3D PDFが拓く新しいコミュニケーションのかたち

3D PDFは、PDFファイル上で3Dデータを閲覧し操作できる新しいコミュニケーション・ツールです。

従来、デザインや設計部門などでCAD環境を導入していなければ
閲覧できなかった3Dデータを、サービスや教育、販売、品質管理
などの部門でも手軽に共有し、扱えるようになります。

3D CADデータの利用は、これまでデザインや設計部門など、CAD環境を導入している環境に限られていました。
3D PDFはこの壁を超え、サービスや企画、教育、販売、営業、生産、品質管理など広く多くの人に手軽にデータ・情報共有を可能にし、より精度の高いコミュニケーションを実現します。

詳しくはこちら

3D PDFのここがスゴイ!

すぐ届く

データが軽い。これまで数千MBあった3Dデータが数MBにまで軽量化!

サンプルはこちら

すぐ見れる

専用ビューワー不要。Adobe®社から無料配布のAcrobat Readerで閲覧可能!

資料請求をする

すぐわかる

説明不要。言葉で説明しなくても直感的に伝わる!

3D PDFデータのダウンロードはこちら

3D PDFマイスターサービスの得意な領域
モックアップを作るには大きすぎる製品も・・・。

自動車や飛行機、ビル、テーマパークまで丸ごとPDFの中で回転!

"すぐ届く" データが軽い。これまで数千MBあった3Dデータが数MBにまで軽量化!
"すぐ見れる" 専用ビューワー不要。Adobe®社から無料配布のAcrobat Readerで閲覧可能!
"すぐわかる" 説明不要。言葉で説明しなくても直感的に伝わる!
セキュリティも実装! パスワードで閲覧・編集権限を制限、元CADデータの流用・改ざんも防げます。また閲覧期限の設定も可能です。

従来、文字と平面図だけで表現されていた
「操作マニュアル」
「取り扱い説明書」
「商品カタログ」
「修理手順書」等を3次元情報で確認できるだけでなく、アニメーション(movie)再生により、さらに精度の高い情報伝達が可能と
なります。

3D PDFデータのダウンロードはこちら

【導入事例】社内3D CADデータをPDF化し、国内外のミーティングで共有

・グローバル製造業A社様
「海外拠点と細部まで仕様の打ち合わせをしたい」を実現!

2D(二次元)による平面図を読みこなすことのできない人は、海外拠点や取引先にけっこういらっしゃいます。
日本人は器用だったり、慣れていますが、これがコミュニケーションの弊害となるケースも。
グローバル製造業A社様では、実際に生産工程に入る前に、設計と生産部門とで、3D CADデータから作成した3D PDFを、メールに添付して国内外で共有。同じイメージを共有しながら打ち合わせを行うことで、これまでになく精度の高いコミュニケーションを実現されました。
設計部門への手戻りを防ぐことで、工期全体のリードタイムの短縮にもつながります。
今後は、3D PDFの活用を、従来のデザイン、設計、試作部門から、サービス、企画、教育、販売、営業、生産、品質管理部門へと広めていき、新しい社内外コミュニケーションを目指していかれます。


問い合わせ

"つたわる"のその先へ

従来、文字と平面図だけで表現されていた

「操作マニュアル」

「取り扱い説明書」

「商品カタログ」

「修理手順書」 等を3次元情報で確認できるだけでなく、アニメーション(movie)再生により、さらに精度の高い情報伝達が可能となります。

会社概要
会社名 株式会社マイクロ・シー・エー・デー
住所 東京都中央区日本橋小網町19-7 日本橋TCビル2階
設立年月 1972年
設立年月 1972年
アクセス