着付け教室に通うメリットは?
おすすめの教室について

近年、着付け教室に通う女性が増えています。洋装がメインの現在では、着物に憧れる女性も少なくありません。しかし、着付け教室に通う理由はそれだけではありません。今回は、着付け教室に通うメリットやおすすめ教室などについて紹介していきましょう。

着付け教室に通うメリットについて

こちらでは、着付け教室に通うメリットについて見ていきましょう。これまで着付けに興味がなかった人も、ぜひどんなメリットがあるのかを知って検討してみてください。

 ・所作が綺麗になる

着物を身に着けて行動するのは大変です。洋装と比較すると窮屈さを感じる人も多いです。しかし、その窮屈さがその人の所作を綺麗にしてくれると言われています。所作が綺麗になることで、その人自体の印象も良くすることができます。

 ・着物のマナーを学べる

着物が身近ではない人の方が多いのが現代です。そのため、着物に関するマナーなどを学ぶことも可能です。普段着物を着る機会がない人も、着付け教室に通うことで着られます。身近ではない着物を、身近なものに出来る場所が着付け教室なのです。

 ・免許を取得できる

着付け教室によっては免許を取得することも可能です。着付け講師の免許を取得することで、自分で着付け教室を開くこともできます。着付け講師を目指す人は、そういったメリットがある着付け教室を選びましょう。

着付け教室に通うデメリットはあるのか?

着付け教室に通うことでデメリットに感じることは、どのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、無料で通える着付け教室のデメリットについて見ていきましょう。

 ・勧誘がある

すべての無料着付け教室が同じとは言いません。しかし、有料コースへの勧誘がひどいところがあることも覚えておきましょう。有料コースではなくても、着物購入の勧誘がひどいところもあるようです。

 ・基礎だけしか学べない

無料なので基礎だけでも学べるのは良いことかもしれません。しかし、着付けに関する知識や技術をしっかり学びたい人にとっては、無料着付け教室は物足りないものになりそうです。

 ・教室によってムラがある

指導力などは講師次第となるので、満足できる内容ではないものもあります。特に、無料着付け教室の場合は「お試し感」があることを覚えておきましょう。

着付け教室を選ぶ際のポイント

着付け教室は各地域で数多くあります。すべてが優良というわけではなく、高いお金を支払ったのに満足できなかったというケースもあるようです。こちらでは、着付け教室を選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

 ・ホームページ確認をする

ホームページを確認して、費用が明確かどうかなどをしっかりチェックしておきましょう。ホームページに記載されていることと違う部分があれば、その場で質問をしてください。

 ・授業のスタイルの確認

講師とマンツーマンで行うスタイルもあれば、他の生徒と一緒に行うスタイルもあります。しっかりと知識や技術を身に着けたい場合は、マンツーマンスタイルを選びましょう。ただ、マンツーマンスタイルの教室だと、若干授業料が高くなるところもあるようです。

 ・受講期間などをチェック

短期間で知識や技術を学びたい人もいるのではないでしょうか。そういった人たちは、授業のカリキュラム内容、受講期間などをしっかりチェックしておきましょう。自分の目的が達成できる期間を知ることでやる気などに繋がる場合もあるからです。

おすすめの着付け教室について

こちらでは、数多くある着付け教室の中でも特におすすめしたい教室を見ていきましょう。着付けに興味がある人、教室選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

 ・いち瑠

初級・中級・上級とレッスンコースが分かれています。そのため、自分のレベルに合わせたレッスンを受けることができるのです。初級レッスンは1回500円というリーズナブルな料金でレッスンを受けられます。着物を持っていない人にも無料で貸し出しが行われるので通いやすい教室です。

 ・日本和装

初心者でも通いやすい着付け教室です。普段着からフォーマルまでひとりで着られるようにカリキュラムが組まれています。1教室8人前後という少数体勢で学ぶことができる教室です。

 ・いち利

満足度が98%を超える着付け教室として知られています。ライフスタイルに合わせて通えるなど「通う人を最優先」にした考えたカリキュラム内容となっているのも特徴です。

着付け教室について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

着付け教室に通うことで、さまざまなメリットがあります。
着付け教室と言っても大きなところから小さなところまで幅広くあるので
自分に合わせた教室選びを心掛けましょう。
料金も教室によって大きく異なるので、
最初はなるべく負担がかからないところを選んだ方がお財布的にも良いかもしれませんね。