なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

施工管理技士の基礎知識や
おすすめの派遣会社とは?

施工管理技士の仕事内容とはどんなものなのでしょうか? 建築でスキルアップを目指すなら施工管理がおすすめと言われています。こちらでは、施工管理技士の基礎知識やおすすめの派遣会社について見ていきましょう。

施工管理技士の仕事内容

こちらでは、施工管理技士の仕事内容について見ていきましょう。そのような仕事内容なんかを知ることでスキルアップを目指す人のやる気にも繋がるのではないでしょうか。

 ・施工計画

建設工事が予算内で安全に終わるための工法を計画します。工事に関わる業者選び、設計者との打ち合わせなど現場監督のような仕事がメインと言ってもいいでしょう。現場の確認や周辺の状況をしっかり把握する能力が必要です。

 ・工程管理

建設工事がスケジュール通りに進むように管理します。スケジュールの組み立てが上手くいかないと予定期間内に工事が終わらなくなってしまうので、責任重大と言えるでしょう。

 ・安全管理

これはもっとも重要な仕事です。建設工事現場付近の住民が安全に暮らせるか、工事に携わるスタッフが安心して仕事ができるかなどを管理しなければいけません。建設する建物が大きければ大きいほど、死と隣り合わせの仕事になると言っても過言ではありません。

施工管理技士の年収とは?

責任が大きい仕事になればなるほど収入も増えてきます。それだけ責任が伴う仕事だからです。こちらでは、施工管理技士の年収について見ていきましょう。

 ・平均年収卯は462万円

建築に関する責任が伴うにしては、あまり高給取りというイメージはありませんね。低いともいいませんが、平均よりも少し上という考えでいいでしょう。ただ、さまざまな仕事が任される割には「え?こんなもの?」と思った人も多いのではないでしょうか。

 ・資格によって変わってくる

一級施工管理技士の資格を持つことで、月給ベースで50万から60万円という求人が出ています。つまり、1級施工管理技士の資格を取得しているかそうではないかで収入面でも大きな違いが出てくるようです。

 ・施工管理技士は目指すべき?

年収が平均以下の場合は、施工管理技士を目指すべきと言ってもいいでしょう。1級施工管理技士ではなくても400万を超える年収があります。1級を取得するだけで、更に給与が上がるのです。そのため、キャリアアップ、スキルアップを目指すなら資格取得を検討するべきでしょう。

施工管理技士の派遣会社はどうやって選ぶ?

こちらでは、派遣会社選びのポイントについて見ていきましょう。施工管理技士の資格をしっかり活かしてくれる仕事をさせてくれる会社を探してください。

 ・研修

建築業界は需要性が高い割に人材不足が深刻化しています。そのため、幅広い人材が活躍できるように研修制度が充実しているかどうかをチェックしましょう。

 ・フォロー体制

未経験がいきなり仕事を任されても上手くいくはずがありません。そのため、しっかり先輩から学べるフォロー体制が整っているかもチェックしてください。

 ・資格支援制度

派遣会社によっては資格取得のための支援制度が整っているところもあります。施工管理技士の資格を現場で学ぶだけではなく、テキスト代や受験料の負担をしてくれる会社もあります。資格取得を本気で目指すなら、資格取得支援が整っている会社を探しましょう。

施工管理技士におすすめの派遣会社

こちらでは、施工管理技士におすすめの派遣会社について見ていきましょう。どの派遣会社にするべきか悩んでいる人は参考にしてみてください。

 ・テクノプロ・コンストラクション

技術者が安心して働ける環境作りをコンセプトにしている会社です。有給休暇の取りやすさなどにも特徴があり「働かされている」と感じることはありません。

 ・JAGフィールド

教育機関と提携して資格講座を実施しています。専門性に特化した求人サイトも自社運営をしていて、ネットワークを上手く活用した会社として人気があります。知識を詰め込むのではなく、見て、感じて、覚えるという感覚を重視しています。

 ・ウィルオブ・コンストラクション

とうろぅから2ヶ月以内に転職や入社した人はお祝い金も貰うことができます。スタッフのことをしっかり考えたサービスなどが特徴的です。

施工管理技士の派遣会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

施工管理技士は責任ある立場ではありますが、やりがいのある仕事です。
自分が支持を出す立場になることで今まで見えてこなかったものも見えるようになります。
スキルアップのためにも、施工管理技士を目指してみてはいかがでしょう。
女性でも施工管理技士として活躍している人は多いので、
男女差がない職種と言ってもいいでしょう。
男性だから、女性だからではなく実力がある人が上に行くという考えを持つようにしましょう。