横浜で評判が良い
不動産会社とは?

横浜にはさまざまな不動産会社があります。優良不動産会社もあれば、悪徳不動産会社もあります。今回は横浜で評判が良い不動産会社について見ていきましょう。横浜で不動産会社を探している人はぜひ参考にしてみてください。

横浜の住環境

横浜と聞くと「暮らしやすそう」というイメージを持つ人が多いです。しかし、実際にどんな暮らしやすさがあるのかを明確に分からない人もいるでしょう。こちらでは、横浜の暮らしやすさについて見ていきましょう。

 ・都心へのアクセスが良い

横浜は都心へのアクセスが良いこと、市内の交通網が充実しているという魅力があります。都心へのアクセスが良いことで通勤や通学などが快適であるのです。先述したように市内の交通網も充実していることで、どの方面に出るにしても便利さがあります。

 ・買い物面の充実さ

横浜はショッピングスポットが多いことから、買い物面で困ることはありません。大きな商業施設、商店街、スーパーマーケット、さまざまな買い物施設があることで他のエリアから横浜に買い物に来る人がいるほどです。

 ・子育て環境の向上

横浜は子育て支援が厚いエリアとしても知られています。特に待機児童の解消などについて尽力しているのです。そのことからも、人口密度と比例して待機児童は比較的少数であることがうかがえます。

横浜で暮らしにくいと感じる部分は?

横浜は暮らしやすさだけではなく、横浜ならではの暮らしにくさもあるようです。こちらでは、横浜の暮らしにくさについて見ていきましょう。

 ・人が多い

横浜は人口密度が高いことでも有名です。ただ、人混みなどが苦手な人にとってはそれだけで暮らしにくいと感じてしまうようですね。道路混雑なども慣れるまでが大変、という意見も少なくありません。特に地方から転入した人ほど、人の多さに悩まされるようです。

 ・夜が少し怖い

駅から離れると夜は若干怖さを感じるようです。街灯なども少ない場所があり、女性のひとり歩きは少々避けた方がいいところもあるようですね。夜遅くにひと気のない場所を歩くのはトラブル防止のためにも避けるようにしましょう。

 ・坂道が多い

横浜全域ではありませんが、一部の地域は坂道が多いというデメリットがあります。そのため、通勤や通学などで大変だった思い出があるという人もいます。これは近年の悩みではなく、昔からの悩みとして知られています。

横浜で住みやすいエリアとは?

横浜と言っても広いです。その広い横浜の中で住みやすいと評判が良い場所はどこなのかを見ていきましょう。

・青葉区

繁華街が近いエリアではありますが、犯罪発生率が市内2番目に低い場所と言われています。繁華街があるからこそ、警察のパトロールなども強化されているのかもしれません。繁華街から離れれば閑静な住宅街が広がっているので暮らしやすいのでしょう。

 ・都筑区

子育てしやすさで選ぶなら都筑区です。幼稚園の数などが多いので、待機児童問題などで悩んでいる家庭に重宝されています。子育て支援センターなどもあるので、子育てに関する悩みなども気軽に相談できる魅力があります。

 ・港北区

公園などが多く、教育に力を入れているエリアです。そのため、子育て世帯に人気が高い傾向があります。支援施設なども充実しているので都筑区と並んで子育て世帯におすすめされています。

横浜で優良と評判の良い不動産会社

横浜にはさまざまな憂慮不動産会社があります。こちらでは、実際に利用した人たちからの評判が高い不動産会社について見ていきましょう。不動産会社を探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 ・日立ホーム

横浜エリア専門の不動産会社です。ホームページも利用者が見やすい配慮がされていて、スタッフも親切な人ばかりです。物件を探しやすいと高く評価されています。

 ・ホームタウンよこはま

ファイナンシャルプランナーによる無料サポートもある会社です。住宅購入後の資金計画などもしっかり相談に乗ってくれるので、購入者などに寄り添った親身な対応が高評価となっています。ごり押し営業がないので、あくまでも依頼主の気持ちなどで話が進みます。

 ・スミタイ

買取から施工、販売をワンストップで行う会社です。迅速な対応に高い評価を集めています。顧客の利益を優先することに徹する姿勢は多くの人から支持されているのです。

横浜の不動産会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

横浜は暮らしやすさに定評があるので、
購入者・賃貸物件を探している人など多くの人が不動産会社を利用しています。
不動産会社によって得意としているものがあるので、
自分の目的と得意スタイルがマッチしているかどうかを見極めましょう。
売却を得意としている会社に賃貸物件の相談をしても意味がありません。
納得のいく取引をするためにも、顧客側もしっかりリサーチをする必要があります。