構成。女刑事の助手男性のように、一人くらい話に関わってくるまともな女性がいても良かったのではないでしょうか。
見た後特に何も残らなかった映画だった。


園子温と神楽坂恵が夫婦だったということをつい先日知った私です。
だから園子温の作品に毎回出てくるのか。
だって言いづらいけどさ...なんていうか、大根...だよね...??
「自分の妻をどんな使い方してんねん!」っていう、100人中150人が言いそうなセリフを呟きながら観ました。
【メインの登場人物】
◆吉田和子(水野美紀):刑事。夫と娘がいる幸せな家庭。ドSな男と不倫中(相手は出てこない)。夫の後輩とも不倫経験ありという奔放さ。円山町で起きた猟奇殺人事件を捜査する。
◆尾沢美津子(冨樫真):昼は有名大学の助教授、夜は立ちんぼやデリヘル嬢という二つの顔を持つ謎の熟女。昼と夜で人格まで豹変する。
◆菊地いずみ(神楽坂恵):売れっ子小説家と結婚して表向きは玉の輿だが、夫にも私生活にも満たされない思いを抱いている主婦。ある日、夫に隠れてAV出演してしまう。その後尾沢と出会い、尊敬、共感、崇拝する彼女と一緒に立ちんぼやデリヘル嬢をするまでに堕ちていく。
円山町の廃墟で女性の変死体が発見された、という同僚からの電話を受けたとき、吉田はラブホテルで不倫相手と情事の真っ最中だった。
慌てて現場へ向かうと、そこには2体のマネキンが。
よく見ると、マネキンの数カ所に腐乱した女性の身体の一部が埋め込まれていた。
蛆虫がそこらへんにうじうじ。鑑識によると死後十日ほど経過しているという。
そして、部屋の壁には大きな「城」の文字。
この廃墟はなんなのか?
被害者の身元は?
城とは何か?
犯人は?
出てくる三人の女たちは、みんな自分の人生に満足できず煮え切らない思いを抱えているわけだけれど、側から見たら完璧なまでに恵まれて幸福であろう人生を送っている、というのが象徴的。
女ってほんと無い物ねだりしてやまない生き物よね!
無い物をねだってそれを手に入れるためには相当の犠牲を払わなきゃいけないし、犠牲を払ってまで手に入れたとしてもそのときにはもう自分がズタズタになっている、っていう世の常を秀逸に描ききっているなと思った。
ほんと園子温の作品は、容赦なくザクザク切り込んでくるよね。
だから観終わると漏れなくちょっとオエッてなるんだ。
「地獄でなぜ悪い」「冷たい熱帯魚」のようなスプラッター的グロ描写は影を潜めた一方で、あまりにも生々しい「生」と「性」を余すところなく描ききったという点でまた違ったグロさがあった。
でもどっちにしても好き。容赦のなさが圧倒的。鑑賞後すぐにはわからないこの魅力。
水野美紀、この作品まではほとんど映画とか出てなかったんだなぁ。
圧倒的な滑舌の悪さを凌駕するほどの美しさなので、好きです。
初っ端からフルヌードで随分体当たりだなぁ~と思ったけど、中盤以降は特に過激なシーンもなく普通だった。
鑑賞後しばらく時間が経った今でこそ「容赦のなさが圧倒的!」とか賛美してるけど、実は、園子温の作品としては珍しく途中で止めようかなって少しだけ思った。
前半の間延び感、濡場の多過ぎ感、登場人物の饒舌感、神楽坂恵の大根感、そして水野美紀側のストーリーの、影の薄さ。
しかもとにかく長い、いや、長いのはいつものことだけどこれはやや嫌んなっちゃうくらいの長さ。
重要な「城」というキーワードの使い方もイマイチ釈然としない。
最初にドーンと出てきて以来ほとんどヒントらしいヒントもないまま終盤に突入し、一番最後にミツコ母の語り&回想で全部を説明するという、後出しジャンケン的な種明かし。
せっかく長い映画なんだから、たくさん伏線を張って徐々に謎が解明されていくストーリーだったら、もっともっと楽しめたかなぁ。
次は「愛のむきだし」だ!!
・・・と思ったけど、あれ4時間くらいあるんだよね。
なんか短くて濡れ場がなくて軽いやつでいったん休憩してからにしよ。