就業規則を使った節税と節税対策

こんなお悩みをお持ちの方に…

人物 悩み
  • 節税をしたいがどうしたらいいのかわからない
  • 出張手当に対する不公平さをなくしたい
  • 出張の実費精算の手間を簡略化したい
  • 個人事業主から法人成りするので節税を学びたい
  • 出張手当に対する不公平さをなくしたい
  • 出張手当に対する不公平さをなくしたい

見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

就業規則で節税を
見直しませんか?

就業規則を使った節税とは?

事務用品
業務を遂行するにあたり、出張等の旅費交通費を支給する会社が多いと思いますが、出張をした際の交通費と宿泊費の実費との差額を精算しているのではないでしょうか。
ところが、旅費交通費等の「就業規則」を定めることにより、出張手当(日当)を支給することができるようになります。

つまり支払い側(会社)は支給額が経費となり、法人税・消費税・住民税の納付額を抑えることができます。
受取り側(従業員・役員)は出張手当には所得税と住民税が課税されません。

節税効果

事務作業
会社側としては支給額が経費となり、法人税・消費税・住民税の納付額が安くなります。
税率が約48%と想定すると、100万円を支給した場合は48万円の節税になります。
支給される側としてはもらった出張手当てには所得税と住民税は課税されません。

例えば出張日当で100万円をもらうと、年収がそのまま100万円増えることになります。
所得税は収入により税率が変わりますが、最高税率である50%の場合は、税金50万がお得になります。

弊社が選ばれる理由

打ち合わせ
就業規則の作成
出張旅費規程の作成は自社で検討し作成することもできますが、明確な基準がない分、細かい金額や規定の作成に戸惑うこともあるでしょう。
会社の負担を最小限に、且つ最大限節税につなげるための就業規則を作成いたします。
書類作成
適切な旅費規程の作成
業種や事業内容など業態によって旅費規定の内容は多種多様です。
御社にとって最適な旅費規定を設定することで節税効果を最大化することができます。
今までの弊社の実績から御社にとって最適な旅費規定を作成させていただきます。
相談
適正な支給と会計処理
出張手当は、どの費用をいくらまで含むか、範囲を明確に決めることが大切です。
明確に記載し、線引きをはかることで事務手続きも簡略化しやすくなります。
結果的に出張者や会社側が迷わなくてすむようになるでしょう。
相談
適正な支給と会計処理
出張手当は、どの費用をいくらまで含むか、範囲を明確に決めることが大切です。
明確に記載し、線引きをはかることで事務手続きも簡略化しやすくなります。
結果的に出張者や会社側が迷わなくてすむようになるでしょう。

お客様の声

人物 男性
仕事柄出張することがよくあり、そのたびに領収書を実費精算していましたが、
就業規則を改めることで経理の煩雑さを軽減することができたため効率化を図ることができました。
状況に応じて見直していただけてとてもよかったです。
男性 会社役員
人物 男性
逐一実費精算していましたが出張手当とすることで経理手順の簡略化ができるだけでなく、経費計上もできる上に個人の所得にも影響が出ないのでやらない手はない思いました。
事細かな就業規則を作ってもらえてとても満足しています。
男性 会社経営者
人物 女性
役職によって手当ての金額を適切に設定していただけたことで無駄な経費の削減もできました。
出張時のアクシデントにも対応した例外規定も盛り込んでいただいたことで円滑な会計処理を図ることもできその上節税もできて良いことづくしです。
女性 会社経営者
人物 女性
出張時に支払う出張手当が経費計上できるようになり、消費税の負担軽減にも繋がるので知らないと損だと思い目から鱗でした。
弊社の事業形態を考慮した適切な就業規則を作っていただけて業務効率化にもつながり大変満足しております。

女性 会社役員
人物 男性
逐一実費精算していましたが出張手当とすることで経理手順の簡略化ができるだけでなく、経費計上もできる上に個人の所得にも影響が出ないのでやらない手はない思いました。
事細かな就業規則を作ってもらえてとても満足しています。
男性 会社経営者

訪問説明・ZOOM説明会
開催中

遠方の方でも参加可能Zoom説明会開催中
遠方の方でも参加できるように、弊社ではZoomを使ったオンライン説明会も対応しております。その他、店舗での対面説明も随時行っておりますので、店舗の方にもお気軽にお越しください。

先ずは訪問説明・Zoom説明会にきていただき、ご相談をお待ちしております。説明会に参加される方はお申込みボタンよりお問い合わせください。

お申込み後の流れ

Step
お申し込み
下記のお申し込みボタンからフォーム入力画面に移動しヒアリングアンケートシートに必要情報を記入します。
契約書記入
Step
訪問・ZOOMによる説明会
訪問もしくはZOOMにて説明会を実施します。
説明会にて節税効果の詳細などをご説明いたします。
説明会
Step
当社社労士によるヒアリング
業務形態や現状の就業規則などの詳細を当社社労士がヒアリングいたします。
説明会
Step
就業規則の作成
ヒアリング内容から御社にあった最適な就業規則を作成いたします。
不要なキャッシュアウトが起きないように就業規則を作成し、最大限節税効果をもたらす御社だけの就業規則をお作りします。
説明会
Step
納品・活用フォロー
作成完了した就業規則を納品し、就業規則の活用を3ヶ月間フォローいたします。
旅費規定の活用はケースバイケースで様々な活用方法があります。御社に合わせた活用をフォローいたします。
説明会
Step
訪問・ZOOMによる説明会
訪問もしくはZOOMにて説明会を実施します。
説明会にて節税効果の詳細などをご説明いたします。
説明会

よくあるご質問

  • Q
    個人事業主ですが節税可能でしょうか?
    A
    出張旅費規程は法人成りすると使える方法です。
  • Q
    法人成りしたばかりで従業員がまだいませんが可能でしょうか?
    A
    もちろん可能です。
  • Q
    どれくらい節税できますか?
    A
    きちんと節税につなげるためには、適正な支給方法と会計処理が必要です。
    法律で明確な決まりがあるわけではないので適正だと思われる範囲で処理をすることで節税効果を最大化することができます。
  • Q
    個人の節税対策にはどれくらい効果がありますか?
    A
    収入が増えれば増えるほど節税効果は大きくなります。
  • Q
    役職によって規定の内容を変えることはできますか?
    A
    可能です。
  • Q
    法人成りしたばかりで従業員がまだいませんが可能でしょうか?
    A
    もちろん可能です。

会社概要

会社名 株式会社ディーエム
所在地 福井県福井市下江尻町9ー11ー4
TEL 0776-92-0571
E-Mail
lullstylebizmatch@gmail.com
アクセス

アクセス