銀行からの融資を断られた中小企業の方へ

中小企業が事業用の資金を調達するのによく行われるのが銀行融資です。

銀行融資は調達コストが安いので、使えるならこの方法で調達するのが一番でしょう。

ただ、銀行融資の審査はかなり厳しく、創業して間もない会社や財務状況が良くない会社だと、審査に落とされてお金を貸してもらえないことが多いです。

また、担保や保証人を求められるケースも多く、手続きが面倒というデメリットもあります。

さらに、審査に時間がかかる場合が多く、銀行融資は今すぐにお金を調達したいという時にはあまり役に立ちません

もしも銀行に融資を断られてしまった場合は、次善の策としてビジネスローンやファクタリングという資金調達方法があります。

ビジネスローン

ビジネスローンは、商工ローンや事業ローンなどとも呼ばれているもので、主に中小企業などに対して無担保でお金を貸してくれるサービスです。

借りたお金の使用目的などもかなり自由なので、いざという時の資金調達に役立つでしょう。

審査もそんなに厳しくないので、創業して間もない会社などでもわりと審査に通りやすいですし、担保なしでOKなので手続きが簡単でスピーディーに資金調達できます

良いことばかりのように思えるビジネスローンですが、気をつけたいのが調達コストが高くなるということです。

調達コストが高いというのは、つまり利息が高いということに他なりません。

利率は消費者金融と同じくらいなので、多額のお金を長期間借りていると、どんどん利息が加算されていきます。

すると、返済が徐々に困難になって、経営を圧迫する原因にもなりますので要注意です。

ビジネスローンは、あくまでも一時的・緊急避難的な資金調達方法だと心得ておいた方がいいでしょう。

ファクタリング

中小企業の資金調達方法として、ファクタリングという方法もあります。

ファクタリングは売掛金を売却して資金を調達するというものなので、先述の2つの調達方法とは少し趣が異なる方法です。

ファクタリングの一番のメリットは、とにかく調達のスピードが速いということです。

申し込んだその日のうちにお金を振り込んでもらうことも不可能ではありません

審査も通りやすく、わりと簡単に資金を調達することができます。

もちろん手数料は取られるので、調達コストはそれなりにかかってしまいます。

ただ、ビジネスローンのような融資と違い、あくまでも売掛金の売却ですから、資金調達後に利息の返済などで苦しめられることはありません。

それでも調達コストは決して安くはないので、ファクタリングも緊急時の資金調達方法だと心得ておいた方がいいでしょう。