「相続なんて関係ない」
家族想いの30代のお父さんへ

新型コロナで相談急増!
「うちは大丈夫」は、ほんとに大丈夫!?

“はじめての相続
      オンライン勉強会”

~相続で後悔しないために、
  30代から本気で考える両親のこと~
先着5組限定
参加無料

以下に当てはまる方は、
“要注意”かもしれません

  • 相続はお金持ちだけの問題だと思う
  • 家族仲が良ければ、相続問題は起きない
  • 家族と相続について話をしたことがない
  • 引き継ぐ財産と言えば自宅ぐらいである
  • 離婚歴があり前妻(夫)との間に子どもがいる
  • 家族仲が良ければ、相続問題は起きない

相続トラブルは
資産家だけの問題ではない・・
~トラブルの75%が資産5000万以下~

「相続」と話すと、多くの人からは、

「我が家はお金持ちじゃないから関係ないよ!」とか
「兄弟仲が良いからモメ事なんて起きないよ!」
といった反応が返ってきます。

しかし、現実は本当にそうなのでしょうか?

実は、家庭裁判所の調停・審判に至った遺産分割事件の内訳をみると「財産額が5000万円以下」のご家庭が実に75%を占めているのです。
つまり、10件中7~8件が5000万円以下の財産額で争っているということです。

5000万円というのは、現金だけでなく自宅などの不動産も含まれた額。
そう考えると、該当するご家庭も決して少なくないはずです。

しかも、裁判になっているのは、相当こじれたケースだけ。
「相続」は決して資産数十億という資産家だけの問題だけでなく、どの家庭でも直面しうる問題なのです。

“特別な夏”に相談が急増
「コロナで相続考えた」2割

世界を突然襲った新型コロナウイルス。
政府の緊急事態宣言を受けて、多くの方がこれまでと異なった生活スタイルを余儀なくされました。

マイナスの影響ばかりが連日報道されていますが、一方で外出自粛やリモートワークの導入などによって、家族と過ごす時間が増えたという感覚を持っている方も多いのではないでしょうか?

先日、このような新聞記事が掲載されていました。

コロナを受けて「相続について考えることが増えた」と回答したのは全体の17%だった。相続人の立場の30代(28%)、40代(21%)が特に増えた。
コロナを受けて実際に「相続についての会話が増えた」と答えたのは13%だった。理由は「万が一の備えが必要と感じた」(85%)、「在宅勤務や外出自粛で家族と過ごす時間が増えた」(35%)などが多かった。
(※2020年7月27日 日経新聞朝刊より)

実際に、私のところにも「両親への上手な切り出し方を教えてほしい」「親の保険をチェックしてほしい」といったご相談がありました。

「焦らなくて良い」今こそ考えどき
家族を引き裂く火種を消し切る

相続についてお伝えすると、必ず次のような声が聞こえてきます。

「まだ両親も元気だし、焦って考えなくても良いよ」
「親のお金の話なんて、聞きにくい」

でも、そんな方に、チョットだけ想像してみて欲しいのです。

あなたのご両親が病気を患われて入院し、懸命に看病するものの体調が思わしくありません。
いよいよ、最後の時を考え始めなければならないとなったそんな時。。

ご両親に対して、相続の話を切り出すことが出来ますか?
きっと、今以上にご両親に気を使い、なかなか話を切り出すことが出来ないのではないでしょうか?

何事もそうですが、焦って決めなくては良いときこそ、正しい情報をもって適切な判断が出来る時です。
将来の家族を引き裂く火種を、ご両親が健在の今から消し切っていきましょう。

これからも大切な家族と
笑顔で過ごし続けられる方法

私も、自分の子どもが出来て強く感じるようになりましたが、親であれば何よりも子どもの幸せを願う気持ちがありますよね。

それは、あなたや私の両親も全く同じ。
自分が先に旅立つことになったとしても、残された子どもたち(あなたやご兄弟)がいつまでも仲良く、幸せに生活していくことを願っているはずです。

「争族」とは、ご両親の願うカタチの真逆の状態といえます。

そんな状態を避けるためには、次の二つのことが重要です。

一つ目:正しい知識を用いて現状の問題点を把握すること
二つ目:焦らなくても良い時期から、考え出すこと

つまり「正しい相続知識と現状認識」「今から考えはじめること」

その具体的な理由については勉強会にてお伝えしていく予定です。
相続の正しい知識を知り、
問題になる前から考え始めることが重要です!!
第1部

新型コロナで相談急増
相続のキホンをおさえる

新型コロナが猛威を奮う中、もっとも不安が大きかったのは持病を抱える方や、高齢のご両親がいらっしゃる方々ではないでしょうか?

私も、テレビでよく見る芸能人の訃報を聞いて、一気に新型コロナの恐怖が現実の問題として感じられたことを覚えています。

「高齢の両親に万が一のことがあったら。。。」
「我が家に起こる可能性のある相続問題って?」

本当に万が一の時、ご両親が体調を崩した時には、相続のことを一から勉強するどころではないはずです。
まずは、相続のキホンをおさえて、大切なご家族の不安の芽が小さいうちに摘み取っていきましょう。

多くの方が知らない相続の基礎知識を、分かりやすくお伝えします。
第2部

相続で後悔しないために
抑えるべき具体的ポイント

「とは言え、相続の問題ってムズカしくて、何から手を付けて良いか分からない」

そんな方に向けて、相続でまず抑えるべき「具体的なポイント」をお伝えします。

相続に対してご不安がある方はもちろんですが、家族仲が良く今は全く心配されていないという方も、はじめの一歩としてこのこれだけは確認してみましょう。

仲の良かった家族を過去のものとならないように…
取り返しのつかない後悔をしないために、ぜひ聞いていただきたい内容です。
第3部

知る知らないで大違い
相続の「事前」対策とは?

相続問題の中には、一人の専門家の職務範囲を超える問題も存在します。

例えば、正確な財産評価や相続税額の資産、法的な相談・手続き、遺言の作成や不動産の処分などなど。
多岐にわたる問題への対策には、税理士・司法書士・弁護士や生命保険、不動産など、さまざまな専門家のサポートが必要となります。

実際にちょっとした知識を身に付けて、事前に対策を講じるかどうかで、大きく納める税金を減らせることだってあるのです。
また、何よりも大切なご家族が、これまで通り仲良く暮らしていくために。

今すぐ必要性を確認できる具体的対策について、お伝えしたいと思います。

~オンライン勉強会 概要~

  • 日時:2020年9月13日日曜日10時30分~
    (約1時間30分予定)
  • 方法:WEBEX(無料会議アプリにて)
  • 費用:無料
  • ご参加特典1
    『相続手続きガイド(全37ページ)』
  • ご参加特典2
    相続シミュレーションソフト
    による無料診断
  • ※先着限定5組様のオンライン講座です
  • 方法:WEBEX(無料会議アプリにて)

セミナー講師

プルデンシャル生命保険株式会社 
ライフプランナー 安齋 洋輔

1981年5月 福島県郡山市にて誕生
2004年4月 慶應義塾大学商学部卒業
現在は、奈良県香芝市に住まいを構え、関西を中心に活動している。

大手不動産会社にて13年間勤務の後、現職にてライフプランナーという働き方と出会い転職を決断。
不動産と生命保険という身近ながら分かりにくいテーマを、お客様の視点に立ち、親身に分かりやすく伝えることがモットー。

【住宅購入】【教育資金】【老後資金】など、人生のお金の問題を解決するために、年間約140組のお客様のご相談に対応している。

また、自らの父親を亡くした際の経験から、世の中の多くの人が“自分や親の死後に起きる相続”について考えたことがないことを実感し、「どの家庭にも起こる相続トラブル」を未然に防ぐことを使命に活動している

2020年より、オンライン相談をスタート。定期的にオンライン勉強会も開催し、お客様より「距離を気にせず参加できる」「対面と変わらず、聞きやすい」と好評を頂いている。

私生活では、ブライダル業界で働く妻と、二人の子どもを持つ父親として、子育てについても日々勉強中である。
趣味は、ゴルフとスキー。
ラグビーW杯の盛り上がりに感化されて、社会人ラグビーチームへの参加も検討中。

参加申込はLINEからお願いします

  • セミナーの受講方法など詳細はLINE配信でお知らせ致します。